willie_boo’s diary

ウォーキングと山登り楽しんでいます

時々山に登った時のブログです。

相模湖駅から小仏峠越えコースを歩き、一丁平園地から大平林道に下り、稲荷山コースに合流。高尾山まで歩く⑤ 2020/02/08

さぁ~一気に山頂目指しましょう

f:id:willie_boo:20200216155818j:plain

ここで遅れ気味の相方さん・・・

勘弁してくり・・・と弱気な発言

認めません!!!大昔、赤岳の最後の登りでおじいさんから言われたことを思い出しなさい!!

どんなに苦しくとも、立ち止まった山頂には着かないよ。

一歩一歩ゆっくりでいいから。

f:id:willie_boo:20200216160115j:plain

何か調子がいいぞ!

f:id:willie_boo:20200216160151j:plain

ここでも霊峰のお出迎え

f:id:willie_boo:20200216160228j:plain

高尾山山頂・・・空いています

f:id:willie_boo:20200216160334j:plain

帰りのルートは、3号路方面に進む

f:id:willie_boo:20200216160429j:plain

歩きやすい道です

f:id:willie_boo:20200216160549j:plain

福徳弁財天をやり過ごして

f:id:willie_boo:20200216160626j:plain

f:id:willie_boo:20200216160717j:plain

帰りに御護摩受付所により、健康登山の証に押印して頂き

お茶をご馳走になる

f:id:willie_boo:20200216161713j:plain

最後の階段を登ったご褒美に、三福団子を購入

f:id:willie_boo:20200216161830j:plain

相方さんは初めて食べるようで感激しております

f:id:willie_boo:20200216161913j:plain

帰りは、2号路へ

f:id:willie_boo:20200216161939j:plain

f:id:willie_boo:20200216162013j:plain

慎重に下る

f:id:willie_boo:20200216162059j:plain

琵琶滝方向と高尾病院の分岐は高尾病院方面へ

まだ道がえぐれています

f:id:willie_boo:20200216162149j:plain

f:id:willie_boo:20200216162324j:plain

お疲れちゃんでした

f:id:willie_boo:20200216162356j:plain

 

 

 

相模湖駅から小仏峠越えコースを歩き、一丁平園地から大平林道に下り、稲荷山コースに合流。高尾山まで歩く④ 2020/02/08

心配症の相方さん、本当に稲荷山コースに合流するよね?

と何度も聞いてくる。その直後

ねっ!あと2キロ歩けば着くから。

f:id:willie_boo:20200216153426j:plain

途中、少し道が荒れている箇所もありましたが心配ありません

f:id:willie_boo:20200216153531j:plain

この道標が出て来て安心したのか、相方さん

こんなことを言い出す。ねえねえ稲荷山コースのどの辺につくんだろうね

高尾山山頂へ続く、あの急な木階段は登らないで回り込んで山頂を目指すよね。

どうした?登り始めの、私を見下した態度は(笑)

楽な道却下!!絶対に採用しません!!!

f:id:willie_boo:20200216153629j:plain

林道を修復しているのでしょうか

f:id:willie_boo:20200216154256j:plain

上の写真の小屋のような道を通り過ぎると緩やかな登りになる

f:id:willie_boo:20200216154347j:plain

結構今日は歩くね。

誰のせいでしょうかね

と、心の中でつぶやくboo

さすがにこの林道歩きには飽きた

f:id:willie_boo:20200216154618j:plain

出合いまであと0.5キロ

f:id:willie_boo:20200216154713j:plain

にしても、単調な道が続く

f:id:willie_boo:20200216154806j:plain

カブミラーの先に出てきました。この道標

f:id:willie_boo:20200216154926j:plain

道幅の狭い階段道を登る

f:id:willie_boo:20200216155015j:plain

相方さんの後ろ姿もなんとなくお疲れモード

f:id:willie_boo:20200216155047j:plain

上から人の声が聞こえてくる

 

f:id:willie_boo:20200216155219j:plain

近いな

f:id:willie_boo:20200216155248j:plain

無事に、稲荷山コースに合流出来ました

f:id:willie_boo:20200216155442j:plain

 

