willie_boo’s diary

ウォーキングと山登り楽しんでいます

時々山に登った時のブログです。

(多摩百山)武蔵五日市駅~横沢丘陵を歩く②

見晴らしがよい場所から階段状の道を進んで行く

f:id:willie_boo:20191001014900j:plain

所々にこんな感じの指導標・・・ありがたいですね

f:id:willie_boo:20191001015032j:plain

崩れかけた急な階段を登る

f:id:willie_boo:20191001015130j:plain

天竺山三内神社本社到着(ここまで約21分)

f:id:willie_boo:20191001015246j:plain

本社の右側を回り込むように進み

鉄塔脇の道を下って行く

f:id:willie_boo:20191001015654j:plain

右側が石山の池・・ほんの数歩足を踏み出すも、クモの巣地獄に巻き込まれそうなので断念

f:id:willie_boo:20191001015811j:plain

横沢・小机林道方面へ

f:id:willie_boo:20191001020006j:plain

少し急な木の根の張り出した道を下る。

f:id:willie_boo:20191001020104j:plain

滑る場所が一か所ありバランスを崩しどうにか持ち直す

f:id:willie_boo:20191001020447j:plain

下り切ると、小机林道と道を合わせる

ここは右手方向へ

f:id:willie_boo:20191001020524j:plain

指導標もあります

f:id:willie_boo:20191001020617j:plain

広場のような場所を通過

f:id:willie_boo:20191001020714j:plain

広場を左手に進みすぐに登りの小道があるのでここを登る

見落としているかも知れませんが、ここには指導標はなかった気がする

左手の小峰線2号の黄色い杭があるので、これが目印かな?

f:id:willie_boo:20191001020857j:plain

緩やかに登り

f:id:willie_boo:20191001021012j:plain

3分ほどで三差路になる

写真を日の出町・大久野中学校ではなく

横沢北尾根方面に進む(記憶は定かではない)

f:id:willie_boo:20191001021203j:plain

道はこんな感じ

f:id:willie_boo:20191001021656j:plain

313m地点

f:id:willie_boo:20191001021749j:plain

ここは、一息つける場所

f:id:willie_boo:20191001021922j:plain緩やかに下り

f:id:willie_boo:20191001022202j:plain

 

f:id:willie_boo:20191001022256j:plain

ここの下りは少し急なのでお助けトラロープはありがたかった

f:id:willie_boo:20191001022327j:plain

道に張りだした小枝を腕で払いながら進む

f:id:willie_boo:20191001022440j:plain

この分岐は、日の出団地方面

ここには唐松山の表示はない

f:id:willie_boo:20191001022604j:plain

フラットな道を進む

f:id:willie_boo:20191001021656j:plain

少し進むと急な下りの箇所にはお助けトラちゃん

整備して頂いてる方に感謝ですね

f:id:willie_boo:20191001022854j:plain

下り切ると登るの繰り返し

f:id:willie_boo:20191001023023j:plain

そろそろ、唐松山かなと?辺りを見回すと左側に三等三角点見っけた

f:id:willie_boo:20191001023127j:plain

ここが唐松山

f:id:willie_boo:20191001023446j:plain

向かい側には

f:id:willie_boo:20191001023512j:plain

 

さぁ~帰ろ~

日の出団地方面へ進む

緩やかに下り

f:id:willie_boo:20191001023616j:plain

指導標に従い日の出団地方面へ

f:id:willie_boo:20191001023701j:plain

倒木を回り込むように進む

f:id:willie_boo:20191001023750j:plain

所々に赤テープあり

f:id:willie_boo:20191001023846j:plain

ここまで来れば、今日の山行はほとんど終了

f:id:willie_boo:20191001023944j:plain

f:id:willie_boo:20191001024048j:plain

ここは、下ノ川方面と日の出団地方面に下る分岐

前は、下ノ川方面に降りたので、今日は団地方面へ

f:id:willie_boo:20191001024356j:plain

ここから団地方面はすぐ真下に見える

ってことは、急な下りですね。ここでもお助けトラちゃん登場

f:id:willie_boo:20191001024512j:plain

まもなく住宅街へ

f:id:willie_boo:20191001024537j:plain

お疲れちゃん

f:id:willie_boo:20191001024622j:plain

f:id:willie_boo:20191001024647j:plain

舗装道を歩き

f:id:willie_boo:20191001024810j:plain

 

f:id:willie_boo:20191001024827j:plain

JRの武蔵増戸(ますこ)駅に到着

f:id:willie_boo:20191001024933j:plain

この日のおさらい

武蔵五日市駅-----09:25

御嶽神社三内講--09:35

三内神社-----------09:37

天竺山--------------09:46

小机林道-----------09:55

唐松山取り付き--09:56

313Mピーク------10:04

唐松山-------------10:22

日の出団地-------10:34

武蔵増戸駅-------10:55

 

 

