I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

日ノ出山歩き(顎掛岩からクロモ上見晴台)2021/10/30

顎掛岩を後にして、日の出山へと向かう。途中やせ尾根が出てくる

f:id:willie_boo:20211101195848j:plain

やせ尾根を通過すると道の先には木段道が現れた

f:id:willie_boo:20211101195945j:plain

再び前方が開けた場所が出て来る。ここまでくるとこの先にある、林道から登って来る道との分岐は近い。

f:id:willie_boo:20211101200129j:plain

まずはこの平坦な道

f:id:willie_boo:20211101200339j:plain

そして木の根の張り出した緩やかな登りの終わりには

f:id:willie_boo:20211101200635j:plain

左から延びる林道から登って来る新道との合流地点になる。

f:id:willie_boo:20211101200602j:plain

ここは、右手へ

f:id:willie_boo:20211101200911j:plain

この辺りから、開放感のある道が山頂まで続く

f:id:willie_boo:20211101200934j:plain

夏場であればギラギラ照り付ける太陽の日差しが容赦なく暑さにめっぽう弱い私から体力を奪い取って行くのだが、少し汗ばむくらいでちょうどいい感じで歩くことが出来た。

f:id:willie_boo:20211101201110j:plain

この三差路は、

右手は日の出山へと続く道

直進は御岳山の巻道

そして左手は、金毘羅尾根へと続く道になる

f:id:willie_boo:20211101201438j:plain

金毘羅尾根の様子に興味があれば、覗いてください

↓↓↓↓↓↓

willie-boo.hatenablog.com

 

石段を登って行くと

f:id:willie_boo:20211101202153j:plain

しばらく、木段道が続く・・

f:id:willie_boo:20211101202234j:plain
f:id:willie_boo:20211101202243j:plain

イカーに休憩を与えてくれるために大木が横たわるように現れた

f:id:willie_boo:20211101202252j:plain

さぁ~ここで休憩後は再び歩くのだ!(笑)

f:id:willie_boo:20211101202300j:plain
f:id:willie_boo:20211101202308j:plain

登り切るとそこは「クロモ上見晴台」になる

f:id:willie_boo:20211101202316j:plain

続く

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

日ノ出山歩き(つるつる温泉駐車場から顎掛岩)2021/10/30

日ノ出山山頂からは、富士山はちょっぴりしか見れないが

f:id:willie_boo:20211101194712j:plain

それを除けば天気が良ければ山頂から周りの山々は楽しめる。つるつる温泉の駐車場には、先客さんの車が二台。その後準備をして出発する頃には二台ほど車が来た。

f:id:willie_boo:20211101190927j:plain

車で来た道を少し戻ると、丁字路があるのでここは、右方向へ

f:id:willie_boo:20211101191040j:plain

もちろん指導標もあるので迷うことはない

f:id:willie_boo:20211101191146j:plain

伐採よって等間隔に延びている木々に囲まれた道を道なりに歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211101191205j:plain

左手にキャンプ場が現れ

f:id:willie_boo:20211101191344j:plain

舗装道がしばらく続く

f:id:willie_boo:20211101191422j:plain

右手に民家が見えてくると橋があるので渡り

f:id:willie_boo:20211101191523j:plain

橋の欄干の上に蛙さんが・・・無事に帰るの意味があるのかな?かなり精巧に出来ていた。以前は、海老さんもいたのだが今はどこかに行ってしまったようだ

f:id:willie_boo:20211101191740j:plain

橋を渡ると、登山道(旧道)と林道(新道)の分岐

f:id:willie_boo:20211101192048j:plain

その手前には、掲示板・・・毎回気になる「忍者募集の張り紙」

f:id:willie_boo:20211101192116j:plain

入口にはチェーンが張られていたので、少し先から回り込むと、

f:id:willie_boo:20211101193101j:plain

正面に小さな木造りの社があり、左手にすすむ

f:id:willie_boo:20211101192431j:plain

出だしから緩やかな登りが続く

f:id:willie_boo:20211101193138j:plain

しばらく九十九折に少しずつだが高度を上げていく

f:id:willie_boo:20211101193205j:plain

人気の山なのでたくさんのハイカーに踏まれ歩きやす道。もちろん日の出山の会の方々が手入れをして頂いているのだろう。

f:id:willie_boo:20211101193308j:plain

木段階が出て来る

f:id:willie_boo:20211101193515j:plain

乗り切ると、指導標に日の出山まで1.7㌔の表示があった。

f:id:willie_boo:20211101193742j:plain

5分ほどすると、木の根の張り出した道が出て来るが、歩きずらいほどではない

f:id:willie_boo:20211101193843j:plain

前方から日差しが差しこむ場所が出て来ると

f:id:willie_boo:20211101193957j:plain

馬頭観世音の石碑が現れ、

f:id:willie_boo:20211101194052j:plain

石碑の横には、顎掛岩がある。

f:id:willie_boo:20211101194200j:plain

f:id:willie_boo:20211101194217j:plain

この辺りは、開けた場所でもありベンチが設置されているので休憩するのもいいだろう

f:id:willie_boo:20211101194348j:plain

ベンチ脇の指導標には日の出山まで1.2キロと表記されている

f:id:willie_boo:20211101194428j:plain

続く

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

1000円ガチャ見つけた!!