相模湖駅から小仏峠越えコースを歩き、一丁平園地から大平林道に下り、稲荷山コースに合流。高尾山まで歩く③ 2020/02/08

次は、電波中継施設の立つ、小仏城山に向かう

ここは左側の道をチョイス

f:id:willie_boo:20200212201909j:plain

f:id:willie_boo:20200212202026j:plain

昨年の台風以来、通行止めが続く巻道

f:id:willie_boo:20200212202111j:plain

階段道を進む

f:id:willie_boo:20200212202211j:plain

f:id:willie_boo:20200212202247j:plain

階段道をひと登りすると、まもなく小仏城山

f:id:willie_boo:20200212202340j:plain

お茶屋さんは2軒共に営業されています。

f:id:willie_boo:20200212202458j:plain

残念ながらトイレは、いまだに使用できません

f:id:willie_boo:20200212202546j:plain

嬉しいことに、ここで霊峰がお出迎え・・・

f:id:willie_boo:20200212202635j:plain

 日影沢林道は通行止め

f:id:willie_boo:20200216112926j:plain

下が少しぬかるんだ巻道を進み、一丁平へ

f:id:willie_boo:20200216113057j:plain

一丁平展望に到着

この日は、眺めがよかった

f:id:willie_boo:20200216113227j:plain

花見や紅葉の時期は沢山のハイカーが多い一丁平園地

トイレは使用可能です

f:id:willie_boo:20200216113426j:plain

ここで、相方さん・・・

面白い道教えてあげようか?と言う

いいね~教えてよ・・

普段であれば、トイレの裏の道か、メイン道を歩くのですが、相方さん東屋の方向に向かう。緑色の矢印がその道です

f:id:willie_boo:20200216151041j:plain

左側が東屋風の建物

f:id:willie_boo:20200216151209j:plain

おいよ!大丈夫なんだろうね?

任せなよ!

f:id:willie_boo:20200216151321j:plain

緩やかな登り道

f:id:willie_boo:20200216151405j:plain

突当りは左へ

f:id:willie_boo:20200216151538j:plain

登り切るとあとは下るのみ

ここは意外と滑ります

f:id:willie_boo:20200216151625j:plain

速いな

f:id:willie_boo:20200216151703j:plain

踏み跡はしっかりとあるので、わたしだけが知らない道かも

意外とメジャーな道だったりして

f:id:willie_boo:20200216151750j:plain

??稲荷山コース???

この道標を確認したことがあとのコース取りに役に立った

右側が、大垂水峠方面

f:id:willie_boo:20200216151933j:plain

この林道をしばらく歩けば、メイン道路に続く道に出れるよ!

この時は、自信満々の相方さん

f:id:willie_boo:20200216152156j:plain

この先が分岐!

こんなコース知らないよね

f:id:willie_boo:20200216152340j:plain

あ~御免なさい

まさかまさかの通行止め

申し訳ない!戻りましょう~すいません~

いつになく低姿勢

f:id:willie_boo:20200216152543j:plain

先ほどの稲荷山コースの道標のことを思いだす

念のために、相方さんが持っていた地図を広げて作戦会議

かなり遠回りになるけど稲荷山コースに合流するよと言って戻ろうとする相方さんを引き止めて、リスタート

 

相模湖駅から小仏峠越えコースを歩き、一丁平園地から大平林道に下り、稲荷山コースに合流。高尾山まで歩く② 2020/02/08

昭文社の地図を見ると、コースタイムは相模湖から小仏峠まで約1時間55分

久しぶりなので、どうなりますことやら?

出だしは、階段状の道

f:id:willie_boo:20200209143524j:plain

登り道になると相方さん先頭に立ちます

ダイエットで10キロ痩せたと言っていたので足取りは軽やか

えっ?booさんは?と・・・・ノーコメント

f:id:willie_boo:20200209143750j:plain

とても歩きやすい道です

f:id:willie_boo:20200209143833j:plain

写真を見てもそう思いますでしょ

f:id:willie_boo:20200209143901j:plain

登山口から14分ほどで鉄塔が出てきます

f:id:willie_boo:20200209143942j:plain

あれま!道がフラットに・・・

後ろを振り向いて、ね?お久しぶりさん~へばってない?

休憩するかい?????

なんだか今日は物足りないねなんて・・言い放つ相方さん

こんなこと言っていたので、この後手痛い天罰が相方さんを襲う

f:id:willie_boo:20200209144141j:plain

私は、超スロースターター慌てることはない・・

今は、おしんタイム

f:id:willie_boo:20200209144539j:plain

前方が開けて気がする

f:id:willie_boo:20200209144631j:plain

小仏峠到着

f:id:willie_boo:20200209144727j:plain

一番上の文字が読めない・・情けない

f:id:willie_boo:20200209144756j:plain

明治天皇巡行碑

f:id:willie_boo:20200209144958j:plain

結局ここまで、1時間33分・・・

ほぼほぼ、コースタイム通りで一安心

相模湖駅から小仏峠越えコースを歩き、一丁平園地から大平林道に下り、稲荷山コースに合流。高尾山まで歩く① 2020/02/08

 

ここ3週間ほど休みなしと、花粉症が発症してのんびりでもするかと考えていたところ、相方さんから小仏峠越えコースを歩いたことがないのが行きませんかと連絡をもらい、上記のコース歩いて来ました。

f:id:willie_boo:20200209134532j:plain

f:id:willie_boo:20200209134552j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