(多摩百山)武蔵五日市駅~横沢丘陵を歩く


公益社団法人 日本山岳会東京多摩支部から引用

2006年1月、東京都が「里山保全地域」の第一号として指定した「横沢入」だそうです。最奥部に唐松山・西に天竺山を従え、湧き水を集めた沢がいくつも流れ込んでいる。横沢入を囲むこの峰々は横沢丘陵と呼ばれている。

f:id:willie_boo:20190928182900j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

f:id:willie_boo:20190928183552j:plain

沿面距離:4.626キロ

累積標高:+216M

累積標高:-246M

これで、低低山も終わりかな・・・いよいよアップダウン祭りの始まり

そろそろ、鍛え直さないと・・・皆さんの足手まといになりそうなので

武蔵五日市駅から登ります

f:id:willie_boo:20190928185203j:plain

バス停は、賑わっています

f:id:willie_boo:20190928185258j:plain

ここも

f:id:willie_boo:20190928185411j:plain

武蔵五日市駅を背に左側に、進む

f:id:willie_boo:20190928185508j:plain

五日市線の高架線方面に進む

f:id:willie_boo:20190928185547j:plain

高架線沿いに進むここは右

f:id:willie_boo:20190928185626j:plain

住宅街をしばらく歩く

・・f:id:willie_boo:20190928185730j:plain

しばらく歩くと左手に自動販売機・・・・ここを左

f:id:willie_boo:20190928185811j:plain

念には念を入れて、小林建築の看板があります

f:id:willie_boo:20190928185827j:plain

ほんの少し歩くと、線路に突き当たる

f:id:willie_boo:20190928190018j:plain

線路を渡り

f:id:willie_boo:20190928190117j:plain

階段を登る

f:id:willie_boo:20190928190320j:plain

鳥居をくぐり

f:id:willie_boo:20190928190348j:plain

右脇には、御嶽神社三内講の文字

f:id:willie_boo:20190928190428j:plain

f:id:willie_boo:20190928190446j:plain

さらに階段を登って行くと

f:id:willie_boo:20190928190709j:plain

昨年は無かった天竺山に至るの指導標

前は、直進した気がする

f:id:willie_boo:20190928190734j:plain

階段道

f:id:willie_boo:20190928190856j:plain登り切ると、三内神社

f:id:willie_boo:20190928190923j:plain

さらに歩を進めると、金毘羅宮

f:id:willie_boo:20190928191005j:plain

そしてその上には、稲荷社

f:id:willie_boo:20190928191047j:plain

そして、緩やかな登を進んで行くと

f:id:willie_boo:20190928191145j:plain

南側尾根との分岐・・ここは天竺山方面に進む

f:id:willie_boo:20190928191304j:plain

ここの指導標からは、武蔵五日市駅方面の眺めが楽しめます

f:id:willie_boo:20190928191534j:plain

もうちょい寄ってみますか

f:id:willie_boo:20190928191612j:plain

今日はこの辺で

今年も達成できず!!田子の浦~村山古道を使い、富士山剣ヶ峰 弾丸勝負⑤

この日は、山の村を過ぎたあたりから足が重かった。

前に足が進まない状態が続く。

ちょっとした登りになると途端に、疲れがどっと出る

最近怠けて低山歩きしかしていなかったツケが来た。

逃げるに逃げれない状態ほどきついものはない

樹林帯歩きから、辺りが開けた道になる

f:id:willie_boo:20190928164735j:plain

廃仏毀釈の関係か?後ろの石仏の頭がない

時々見かけるが、悲しい気持ちになることがある

 

f:id:willie_boo:20190928165000j:plain

こうして写真を見ていると眺めのいい場所に思えるがこの時は

心臓バクバク状態

f:id:willie_boo:20190928165315j:plain

精鋭チームが途中途中で、待っていてくれるのですが、歩き始めは背中を見ることが出来ても、あっとゆう間に見えなくなるの繰り返し

f:id:willie_boo:20190928165457j:plain

時々、雲の陰から霊峰が顔を出すのでが、五合目にたどり着ける自信が全くない。夢遊病者のように歩くしかない

f:id:willie_boo:20190928165811j:plain

乱れた息を整えられる、平坦な道

元気な頃なら高速道路なんて呼んでいたが、今は恐れ多くて書けない

f:id:willie_boo:20190928170017j:plain

枯れ沢を渡る精鋭部隊

ご丁寧に、ここの沢渡りますよ~教えて頂く

地図見る気力も失せる・・・ソロなら遭難ものである

f:id:willie_boo:20190928170214j:plain

霊峰が、ここまで来てみろや!と言っているような気がしたが、

目をそらすしかない

f:id:willie_boo:20190928170450j:plain

そして、最後に倒木地帯をくぐったり跨いだりの連続となる

歩くのもやっとなのに、まるで障害物競争をしているような道に残り少ないHPもすでに底をつく。MPなんてとうにない

そんな状態で、五合目ボスに勝てるんだろうか

f:id:willie_boo:20190928171004j:plain

どうしたらいいのかと悩む道も

f:id:willie_boo:20190928171044j:plain

上から精鋭部隊が、声掛けをしていただくが

こちらは疲れ果てて声が出ない・・・わずかに手を振るだけ

自分の体力のなさに涙が出て来る

f:id:willie_boo:20190928171151j:plain

どうにか、五合目まで着いたよう

f:id:willie_boo:20190928171431j:plain

あとは、横移動

f:id:willie_boo:20190928171551j:plain

f:id:willie_boo:20190928171616j:plain

 

f:id:willie_boo:20190928171759j:plain

最後に集合写真

f:id:willie_boo:20190928171659j:plainこのあと、精鋭部隊は車中で仮眠を取り、ご来光登山をするとのことでしたので足手まといになるので、私はここでリタイヤ

精鋭部隊は、天気があまり良くないとのことでこの日は、剣ヶ峰を諦めたそうです。

おしまいです

今年も達成できず!!田子の浦~村山古道を使い、富士山剣ヶ峰 弾丸勝負④

コメント頂いております

長野の重鎮:ひらさん

朋友(違うな!気安く呼べないほどの鉄人さんでした):Tanmaさん

静かなるクライマー:おっくん

人間発電所:こうちさん

そして、へたれブログの読者になって頂きました、local-link-lead さん

に感謝しかありません。リコメ等々の不義理申し訳ありませんが

とにかくこのブログ進めさせていただきます。

富士山麓山の村を後にして、五合目を目指す。

掘り窪んだ、道を進む

f:id:willie_boo:20190926195423j:plain

ゴロゴロ石もなく歩きやすい道

ここらあたりは、等高線も広く標高はじぇんじぇん上がりませんわ

 

f:id:willie_boo:20190926200122j:plain

先頭を歩く人間発電所:こちさん

全く歩く速度が衰えません。初めてブロ友さんと八王子八峰歩いたのがこの方。サッカーで鍛えた脚・・・凄いね

 

f:id:willie_boo:20190926200424j:plain

とんでもないメンバーと歩いちゃったこと・・・後悔です

f:id:willie_boo:20190926200757j:plain

大渕林道を通過して、中宮八幡堂跡到着

f:id:willie_boo:20190926200949j:plain

ここで、広場の手前から右の沢に下るのが古道の道だったのですが

八幡堂跡を回り込んで進んでしまう

精鋭チームは、戻ることなく右手の沢を下り古道ルートを進む

ヘタレチームは、スカイラインを目指し進む

どちらにしても、合流するのですが正規ルートの方が、スカイラインを歩くことはなく横断するだけ・・・

地図上ではこんな感じ

f:id:willie_boo:20190926202445j:plain

 

車がビュンビュン通るスカイラインの端をしこしこと歩く

f:id:willie_boo:20190926202620j:plain

皆さん元気良すぎです

f:id:willie_boo:20190926202716j:plain

もう勘弁してくれよ。精鋭隊は、すでに到着しており充電中

早速向かい側の登山口に進む

何食べるとこんなに元気になるんや

そして、ジブリの映画さながらの苔の森に入り込んだ感じがする道になる

f:id:willie_boo:20190926205012j:plain

f:id:willie_boo:20190926203647j:plain

一人だとどんな気分で歩くんだろうか?

f:id:willie_boo:20190926205404j:plain

まさに不思議な世界が続く

f:id:willie_boo:20190926205553j:plain

f:id:willie_boo:20190926203803j:plain

再び、スカイライン横断

f:id:willie_boo:20190926204013j:plain

だんだんと気が遠くなってくる

先頭を歩く精鋭隊には疲れという感覚はないのか?

もう止めよう・・・こんな人と歩くのは・・・

私は、低山がお似合いだ

f:id:willie_boo:20190926204347j:plain

だんだんと等高線の幅が狭くなってくる

ってことは、登りが厳しくなってくることですね

f:id:willie_boo:20190926210003j:plain

f:id:willie_boo:20190926210646j:plainやっと休憩タイム

でも短いんだよね

f:id:willie_boo:20190926204544j:plain

今日はこの辺で

今年も達成できず!!田子の浦~村山古道を使い、富士山剣ヶ峰 弾丸勝負③

村山浅間神社をあとにして、いよいよ本丸に突入します。

入り口は六道坂を進む

右手には、富士山と刻まれた石碑

f:id:willie_boo:20190922160307j:plain

f:id:willie_boo:20190922160343j:plain

左手には、石柱かな

f:id:willie_boo:20190922161003j:plain

ここから先は石畳の道になります

f:id:willie_boo:20190922161154j:plain

私は、石畳苦手なのでパス

f:id:willie_boo:20190922161124j:plain

日差しが差しこみ始める

f:id:willie_boo:20190922161257j:plain

しばらく舗装道が続く

f:id:willie_boo:20190922161405j:plain

まだこの時は元気だった・・・

 

f:id:willie_boo:20190922161456j:plain

神社から10分ほどで、大きな看板

f:id:willie_boo:20190922161602j:plain

さらに進んで行くと、入口をふさぐ鎖が張られた場所に当ります

ここは、くぐらせて頂く

f:id:willie_boo:20190922162054j:plain

林道歩きからやがて、道をふさぐ倒木をくぐる

ここ腰が・・・

f:id:willie_boo:20190922162643j:plain

 

f:id:willie_boo:20190922162729j:plain

 

f:id:willie_boo:20190922163044j:plain

足の置場を間違えるとこけそうな道が続く

f:id:willie_boo:20190922163238j:plain

やっとフラットな道になる

f:id:willie_boo:20190922163352j:plain

f:id:willie_boo:20190922163512j:plain

ここが、札打場跡(標高はまだ840M)

f:id:willie_boo:20190922163614j:plain

これだけ歩いてきたのに、まだ1000Mも上がってないとは・・

とほほ

f:id:willie_boo:20190922164101j:plain

こんなに歩いてきたのに木の枝で遊んどる

何ちゅう体力だ。もう帰らせてくり

f:id:willie_boo:20190922164651j:plain

息も絶え絶え、富士山麓・山の村まで・・

f:id:willie_boo:20190922165055j:plain

ここで大休止

f:id:willie_boo:20190922165143j:plain

ここで情報ですが

富士山麓山の村廃止のお知らせ

平成31年静岡県議会2月定例会において「富士山麓山の村設置条例」の廃止案が議決されました。本施設の利用は令和元年10月31日までとなります。

だそうです。このコースのオアシスだっただけに残念です

 

今年も達成できず!!田子の浦~村山古道を使い、富士山剣ヶ峰 弾丸勝負②

9月14日(土)の18:00頃に富士宮5合目駐車場に到着

雲海も霊峰もばっちり目に焼き付けて、仮眠を取り9月14日23:30に山友さんと落ちあいジャンボタクシーで田子の浦付近まで送って頂く。

男性5人女性2人の猛者ばかり・・低山専科の私が紛れ込んで良いものか不安がよぎる。まっ!予感的中で、涙チョチョ切れながら歩いたんですけどね。

f:id:willie_boo:20190922150102j:plain

f:id:willie_boo:20190922150245j:plain

f:id:willie_boo:20190922150458j:plain

海水に靴の底をつけたいところですが、真っ暗なのでテトラにタッチしてスタートすことととします。準備完了

f:id:willie_boo:20190922150632j:plain

田子の浦

f:id:willie_boo:20190922150710j:plain

お次は富士塚

海岸から駆け上がってくる鉄人

結局最後のまでこのペースで進む

f:id:willie_boo:20190922150817j:plain

富士塚到着

f:id:willie_boo:20190922150913j:plain

 