距離:15.1キロ

⤴上り:879M

⤵下り:875M

朝の相模湖駅(7:16)

f:id:willie_boo:20200209134801j:plain

この時間帯は、まだ寒いので上着は脱げない

それに手袋をしていないと、すこし手がかじかむ感じ

f:id:willie_boo:20200209135009j:plain

線路沿いの道を進む。

f:id:willie_boo:20200209135035j:plain

 

f:id:willie_boo:20200209135233j:plain

太い道路に突き当たるのでここは左手方向へ

 

f:id:willie_boo:20200209135355j:plain

舗装道歩きが続く

f:id:willie_boo:20200209135531j:plain

20分ほどで、小原宿本陣屋敷が左手見える

f:id:willie_boo:20200209135558j:plain

拝観料は無料らしいがこの時間はまだ時間外

f:id:willie_boo:20200209135808j:plain

塀越しに中をちょいと垣間見る

f:id:willie_boo:20200209135850j:plain

小原の郷(Obara-no Sato)を左手にながら進む

トイレがあったけど使えるかどうかは未確認

f:id:willie_boo:20200209140112j:plain

f:id:willie_boo:20200209140246j:plain

小原の郷から3分ほどで底沢橋に到着

f:id:willie_boo:20200209140554j:plain

ここは、左側に進む

まっすぐでも行けそうなんですが安全策を取る

というより指導標に従う(笑)

f:id:willie_boo:20200209140729j:plain

ねっ!

f:id:willie_boo:20200209140755j:plain

その横には照手姫のものがたりがあります

f:id:willie_boo:20200209140832j:plain

緩やかな登り道を歩く。

f:id:willie_boo:20200209141119j:plain

途中、このような分岐がりますが、しっかりと小仏峠の指導標

f:id:willie_boo:20200209141249j:plain

トンネルをくぐります

f:id:willie_boo:20200209141341j:plain

左側に民家の立ち並ぶ道を進む

f:id:willie_boo:20200209141428j:plain

あれま!去年の台風の爪痕かな?

f:id:willie_boo:20200209141549j:plain

中央高速道路の真下を歩く

f:id:willie_boo:20200209141629j:plain

ここまで40分ほど歩いているのですが、なかなか体が温まってきません

f:id:willie_boo:20200209141724j:plain

さらに進んで行くと、分岐

左に行くと底沢峠へと続く道

右手が小仏峠コースへの道

f:id:willie_boo:20200209141854j:plain

標識があるので間違わないと思います

f:id:willie_boo:20200209142111j:plain

f:id:willie_boo:20200209142159j:plain

高速道の下をくぐる

f:id:willie_boo:20200209142334j:plain

このあともしばらく道なり進む

f:id:willie_boo:20200209142504j:plain

やがて、右手下が伐採された道を緩やかに登って行くと、

千木良と小仏峠との分岐

f:id:willie_boo:20200209142645j:plain

すこし歩いて行くと

f:id:willie_boo:20200209142838j:plain

右手に小仏峠越えコースの入り口が出てきます

f:id:willie_boo:20200209142925j:plain

 

武蔵五日市駅からロンデン尾根で日の出山に登り、金毘羅尾根で下る⑤ 2020/01/12(日曜日)

ロンデン尾根との分岐

この手前にここはクマの生息地です・・真新しい注意書きがありました。

なんでここまでと思ったら、ここからしばらく進んだ場所に定点カメラが設置されていましたので、この情報はかなりありがたい情報ですね

熊の💩らしきものには遭遇しなかったのが唯一の幸運かも

f:id:willie_boo:20200115180826j:plain

ここから先は、フラットな道が長時間続きます

フラットな道=標高が下がらないわけで、飽き飽きする道が続く

f:id:willie_boo:20200115181434j:plain

この辺りから標高が下がり始める

f:id:willie_boo:20200115181602j:plain

but・・熊注意の標識が脳裏から離れずに、物音がすると周りを見回すことが多くなる。道がまた落ち着いてしまう・・・残念

f:id:willie_boo:20200115181818j:plain

あれま!本格的に落ち着いちゃってます

飽きっぽい私・・・ひと声!

標高下がれや!

f:id:willie_boo:20200115181932j:plain

あじさい山との分岐・・ここは次回に回します

体力ないのですいません

f:id:willie_boo:20200115182224j:plain

緩やかなる登り・・・標高下がらん

私の心の声です

f:id:willie_boo:20200115182713j:plain

良く踏まれた道を淡々と進む

f:id:willie_boo:20200115182833j:plain

橋が出てきます。下は林道

ここまで車で来れるようですね

f:id:willie_boo:20200115182927j:plain

走っちゃいますか・・・無理~体力ないので

f:id:willie_boo:20200115183223j:plain

再び分岐・・・

ここは金毘羅山方向に進まないと座数減らないのでがんばです

f:id:willie_boo:20200115183402j:plain

 

f:id:willie_boo:20200115183514j:plain

わずかに登り琴平神社

f:id:willie_boo:20200115183555j:plain

左脇には、金毘羅山の表示

f:id:willie_boo:20200115183652j:plain

さぁ~帰ろう

今日のミッション終了です

の前に少しだけ坐らせて下さい

f:id:willie_boo:20200115183825j:plain

途中に椿の回廊・・オーバーですね

f:id:willie_boo:20200115183910j:plain

f:id:willie_boo:20200115185449j:plain

f:id:willie_boo:20200115183949j:plain

ここを抜けると、舗装道・・・

いよいよ本日の登山終了近し

f:id:willie_boo:20200115185609j:plain

小雨が降り始め、駅まで急がんとね

f:id:willie_boo:20200115185717j:plain

 

どうにか武蔵五日市駅到着

 

f:id:willie_boo:20200115185807j:plain

久しぶりのわりに、良く登りました

お次はどうしましょう?

土曜日は、お仕事あるし・・・

f:id:willie_boo:20200115185912j:plain

 

武蔵五日市駅からロンデン尾根で日の出山に登り、金毘羅尾根で下る④ 2020/01/12(日曜日)

金毘羅尾根と道を合わせると道がフラットになる

ロンデンで痛めつけられた脚にはありがたい・・・

f:id:willie_boo:20200114163938j:plain

少し進むとやせ尾根

f:id:willie_boo:20200114164513j:plain

あれは、麻生山?

だとしたら、これからまた登るんかいね・・・もうすっかりHPもMPも使い果たした・

f:id:willie_boo:20200114164632j:plain

木の根の張り出した、チョイ登り

f:id:willie_boo:20200114164857j:plain

周りが開けた場所に出る

f:id:willie_boo:20200114164958j:plain

さらに進むと、麻生山との分岐

この先の麻生山の分岐を進めば、ちょい楽に麻生山山頂に立てるのですが

それじゃぁ・・・納得できません・・かなり見え張ってますかね

f:id:willie_boo:20200114213157j:plain

まずは、登ります

f:id:willie_boo:20200114213701j:plain

登り切った先には、直登ルートと山腹を回り込んで麻生山に立つことのできる二つのルート有り

直登ルートは、以前登って苦労したので、右手方面に進み東尾根ルートをチョイス

f:id:willie_boo:20200114213938j:plain

出だしから厳しい登り

f:id:willie_boo:20200114214031j:plain

露岩帯を登り切ると、傾斜は緩む

f:id:willie_boo:20200114214101j:plain

もうひと登り・・ガンバです

f:id:willie_boo:20200114214156j:plain

ひ~は~ここを登り切れば

f:id:willie_boo:20200114214244j:plain

麻生山山頂

f:id:willie_boo:20200114214343j:plain

これは手作り感のある山頂標

f:id:willie_boo:20200114214502j:plain

再び金毘羅尾根と合流地点に戻る

白岩の滝方面は通行止め

f:id:willie_boo:20200114214605j:plain

そして、金毘羅尾根はフラット

f:id:willie_boo:20200114214712j:plain

右側に進路を取り、日の出山山頂へと続く道へと進む

f:id:willie_boo:20200114214835j:plain

もう少し

f:id:willie_boo:20200114214956j:plain

取り付き到着

f:id:willie_boo:20200114215055j:plain

腰かけ椅子ありましたが、ここはがまんがまん

f:id:willie_boo:20200114215158j:plain

ここから先は階段の連続

f:id:willie_boo:20200114215241j:plain

連続攻撃の階段道

f:id:willie_boo:20200114215319j:plain

どうにか、クロモ上見晴らし台到着

f:id:willie_boo:20200114215346j:plain

侮るなかれ、再び登ります

f:id:willie_boo:20200114215521j:plain

階段状の道は、体力を奪い去る

f:id:willie_boo:20200114215555j:plain

一歩一歩歩くしかない

f:id:willie_boo:20200114215713j:plain

日の出山山頂着きましたよ

思っていたほど登山者少なし。寒いからね

f:id:willie_boo:20200114215838j:plain

f:id:willie_boo:20200114215900j:plain

山頂直下のトイレは使えます

f:id:willie_boo:20200114215956j:plain

来た道戻る

f:id:willie_boo:20200114220032j:plain

とにかく金毘羅山目指します

f:id:willie_boo:20200114220113j:plain

続きます

武蔵五日市駅からロンデン尾根で日の出山に登り、金毘羅尾根で下る③ 2020/01/12(日曜日)

ここから,

梵天山の登りは、今日一だった

f:id:willie_boo:20200113200007j:plain

登り切れば梵天山と思ったが、もうひと登り・・・

真剣に道間違えしちゃったかな?思ううぐらい急

f:id:willie_boo:20200113200234j:plain

お助けロープを手繰り寄せ

f:id:willie_boo:20200113200325j:plain

ここ梵天さん?と思ったら

f:id:willie_boo:20200113200445j:plain

緩やかに下り

f:id:willie_boo:20200113200742j:plain

そして緩やかに登りになる

f:id:willie_boo:20200113200832j:plain

気持ちが折れかかって来た時に、梵天山到着

f:id:willie_boo:20200113200954j:plain

あと少しで、金毘羅尾根に合流する

しかしその前に白岩山へ登り返しが待ち構える

右側にネットが張られ道を登る

f:id:willie_boo:20200113201124j:plain

う~ん気持ちが・・・萎えかける

f:id:willie_boo:20200113201246j:plain

もう少し頑張れ!

f:id:willie_boo:20200113201345j:plain

どうにか、白岩山到着できました

違うと書いてありますが、じゃあどこだ!!