塚の上から薄らと霊峰のシルエットが見えました

 

f:id:willie_boo:20190922151001j:plain

駅向かう途中の公園でトイレタイム

f:id:willie_boo:20190922151036j:plain

吉原駅に向かう

f:id:willie_boo:20190922151118j:plain

ここから先の道は、昨年の記事があるので参考にしてください

 

willie-boo.hatenablog.com

 

 

willie-boo.hatenablog.com

 

前回同様に広見公園で休憩

トイレもありますし、ありがたいですね。

f:id:willie_boo:20190922151511j:plain

これまた、同じ場所で小休止

f:id:willie_boo:20190922151620j:plain

霊峰が姿を現します

f:id:willie_boo:20190922151729j:plain

道標に従って進み

f:id:willie_boo:20190922151930j:plain

まもなく村山浅間神社

あれ?工事中ですね

f:id:willie_boo:20190922152038j:plain

何気に傾斜の厳しい迂回路

この方も鉄人・・・ついて行くのもやっと

等高線が狭い厳しい登りになると、ますます足が冴えてくる方なんです

f:id:willie_boo:20190922152139j:plain

登り切ると先ほどの、通行止めの道と合流

f:id:willie_boo:20190922152620j:plain

さらに少し先に、東見付

f:id:willie_boo:20190922152806j:plain

ふ~どうにか村山浅間神社到着

f:id:willie_boo:20190922152948j:plain

どうにか、五合目までたどり着けるようにお祈りさせていただきました。

f:id:willie_boo:20190922153052j:plain

f:id:willie_boo:20190922153140j:plain

ここから、ベンチとトイレのあるところに移動

ここで、ありがたいことに、山友さんから冷たいお茶の提供

本来はここから村山古道をご一緒するはずが、膝を痛めてしまい今回は見送りとなった経緯がありました。

f:id:willie_boo:20190922153442j:plain

充電完了!!村山古道に向かいます

f:id:willie_boo:20190922153521j:plain

 

今年も達成できず!!田子の浦~村山古道を使い、富士山剣ヶ峰 弾丸勝負①

昨年は、憩いの森の先、西臼塚駐車場で失神KO

原因は、一睡もしなかったことだと思った。

今年は、3時間ほど車中泊して少し眠かったが行けると思った

原因は、何となくわかった・・・が、今は書かない

秋の多摩百山を歩いて検証してみたい。

 

f:id:willie_boo:20190919200021j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

 

f:id:willie_boo:20190919200136j:plain

田子の浦海岸・・・00:45

富士塚・・・・・・00:58

吉原駅・・・・・・01:14

左富士・・・・・・01:40

平家越・・・・・・01:46

東木戸跡・・・・・01:53

広見公園・・・・・03:10

浅間神社・・・・・06:06

鎖ゲート・・・・・07:30

札打場跡の大ケヤキ・・・08:32

富士山山麓山の村・・・・09:48

中宮八幡堂跡・・・・・・11:27

富士スカイライン・・・・11:42

富士宮五合目・・・・・・15:56

到着時間のみ記入

羽村駅から浅間岳・満地峠・二ツ塚峠と歩き青梅駅へ③


警視庁施設のフェンス沿いの道を離れて、平坦な道を進む

f:id:willie_boo:20190914130535j:plain

左手に指導標

f:id:willie_boo:20190914130603j:plain

f:id:willie_boo:20190914130649j:plain

若獅子坂の標識が出て来て、何やら下の方でたくさんの人の声が聞こえてきたので警察官の訓練でもやっているのかと思い階段状の道を下って行くと、野球の練習していました。

f:id:willie_boo:20190914130903j:plain

若獅子坂まで戻り、ゆうひ台入口へと続く坂を登る

f:id:willie_boo:20190914131024j:plain

赤松庵に到着

f:id:willie_boo:20190914131102j:plain

近くにはこんなオブジェ?があります

ちょっと調べて見ると、若獅子は、シンボルマスコットのようです

f:id:willie_boo:20190914131143j:plain

さらにこのような道を進んで行くと

f:id:willie_boo:20190914131516j:plain

f:id:willie_boo:20190914131543j:plain

再び東屋

f:id:willie_boo:20190914131636j:plain

東屋をあとにして進んで行くと

f:id:willie_boo:20190914131853j:plain

今度は何でしょうか?鹿かな

f:id:willie_boo:20190914131924j:plain

 

f:id:willie_boo:20190914132002j:plain

f:id:willie_boo:20190914132034j:plain

台座のマークは、

左右三対の曲線は第六機動隊の「六」と同音の「鹿」から野山を疾風の如く駆けめぐる若鹿の角をデザインしたものです。円は「和」と「団結」を表し、中央の直線は、「中立公正な態度、不偏・毅然たる姿勢、力強さ、進みゆく方向」を表しているようです。

さらに進んで行くと、

 

f:id:willie_boo:20190914132345j:plain

つぎは、五望庵と名付けられた休憩所と栄光の楯のモニュメント

f:id:willie_boo:20190914132530j:plain

f:id:willie_boo:20190914132614j:plain

f:id:willie_boo:20190914132558j:plain


学の五機
「学の五機」、「精強五機」にちなんで学問の神様「湯島天神」のシンボルともいえる梅の花とVICTORY(勝利)の「V」とローマ数字の「V」を表して、これに「智・仁・勇・信・美」を梅の五弁になぞらえて五機のシンボルマークとして制定されました。

断郊コース???

これも調べました。

断郊とは、約10キロの荷物を背負って走る競技のようです

まだこのコースを使って行っているのでしょうか?

f:id:willie_boo:20190914133038j:plain

色々と興味は尽きないのですが、先に進みます

もちろん私にそのような体力はないので、ゆっくり進む

f:id:willie_boo:20190914133522j:plain

道は良く踏まれています

f:id:willie_boo:20190914133623j:plain

ただ思い出したように緩やかな登り

f:id:willie_boo:20190914133714j:plain

遠くから見るとトンネルのような道

もちろん違いますよ

f:id:willie_boo:20190914133808j:plain

そろそろ二ッ塚峠

f:id:willie_boo:20190914133916j:plain

車道に出て、青梅駅まで歩く

途中、前回歩いた長淵山ハイキングコースの入り口天祖神社

f:id:willie_boo:20190914134310j:plain

雲行きが悪くなって来たので、急ぎます

f:id:willie_boo:20190914134347j:plain


青梅駅到着

f:id:willie_boo:20190914134419j:plain

この日のおさらい

f:id:willie_boo:20190914134448j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

f:id:willie_boo:20190914134537j:plain

沿面距離----12.091キロ

累積標高+)----587M

累積標高-)-----538M

羽村駅10:00

浅間岳--10:35

旧満地峠--11:05

古満地峠--11:07

若獅子坂--11:28

7機モニュメント--11:29

6機モニュメント--11:37

5機モニュメント--11:39

二ツ塚峠--12:11

青梅駅--12:56

 








 

羽村駅から浅間岳・満地峠・二ツ塚峠と歩き青梅駅へ②

①からの続きです。

行き止まりの先は、神霊教施設なんです

なのでここから先は、立ち入り禁止なんですね

f:id:willie_boo:20190914111245j:plain

ブロック塀沿いにしばらく進む

f:id:willie_boo:20190914111543j:plain

再び道が突き当たる。ここは、右折

f:id:willie_boo:20190914111628j:plain

階段状の道を少し下る

f:id:willie_boo:20190914111912j:plain

左手に、送電鉄塔あきる野線43号)があり鉄塔脇を進む

f:id:willie_boo:20190914112057j:plain

定番の鉄塔を見上げた写真

f:id:willie_boo:20190914112130j:plain

鉄塔から2分ほどでハイキングコースの指導標

f:id:willie_boo:20190914112216j:plain

この標識の向かい側に近道あるんでよ。このハイキングコース指導標の通りに進むとUターンする感じなんで、いつもは近道使うのですが、今日は

指導標通りに進む

f:id:willie_boo:20190914112435j:plain

 

指導標通りに進むとこの標識にあたるので小作駅方面へ

 

f:id:willie_boo:20190914112532j:plain

緩やかな下り道

f:id:willie_boo:20190914112619j:plain

ちょうど下り切ったところで、先ほどの近道と合流

近道を使うと、下ってきて合流って感じです

f:id:willie_boo:20190914112803j:plain

道はやがて階段状の道になり、緩やかに下る

f:id:willie_boo:20190914112920j:plain

さらに、道なりに下って行くと

f:id:willie_boo:20190914113025j:plain

分岐に出ますが、これから進む方向の標識はありません

f:id:willie_boo:20190914113111j:plain
道はこんな感じ。ここは、左手方向へ進むf:id:willie_boo:20190914114251j:plain神霊教施設方面へはゲートがあり進めないようになっています

f:id:willie_boo:20190914113341j:plain

旧満地峠方面は、この坂を登らんといけません

f:id:willie_boo:20190914114425j:plain

坂を登り左側に回り込むように進んで行くと

f:id:willie_boo:20190914114507j:plain

朽ち果てる寸前

f:id:willie_boo:20190914114556j:plain

ここは、登ってきた坂を背にして、右手に進む

しばらくはフラットな道が続く

f:id:willie_boo:20190914115108j:plain

さらに進んで行くと再び指導標

設置して頂いたいる方に感謝ですね

あれ?ここは、古満地峠・・・旧と古の違いは何だろう

f:id:willie_boo:20190914115302j:plain

あっ!この指導標のあたりの道はこうなっとります

右側の登り道が正解です

f:id:willie_boo:20190914115518j:plain

このあと、緩やかな登りに道が変わり

そしてこのあと、しばらくはクモの巣地獄の始まりです。

魔法の杖でもあれば、なぁ~なんて思いながら落ちていた枝でクモさんがせっかく張ったクモの巣を取り払いながら進む

古満時峠から3分ほどに巻道と登り坂の分岐

f:id:willie_boo:20190914120021j:plain

フェンス沿いの道を進む

意外とこの登りはきつい・・・・もちろん私の感想ですから

f:id:willie_boo:20190914120620j:plain

このフェンスの、左側なんですが警視庁の施設用地だとか・・・

あれま、有刺鉄線が登山道にはみ出してきています

f:id:willie_boo:20190914125146j:plain

このフェンス沿いの道は意外と登りがキツイ

 

f:id:willie_boo:20190914125332j:plain

さらに、総理府の石柱

f:id:willie_boo:20190914125520j:plain

さらに登る

f:id:willie_boo:20190914125602j:plain

するとこんな注意書きが

f:id:willie_boo:20190914125633j:plain

何度のこのコース歩いているのですが、一度も犬の泣き声聞いたことがない

 