f:id:willie_boo:20200113201446j:plain

ここからは、一旦登りそして下る

今日何回目のアップダウン祭りだ

f:id:willie_boo:20200113201552j:plain

金毘羅尾根からの道からと合流

f:id:willie_boo:20200113201830j:plain

ふ~一安心

この道の指導標には白岩山のことは表記されていません

幸神方面のみ

f:id:willie_boo:20200113201927j:plain続きます

 

武蔵五日市駅からロンデン尾根で日の出山に登り、金毘羅尾根で下る② 2020/01/12(日曜日)

勝峰山からお次の山へは、右手に鉄塔を見ながら進みます

f:id:willie_boo:20200113191326j:plain

f:id:willie_boo:20200113191353j:plain

定番の一旦下ります

f:id:willie_boo:20200113191518j:plain

ここから先はアップダウン祭りの開幕です

だから奥多摩の山は止められない

アルプス系のお山は、登り下りがはっきりしていることが多いので私は苦手ですね。

f:id:willie_boo:20200113191724j:plain

本当にこの道導はありがたかった。

地図見なくてもいいんですから・・・

でも、分岐で地図広げる楽しみがないのが少し寂しい気もします。

f:id:willie_boo:20200113191941j:plain

日の出山方面に進む。

下りからスタート

f:id:willie_boo:20200113192033j:plain

ここにも指導標・・・

このコースは、道間違えなさそうですね(笑)

f:id:willie_boo:20200113192112j:plain

緩やかな登り・・体力のない私には優しい道かな

f:id:willie_boo:20200113192245j:plain

深沢山との分岐

道間違えなさそうです

深沢山興味あるのですが、今日はパス

もっと興味のある山名・・・ためぐそ山 多摩百終わることがあったら登りたい(笑)

f:id:willie_boo:20200113192342j:plain

前方が少し開けているような場所に出る

f:id:willie_boo:20200113192831j:plain

日本セメント採石場かな?

f:id:willie_boo:20200113192935j:plain

開けた場所は、開放感があっていいですね。

樹林帯歩きは、ストレスありますから

f:id:willie_boo:20200113193053j:plain

露岩帯の登り

f:id:willie_boo:20200113193214j:plain

手作りの449M標

f:id:willie_boo:20200113193252j:plain

下って

f:id:willie_boo:20200113193405j:plain

登って

f:id:willie_boo:20200113193443j:plain

登った先は鉄塔

f:id:willie_boo:20200113193515j:plain

鉄塔の下をくぐり

f:id:willie_boo:20200113193551j:plain

鉄塔から緩やかに登り

f:id:willie_boo:20200113193629j:plain

そこそこ登るとそこは

f:id:willie_boo:20200113193722j:plain

真藤の峰

f:id:willie_boo:20200113193840j:plain

今日はこの辺で

武蔵五日市駅からロンデン尾根で日の出山に登り、金毘羅尾根で下る① 2020/01/12(日曜日)

2020年度遅くなりましたが、初登りしてきました。

風はさほど強くはなかったが、とても寒い一日。

07:20 武蔵五日市駅

07:40 勝峰山取り付き

08:18 勝峰山

09:16 真藤ノ峰

09:26 梵天

09:44 白岩山

09:53 金毘羅尾根合流地点

10:13 麻生山取り付き

10:27 麻生山

11:08 日の出山

13:01 金毘羅山

13:45 武蔵五日市駅

f:id:willie_boo:20200113163610j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

f:id:willie_boo:20200113163809j:plain

合計時間→6時間25分

距離→20.4㌔

上り↗1,299m

下り↘1,298M

今回の多摩百山対象の山→5座

残りは、100-22=78座

4時に目覚ましを掛けて、いざ勝負と考えていたのですが、結局5:00に無理くり起床・・情けない

武蔵五日市駅横のTimesに駐車で終日660円

うすら寒く曇り空の影響か駐車場は、ガラガラ

f:id:willie_boo:20200113165219j:plain

まずは行動食・・・購入で道路の向かい側のセブンイレブン

f:id:willie_boo:20200113165358j:plain

そのあと秋川街道をセブンイレブンを背に右側に進み、五日市線のアーチ橋をくぐる

f:id:willie_boo:20200113170219j:plain

出だしの緩やかな坂・・・スロースターターの私にとってはキツイ

f:id:willie_boo:20200113170327j:plain

小机バス停通過

f:id:willie_boo:20200113170622j:plain

しばらく進み、道路の

f:id:willie_boo:20200113171950j:plain


向かい側に太平洋マテリアル株式会社

f:id:willie_boo:20200113171635j:plain

ラーメン松華の脇を左に進む

正式には、松華飯店 (シヨウカハンテン)と言うようです

ジャンル
中華料理、ラーメン、うどん 
042-597-3301
住所
東京都西多摩郡日の出町大久野1572
交通手段
武蔵五日市駅から1,068m
営業時間・
定休日
営業時間
11:15~14:55、17:00~20:00
日曜営業
定休日
水曜日