 

f:id:willie_boo:20190914125657j:plain

さらにフェンスに沿いあるく

f:id:willie_boo:20190914125830j:plain

フェンス沿いを歩くこと、13分ほどで左側が行き止まりになり

ここを右手に進む

f:id:willie_boo:20190914130127j:plain

 

今日はこの辺で

羽村駅から浅間岳・満地峠・二ツ塚峠と歩き青梅駅へ①

蒸し暑い中、アルプス系は、とても体力的に無理そうなので地味に登っています。

出足も遅くなってしまい上記のコースをチョイス

羽村駅で下車して

f:id:willie_boo:20190908180612j:plain

駅を背にして、進む

f:id:willie_boo:20190908180711j:plain

駅から2分ほどで左手に羽村観光案内所

レンタサイクルまであるんです(驚)

f:id:willie_boo:20190908180737j:plain

さらに進んで行くと、新奥多摩街道ここは直進

f:id:willie_boo:20190908180914j:plain

右手に稲荷神社を見ながら坂を下る

f:id:willie_boo:20190908181016j:plain

突当った道は右手に進み

f:id:willie_boo:20190908181255j:plain

すぐに向こう側に渡り、左手の階段を下ります

この道はかなり車が飛ばしているので注意して下さい

f:id:willie_boo:20190908181506j:plain

橋を渡り

f:id:willie_boo:20190908181534j:plain

曽我兄弟の像

f:id:willie_boo:20190908181606j:plain

そして、

羽村の堰下橋を渡り

f:id:willie_boo:20190908182034j:plain

前回歩いたコースは、通らずに住宅街を歩いて

f:id:willie_boo:20190908182156j:plain

f:id:willie_boo:20190908182213j:plain

登山道入口へ

f:id:willie_boo:20190908182249j:plain

 

少し先に旧田中家長屋門を左手に見ながら進む

f:id:willie_boo:20190908182337j:plain

 

f:id:willie_boo:20190908182409j:plain

 

ここで前回の道と合流

 

f:id:willie_boo:20190908182536j:plain

こんな登りでも、スロースターターの私には心臓バクバクもの

根性ないのですぐに帰りたくなる気持ちをぐっとこらえて登る

何気に手が震えて写真ブレていますね(笑)

f:id:willie_boo:20190908182949j:plain

ここからは前回の記事にタッチします

ふ~どうにか浅間岳到着

f:id:willie_boo:20190908183329j:plain

さぁ~私の記憶が確かなら

小刻みなアップダウン祭りの始まりだぁ~

ベンチ脇の小道を進む

f:id:willie_boo:20190908183507j:plain

 

このベンチの右手に小道

f:id:willie_boo:20190908183606j:plain

階段状の道を下って行く

f:id:willie_boo:20190908183644j:plain

下り切り。フェンス沿いの道を進む

f:id:willie_boo:20190908183712j:plain

左側は、立川国際ゴルフ場

日曜日にしてはガラガラ

f:id:willie_boo:20190908183805j:plain

1分ほどでこの登り登場

本当は、ハイキングコースと銘打ってるコースの方が厳しかったりして

と思うこの頃

f:id:willie_boo:20190908184330j:plain

少し道が落ち着く

f:id:willie_boo:20190908184458j:plain

満地トンネルとの分岐

ちなみに、旧満時トンネル・・・

心霊スポットとか

トンネルの上部分が崖になっており投身自殺をする人がたくさんいたとかいないとかで、飛び降り自殺した人の霊が出る、らしいですよ

その内、満時トンネル方面に降りてみます。

前にも降りたことあるんですが、私には薄暗くて気味が悪いなぁ~ぐらいしか感じなかったんですが

f:id:willie_boo:20190908184534j:plain

今回は、小作駅方面に進む

f:id:willie_boo:20190908185142j:plain

標識から1分ほどで階段を下る

f:id:willie_boo:20190908185229j:plain

下り切ると右側に池・・???

あれ?今はこんな感じ

f:id:willie_boo:20190908185425j:plain

ちょいと滑る道

f:id:willie_boo:20190908185503j:plain

本当に????

ハイキングコース???(勝手に自分の中ではハイキングコース=フラットなコースと思っているだけなんですけどね)

f:id:willie_boo:20190908185620j:plain

 

その後は・・・登ります

f:id:willie_boo:20190908185746j:plain

登り切ってから緩やかな登り

そろそろ、アイドリングが終わったようで

f:id:willie_boo:20190908185836j:plain

指導標

まっすぐは行けないんです

なんでっかって・・それは、次回に

f:id:willie_boo:20190908185951j:plain

 

多摩百山:長淵山ハイキングコース編④

要害山から大きく下った後は、

フラットな道が続く

やがて、宮ノ平駅と続く道の分岐に出る

f:id:willie_boo:20190901165421j:plain

とその前に、この標識の手前に踏み跡があるのでちょぃと寄ってみますか

f:id:willie_boo:20190901165607j:plain

左手に

f:id:willie_boo:20190901165636j:plain

松龍山鎮守堂白山社と刻まれています

f:id:willie_boo:20190901165704j:plain

さぁ~帰りますかね

f:id:willie_boo:20190901170102j:plain

ここの下りはとても足に優しく、歩きやすい道でした

f:id:willie_boo:20190901170204j:plain

小紫陽花が沢山咲いています

f:id:willie_boo:20190901170312j:plain

両脇の草をかき分けて進む箇所あります

f:id:willie_boo:20190901170522j:plain

並木入林道に出る

f:id:willie_boo:20190901170632j:plain

5分ほどあるくと大久野青梅線に出る

f:id:willie_boo:20190901170806j:plain

振り返るここが入口になる

f:id:willie_boo:20190901170844j:plain

ここから26分ほどで宮ノ平につく

f:id:willie_boo:20190901171051j:plain

 