ここまで書いたら一度突入せなんといけませんね

f:id:willie_boo:20200113172817j:plain少し進むと、左側に太平洋マテリアルの寮、右手には公園 

 

f:id:willie_boo:20200113172935j:plain

この公園にトイレありますので

f:id:willie_boo:20200113173008j:plain

さらに進むと

交差点・・・二重丸方向に進む

ただし、太平洋マテリアル所有地につき立ち入り禁止の看板あり

ですので、自己責任でお願いします

f:id:willie_boo:20200113173927j:plain

さらに進むと車止め

f:id:willie_boo:20200113174019j:plain

この車止めから2分でこの指導票

6年前に登った時にはこのよう親切な指導票がなかったので林道経由で歩きましたが山道方向に進むとかなりのショートカットできます。

間違いない(笑)3年前に山道登ったのでよくわかります

f:id:willie_boo:20200113174121j:plain

出だしはちょいと急です

f:id:willie_boo:20200113174434j:plain

暑がりの私は、ここで上着とミドルレイヤー脱いでシャツ一枚になる

 

f:id:willie_boo:20200113174457j:plain

向山稲荷神社を右手に見て進む

f:id:willie_boo:20200113174611j:plain

ここで、あることに気が付く

スロースターターの私はこんな登りでも息が切れるが今日は、まったく切れない。それより元気

f:id:willie_boo:20200113174724j:plain

林道との合流が見えてきた

f:id:willie_boo:20200113174941j:plain

今日は意外といけちゃうかも

とこの時は思った・・・・毎回そんなこと言ってますね

さぁ~どうするよ?booちゃん

f:id:willie_boo:20200113175040j:plain

一度も歩いたことのない林道あるいちゃう?

そうだそうだそうしょう

てっことで林道を歩いてみた

f:id:willie_boo:20200113175307j:plain

この林道勝峰山(かっぽやま)線と呼ばれているようです

f:id:willie_boo:20200113175356j:plain

よくよく考えてみたら、林道と言っても登りなんよね

f:id:willie_boo:20200113175744j:plain

淡々と歩くしかない・・

もしかすると頭上の広場のような場所、勝峰山に向かう途中にある広場かしら

f:id:willie_boo:20200113175933j:plain

林道を進む

f:id:willie_boo:20200113180142j:plain

飽きっぽい性格の私・・・林道歩きに少々疲れてくる

f:id:willie_boo:20200113180834j:plain広場のような場所に出る

ここか直進して突き当りを左方向に進む

f:id:willie_boo:20200113180949j:plain

指導票に従い進む

f:id:willie_boo:20200113181105j:plain

右上は広場のような場所

f:id:willie_boo:20200113181347j:plain

腰掛椅子のあるので休憩にはいいところです

f:id:willie_boo:20200113181439j:plain

ここか先は、山道

f:id:willie_boo:20200113181533j:plain

血の池

f:id:willie_boo:20200113181949j:plain

平将門伝説に由来する池なのだろうか?

どこか池だかわかりません

f:id:willie_boo:20200113182154j:plain

ここが以前は池だったのか?はたまたこのくぼんだ所が池だったのか

f:id:willie_boo:20200113182246j:plain

左側に鈴石

由来は、この石は過去、何度もなくなったり池に落とされたりしたが、そのたびに元の位置に戻ったという。「鈴が御前石」ともいわれ、将門の愛娼の名前に由来するという言い伝えがあるようです

f:id:willie_boo:20200113182315j:plain

さらにつづら折りの道を進む

f:id:willie_boo:20200113183034j:plain

右側が柵の道

f:id:willie_boo:20200113183119j:plain

私の記憶が正しければここをくぐれば山頂近し

f:id:willie_boo:20200113183231j:plain

思っていた通り

f:id:willie_boo:20200113183338j:plain

勝峰山山頂到着

の前に左側に鎧塚

f:id:willie_boo:20200113183503j:plain

将門伝説案内板

f:id:willie_boo:20200113183549j:plain

山頂には、小祠

 

f:id:willie_boo:20200113183641j:plain

山頂標

 

f:id:willie_boo:20200113183722j:plain

 

遠くには大岳山の山容が・・

待ってろよ!今年は体調がいいようです。行きますよ

 

f:id:willie_boo:20200113183846j:plain

次に続く

2020年最初の満月は、ウルフムーン

本当なら04:22が令和2年の最初の満月なんですが 残念

起きれませんでした。と言うことで、先ほどちょいずれ満月写しました

1月の呼び名は、 Wolf Moon(ウルフムーン)を呼ばれているようです。

太陽ではなく月に吠えろですね。

f:id:willie_boo:20200111200457j:plain

 

 