多摩百山:長淵山ハイキングコース編③


f:id:willie_boo:20190901160930j:plain

雨上がりには滑りそうな階段状の道

f:id:willie_boo:20190901161141j:plain

登り切ると赤ぼっこの分岐

f:id:willie_boo:20190901161458j:plain

f:id:willie_boo:20190901161806j:plain

赤ぼっこ

ここは、眺望言いですよ

f:id:willie_boo:20190901161907j:plain

f:id:willie_boo:20190901162109j:plain

指示板まであり、いたれりつくせり

f:id:willie_boo:20190901162838j:plain

この先は、西武ドーム

f:id:willie_boo:20190901162925j:plain

多摩百山の大岳山

どこから見てもすぐにわかる山様ですね

f:id:willie_boo:20190901163019j:plain

赤ぼっこの由来

f:id:willie_boo:20190901163123j:plain

えっ?まっくろくろすけ?ススワタリ?

f:id:willie_boo:20190901163358j:plain

今度はお弁当でも持ってこよう

さぁ~先に進みましょう

f:id:willie_boo:20190901163536j:plain

分岐から緩やかな下りとなる

f:id:willie_boo:20190901163611j:plain

天狗岩へは、一旦階段を下らないと着きません

スルーするならここは歩かなくてもいいんですよ。

でもね・・眺めは〇

 

f:id:willie_boo:20190901163707j:plain

下り切ると道が登りに変わり

f:id:willie_boo:20190901164141j:plain

露岩帯を進む

f:id:willie_boo:20190901164242j:plain

天狗岩・・この指導標の裏側に展望がいい場所あり

 

f:id:willie_boo:20190901164338j:plain

 

f:id:willie_boo:20190901164437j:plain

階段状の道を戻ります

f:id:willie_boo:20190901164539j:plain

左側が伐採されて道を進む

f:id:willie_boo:20190901164706j:plain

ハイキングコースといいながら、登ったり下ったり忙しいこと

f:id:willie_boo:20190901164941j:plain

登り切ると2分ほどで要害山

f:id:willie_boo:20190901165027j:plain

要害山から大きく下る

f:id:willie_boo:20190901165135j:plain

 

多摩百山:長淵山ハイキングコース編②

長淵山ハイキングコースの入り口は、こんな感じ

f:id:willie_boo:20190901151124j:plain

登り切ると東屋

f:id:willie_boo:20190901151207j:plain

ここから、1時間ほど樹林帯歩きが続く

おまけで、クモの巣地獄・・

味わいたい方は、今がチャンス・・秋になると歩く方が増えますから

f:id:willie_boo:20190901151413j:plain

コースは、しっかりと指導標があるので迷うことはないようでしょう

f:id:willie_boo:20190901151458j:plain

ちょいと登ると

f:id:willie_boo:20190901151835j:plain

 

キノコ型の東屋・・可愛らしい

f:id:willie_boo:20190901151759j:plain

キノコの形をした東屋から2分ぐらいで舗装道と道を合わせます

f:id:willie_boo:20190901152126j:plain

1分もしないで、右手の道に進む

f:id:willie_boo:20190901152439j:plain

道は良く踏まれています

f:id:willie_boo:20190901152641j:plain

道が掘り窪んた赤土道に変わり

f:id:willie_boo:20190901152722j:plain

長淵8丁目どこらへんなんでしょう?

f:id:willie_boo:20190901152815j:plain

 

f:id:willie_boo:20190901153035j:plain

道がフラットになる

f:id:willie_boo:20190901153109j:plain

緩やかな登りを進む

f:id:willie_boo:20190901153147j:plain

二ッ塚峠

f:id:willie_boo:20190901153238j:plain

ベンチが2つ

f:id:willie_boo:20190901153359j:plain

母と娘にまつわる悲しい秘話

f:id:willie_boo:20190901154042j:plain

 

二ッ塚峠から、馬引沢峠方面はコナラの左脇の坂を下る

f:id:willie_boo:20190901154146j:plain

 

f:id:willie_boo:20190901154408j:plain

この後しばらく、フェンス沿いに歩く

f:id:willie_boo:20190901154523j:plain

フェンスの向こう側は

 

二ッ塚峠廃棄物広域処分場

f:id:willie_boo:20190901154606j:plain

f:id:willie_boo:20190901154756j:plain

 

f:id:willie_boo:20190901154920j:plain

馬引沢峠(埋蔵伝説があるとかないとか)

f:id:willie_boo:20190901155205j:plain

峠の標識の向かい側のフェンスに・・

猿も集団になると怖いですね

 

f:id:willie_boo:20190901155421j:plain

変化のない道を淡々と進む

f:id:willie_boo:20190901155557j:plain

右側に、馬頭観音

f:id:willie_boo:20190901155949j:plain

f:id:willie_boo:20190901160010j:plain

馬頭観音像から6分ほどでこの分岐を大きく右手に曲がります

f:id:willie_boo:20190901160153j:plain

前方が開けてきます

f:id:willie_boo:20190901160244j:plain

下草の高さがあって、周りが見えません

f:id:willie_boo:20190901160333j:plain

そして再び、樹林帯突入

では今日はこの辺で

多摩百山:長淵山ハイキングコース編①

2019年8月25日

以下のコースを歩く

永山公園駐車場--------10:21

青梅駅--------------------10:29

天祖神社入口-----------10:47

二ッ塚峠-----------------11:29

馬引沢峠-----------------11:43

赤ぼっこ-----------------11:56

天狗岩--------------------12:12

要害山--------------------12:40

梅ヶ谷峠-----------------13:09

宮ノ平駅-----------------13:29

今回、多摩百山の対象は、赤ぼっこ

f:id:willie_boo:20190901140638j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

f:id:willie_boo:20190901140805j:plain

距離---10.4キロ

累積標高-----(+)568M

累積標高-----(-)591M

今日も永山公園駐車場に車を停めさせて頂き、長淵山ハイキングコースを

歩き、宮ノ平駅に下るルート

スタートが遅かったせいか、駐車場にはたくさんの車が駐車

満車ではないのですが・・・

f:id:willie_boo:20190901135939j:plain

右側の道を進むと、前回歩いた青梅丘

青梅駅歩面へは、左の坂を下る

f:id:willie_boo:20190901140044j:plain

車をピックアップするのに青梅駅から駐車場に戻るときは、結構この坂は厳しい

f:id:willie_boo:20190901140343j:plain

f:id:willie_boo:20190901140437j:plain

テニスコートを右手に見ながら下って行くと、青梅線に架かる橋を渡る

f:id:willie_boo:20190901140606j:plain

橋を渡り、街道に出る手前に面白い看板発見

f:id:willie_boo:20190901142136j:plain

たしか?「最後の映画看板師」と呼ばれた親しまれた久保昇さんが病気で亡くなってしまい後継者もないのと台風によって看板の一部が落下してしまったことで撤去されると聞いていたが、この作風は別の方が書かれたものなんでしょうね。

f:id:willie_boo:20190901142226j:plain

シェーン

f:id:willie_boo:20190901142321j:plain

羊たちの沈黙

f:id:willie_boo:20190901142850j:plain

風の谷のナウシカ

f:id:willie_boo:20190901142944j:plain

男はつらいよ

歩くのやめ散策しようかな(笑)

青梅街道に出たら左手方面へ

正面に昭和レトロ商品博物館

f:id:willie_boo:20190901143214j:plain

おとなりさんは、青梅赤塚不二夫会館

 

f:id:willie_boo:20190901143315j:plain

住江町の交差点は、右手方向へ

f:id:willie_boo:20190901144008j:plain

少し進むと下り坂に変わる

f:id:willie_boo:20190901144105j:plain

下って行く途中に橋があり渡る

f:id:willie_boo:20190901144212j:plain

f:id:willie_boo:20190901144343j:plain

道なりに進んで行くと吉野街道と道を合わせる

ここも、直進

f:id:willie_boo:20190901144504j:plain

やがて、右側に壺草苑さん

f:id:willie_boo:20190901144547j:plain

興味のある方は、こちらをどうぞ

藍染工房 壺草苑 - 東京・青梅の“天然灰汁醗酵建藍染”

お洒落な感じですが・・・残念ながら私には似合わないだろうね

f:id:willie_boo:20190901145609j:plain

さらに進んで行くと

f:id:willie_boo:20190901145839j:plain

天祖神社入口

思わず見上げてしまう階段の連続

 

f:id:willie_boo:20190901145946j:plain

天祖神社鳥居 をくぐり

手すりにつかまりながら・・・

どうにかこうにか落下しないように・・登る

f:id:willie_boo:20190901150111j:plain

正面には、天祖神社拝殿

f:id:willie_boo:20190901150451j:plain

手水舎

f:id:willie_boo:20190901150646j:plain

天祖神社拝殿を正面に見て、右側に回り込むように進むと

f:id:willie_boo:20190901150815j:plain

今日はこの辺で

地味な里山歩き・・・雹留山と秋川丘陵を歩く③

階段を登り切る

緩やかな登りが続く

f:id:willie_boo:20190825202110j:plain

やがて、展望台と洞窟の分岐

f:id:willie_boo:20190825202205j:plain

階段を数段上がる

f:id:willie_boo:20190825202313j:plain

階段を上がると、ベンチ

f:id:willie_boo:20190825202340j:plain

ここからも、フラットな道が続く

やがて、網代弁天山との分岐

f:id:willie_boo:20190825202446j:plain

階段状の道を登る

f:id:willie_boo:20190825202544j:plain

階段を登りあげると、木の根の張り出した道となり

f:id:willie_boo:20190825202721j:plain

網代弁天山到着

f:id:willie_boo:20190825202801j:plain

眺めもいいので、ゆっくりお昼でもいいですね

f:id:willie_boo:20190825202850j:plain

もと来た道に戻り、お次は網代城山へ向かう

道幅の狭い箇所を通過すると、階段のお出迎え

f:id:willie_boo:20190825203115j:plain

登り切れば、素晴らしい景色・・・ありません

f:id:willie_boo:20190825203205j:plain

先に進むと、網代城山

f:id:willie_boo:20190825203245j:plain

 

f:id:willie_boo:20190825203322j:plain

平坦な場所なので、ビニールシートでもお昼取れます

f:id:willie_boo:20190825203404j:plain

ここで、小峰公園に降りるか増戸駅に戻るか悩む

なんだか、暑さマックスなので、小峰公園付近から五日市駅までの舗装道歩きは、厳しそうなのでもと来た道に戻る

f:id:willie_boo:20190825203716j:plain

指導標に従って増戸方面へ

f:id:willie_boo:20190825203817j:plain

武蔵増戸駅到着

f:id:willie_boo:20190825203925j:plain

この日のおさらい

武蔵増戸駅   09:16

雹留山               09:54

網代弁天山       10:41

網代城山           10:54

武蔵増戸駅       11:32

 

f:id:willie_boo:20190901130843j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

f:id:willie_boo:20190901131000j:plain