今年のお題は、多摩百山を何座まで登れるかです

昨年は、ほとんど登ることが出来なかった。

結局

①浅間岳--------------2019年6月30日

②三方山--------------2019年8月4日

③辛垣山--------------2019年8月4日

雷電山--------------2019年8月4日

高水山--------------2019年8月13日

⑥岩茸石山-----------2019年8月13日

惣岳山--------------2019年8月13日

➇高尾山--------------2019年8月16日

⑨小仏城山-----------2019年8月16日

⑩景信山--------------2019年8月16日

⑪堂所山--------------2019年8月16日

陣馬山--------------2019年8月16日

⑬雹留山--------------2019年8月17日

網代城山-----------2019年8月17日

⑮赤ぼっこ-----------2019年8月25日

⑯天竺山--------------2019年9月28日

⑰唐松山--------------2019年9月28日

で、実質7日で17座

残り、83座

頑張らないと書きつつも、すでに今日は1月5日

プロレス展に行っている暇があれば山登りなさいよ言われちゃいそうですが、せめて、年内半分くらいは登りたいものです。

 

 

 

ジャイアント馬場20thメモリアル第3弾~を見に東急百貨店本店へ②  2020/01/02

次は、ポスターが沢山あり、その中の好きなレスラーを紹介します

このポスターの小橋選手の下に、現在もリハビリが続いている高山選手も参加しています

f:id:willie_boo:20200105120103j:plain

アブドーラ・ザ・ブッチャー

今は亡き、三沢光晴さんやジャンボ鶴田さん・・

f:id:willie_boo:20200105120814j:plain

スタン・ハンセン

f:id:willie_boo:20200105120954j:plain

これまた豪華なメンバー

リック・フレアー

リック・マーテル

ホークとアニマルのザ・ロードウォーリアーズ

ドリーとテリーのファンク兄弟

テリー・ゴディ

ミル・マスカラス

 

f:id:willie_boo:20200105121121j:plain

天竜源一郎さん

キラー・カーンさん(モンゴリアンチョップが得意技)

長州力さん

ラッシャー木村さん

アニマル浜口さん

ザ・グレート・カブキさん

f:id:willie_boo:20200105121442j:plain

タイガー・ジェット・シン

キラー・トーア・カマタ

(確か最初は、国際プロレスに参戦したいたはず)

 

f:id:willie_boo:20200105121737j:plain

ハンセンとブロディ・・

蔵前国技館の桝席で見ました。天竜さんに見舞ったウエスタンラリアット

ド迫力でしたね

f:id:willie_boo:20200105122100j:plain

アラビアの怪人

ザ・シーク(リング外で戦うことが多い選手でしたね)

タイガー戸口さん

戸口正徳キム・ドク・タイガー戸口・タイガー・チャン・リーと

名前が変わっていきましたね

f:id:willie_boo:20200105122311j:plain

上田馬之助さん(アントニオ猪木との釘板デスマッチは衝撃的でした)

f:id:willie_boo:20200105122928j:plain

人間発電所ブルーノ・サンマルチノ

カナディアンバックブリーカー・ベアハック・・力がけた外れに強い選手 

f:id:willie_boo:20200105123231j:plain

ボボ・ブラジル・・・大木金太郎との頭突き対決がありましたね

f:id:willie_boo:20200105123352j:plain

ハリー・レイス・・ミスタープロレス

ブレーンバスターとコーナーポストから、頭で相手の鎖骨あたりにダイブする技(なんていったかな?)が凄かった。確かドリーファンク兄弟からNWAベルト奪取したと思います。違うかな?

ジミー・スヌーカ・・・世界最強タッグでブロディと仲間割れして、ハンセンからウエスタンラリアット喰らっちゃいましたね

f:id:willie_boo:20200105123626j:plain

大木金太郎さん

日本プロレス崩壊ののち、アントニオ猪木ジャイアント馬場と連続して挑戦していました。

f:id:willie_boo:20200105124622j:plain

輪島大士さん・・・天竜さんからチョップやキックを雨嵐と喰らっていました。「おしん」のように耐えている姿があります

f:id:willie_boo:20200105124811j:plain

このポスター見ながら思い出してきました。

鉄の爪 フリッツ・フォン・エリック

ディク・ザ・ブルーザーとクラッシャー・リソワスキー

ジン・キニスキー

ルー・テーズとカール・クライザー

ペドロ・モラレス

ドン・レオ・ジョナサン

キラー・コワルスキー

キラー・カール・コックス

他にもたくさんいますけど今日はこの辺で

最後に、ジャンボ鶴田さん

f:id:willie_boo:20200105130458j:plain

 

ジャイアント馬場20thメモリアル第3弾~を見に東急百貨店本店へ① 2020/01/02

子供の頃からプロレスが好きで、大学生ぐらいまでテレビで見たり、両国国技館後楽園ホールに観戦に行きました。

最近のプロレスはさっぱりで、忘れかけていた時、東急百貨店本店でタイトルの展示会があるというので見にいきました。

はやる気持ちを押さえて、3階のイベント会場へ。

この案内板を見ているだけで興奮してくる(笑)

f:id:willie_boo:20200103172239j:plain

入口に入り正面に、G馬場さんのガウン

f:id:willie_boo:20200103172311j:plain

そして、靴・・・

頭の中で、リングに登場する時のG馬場さんの入場曲「王者の魂」が蘇る

すっかり童心に帰り気分は最高潮

16文キック・32文ドロップキックを思いだす

そう言えば、G馬場さんにドロップキックを教えたのは、ペドロ・モラレスとジャイアント台風という漫画で読んだっけ・・・

 

f:id:willie_boo:20200103173328j:plain

おっと!今度はチャンピオンベルト

PWFヘビー級ベルトだ・・・

f:id:willie_boo:20200103174138j:plain

インターナショナル・ヘビー級ベルト

馬場さんが、日本プロレスを、退団して、大木金太郎さんが、ボボ・ブラジルとの一騎打ちに勝って一時保持していたと思う。

大木金太郎さんの、得意技は、「一本足原爆頭突き」今の時代だったらクレームが来る名前ですね

f:id:willie_boo:20200103174559j:plain

だんだんと、昔のことが蘇る・・・

UNヘビー級ベルト・・ジャンボ鶴田さんの代名詞のようなベルトで、その後は天竜源一郎さんに引き継がれましたね

f:id:willie_boo:20200103182014j:plain

これはアジアタッグベルト・・・

私の記憶では大木金太郎さんと吉村道明さんがが保持していたベルトのイメージが強いですね。ちなみに、吉村道明さんの自宅が私の実家の近くだったのでサインをもらいに行きました。最初は巡業中でNGだったんですが、奥様から何月何日ならいるからいらっしゃいと教えて頂いて、その日に再びお邪魔してサイン頂きました。

 

f:id:willie_boo:20200103182842j:plain

 

ベルとではないのですが、2代目タイガーマスクのマスクです

今は亡き三沢光晴さんが被られていたものですね。

f:id:willie_boo:20200103184241j:plain

馬場さんの写真もあります

f:id:willie_boo:20200103184701j:plain

今日はこの辺で

 

高尾山内八十八大師巡礼証を頂きに高尾山に登る 2019-12-22

天気も思わしくなく、底冷えのする12月22日に高尾山に登ってきました。

体力ない私にはちょうど良い標高のお山だと思います。

f:id:willie_boo:20191223174356j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。 (承認番号 平23情複、 第57号)」

f:id:willie_boo:20191223174528j:plain

タイム:1時間57分

距離:7.6キロメートル

登り⤴:483M

下り⤵:482M

先週に比べ、天気がイマイチぱっとしないので駐車場も空きスペースがあります

f:id:willie_boo:20191223175109j:plain

サクサク登って早く帰ろう・・・寒いからね・・・

???山登る人が寒いとな。まったく持って根性ないんですよ。私!!

(7:30)

f:id:willie_boo:20191223175254j:plain

サブちゃん行ってきますね

f:id:willie_boo:20191223175342j:plain

今日は稲荷山コースから山頂目指します

がい沢を渡り

f:id:willie_boo:20191223175428j:plain

出だしの急な階段で心が折れる

f:id:willie_boo:20191223175501j:plain

どうにか登り切った先の小さな台地が稲荷山

旭稲荷がまつられています。

そこからきつい木の階段が続く

露岩帯も現れ

f:id:willie_boo:20191223175911j:plain

ゼイゼイハァハァ言いながら展望地へと続く階段までどうにか到着

f:id:willie_boo:20191223180149j:plain

東屋のある展望地に到着

f:id:willie_boo:20191223180221j:plain

途中途中にある階段道を進み

f:id:willie_boo:20191223180312j:plain

高尾山山頂へと続く急な階段を、ゆっくりと登る

f:id:willie_boo:20191223180436j:plain

???全然期待していなかった霊峰が・・・

お姿を現す・・・これはラッキー

f:id:willie_boo:20191223180541j:plain

山頂のこの時間(8:29)

一時間掛かってしまった・・・

山頂は、ほとんど人がいません

f:id:willie_boo:20191223180752j:plain

山頂標の前で写真を撮るのに行列もなし

f:id:willie_boo:20191223180834j:plain

歩くのをやめると体が冷えるのでさっさと山頂を後にする

f:id:willie_boo:20191223180937j:plain

山内は、お正月の準備でしょうか?明かりが用意されています

f:id:willie_boo:20191223181042j:plain

奥の院脇を歩く

f:id:willie_boo:20191223181111j:plain

天狗さん 迫力ありますね

f:id:willie_boo:20191223181156j:plain

こんなにぶ太い腕と、剛脚を備えた登山者になりたいものですが・・・

軟弱で困ります

 

f:id:willie_boo:20191223181214j:plain

さぁ!今日のお題、御護摩受付所で、タイトルの通り八十八体大師巡礼証を頂きます

f:id:willie_boo:20191223181709j:plain

f:id:willie_boo:20191223181726j:plain

f:id:willie_boo:20191223181742j:plain

 

さぁ~帰りますかね

f:id:willie_boo:20191223181851j:plain

一号路を使い不動院まで下る

弘法大師様に無事に下山出来たことの感謝を伝え

f:id:willie_boo:20191223181928j:plain

駐車場に戻る(9:27)

f:id:willie_boo:20191223182056j:plain