天気も芳しくないので、福生駅から羽村丘陵を雨が降る前に軽く歩いた。コースの紹介は何度も行っているので、ブログをアップするのは辞めようと考えていたが思いがけなく1000円ガチャを発見する。写真のような豪華賞品をゲットできるか悩んだが今回は写真だけでやめておいた。

f:id:willie_boo:20211031143615j:plain

「夢の世界へスタート!お好きなボタンを押して下さい」とたくさんのボタン(16個)と「お札は表側を上にして投入してください」と書かれている。さらに苦情先なども明記されており意外と良心的な自販機なのかもしれない。

f:id:willie_boo:20211031143620j:plain

時を改めて、挑戦してみるかな?

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

つるつる温泉営業開始前に、日の出山往復(digest 版)2021/10/30

なぜ、「つるつる温泉営業開始前に」とタイルとに書いたかと言うと以前、ホームページに登山者の長時間の駐車は遠慮してくださいと書かれていたので営業時間の前に往復することにした。日の出山は、山頂直下にはトイレもあり、標高は853Mほどの山で奥多摩入門コースでもあるので気軽に登れる山である。まずは、いつもの備忘録用にコースタムからアップしていきたい。

では、この日のおさらいから

行 程(休憩時間を含んだ到着時間)

06時50分----つるつる温泉駐車場   
所要時間(00時間11分)
07時01分----登山道入口
所要時間(00時間15分)
07時16分----日の出山まで1.7キロメートル表示
所要時間(00時間10分)
07時26分----顎掛岩
所要時間(00時間01分)
07時27分----日の出山まで1.2キロメートル表示
所要時間(00時間12分)
07時39分----林道との分岐
所要時間(00時間07分)
07時46分----クロモ上見晴台
所要時間(00時間10分)
07時56分----日の出山山頂
所要時間(00時間05分)

f:id:willie_boo:20211030203109j:plain

08時01分----トイレ
所要時間(00時間10分)
08時11分----林道分岐
所要時間(00時間07分)
08時18分----平井川の源
所要時間(00時間22分)
08時40分----つるつる温泉駐車場

足跡

f:id:willie_boo:20211030203035j:plain



「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。(承認番号 平23情複、 第57号)」

グラフ

 

f:id:willie_boo:20211030202859j:plain



 

<YAMAP DATA>

合計時間 距   離  累積標高(+)  累積標高(-)
1時間51分
6.0km
590m
591m

<YAMAPデータをKASHIMIRで取り込みDATA>

距  離 沿面 距離  累積標高(+)  累積標高(-)
6.203km
6.3587km
628m
629m
f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

山内新四国八十ハ箇所展望台に設置された「幸せの鐘」の響きを聞きに即清寺へ2021/10/24

吉野園地駐車場に車を停めて、即清寺へ向かう

f:id:willie_boo:20211026194757j:plain

霊場巡りの前に、お大師さまにご挨拶

f:id:willie_boo:20211026194834j:plain

何度か八十八箇所霊場巡りをさせて頂いているので、今回は順番通りに歩かずに気の向くまま、八十八番の先にある展望台に向かった

f:id:willie_boo:20211026194937j:plain

入り口には、お助け杖と、札所マップが設置されている

f:id:willie_boo:20211026195218j:plain

渡り廊下の下をくぐり、石階段を登る

f:id:willie_boo:20211026195607j:plain

ここから先は、昨年霊場巡りのブログがあるので参考までに

willie-boo.hatenablog.com

 

willie-boo.hatenablog.com

 

willie-boo.hatenablog.com

 

willie-boo.hatenablog.com

 

willie-boo.hatenablog.com

八十八番のご本尊である薬師如来様にご挨拶を済ませて、「幸せの鐘」が設置されている

f:id:willie_boo:20211026195843j:plain

展望台へと向かう

f:id:willie_boo:20211026200127j:plain

木の根の張り出した少し急な道を登ると

f:id:willie_boo:20211026200200j:plain

展望地への案内板が正面に見えてくる

f:id:willie_boo:20211026200249j:plain

鐘の鳴らし方が書かれていた。

f:id:willie_boo:20211026200347j:plain

これが、「幸せの鐘

f:id:willie_boo:20211026200528j:plain

この鐘を設置するにあたり、設置道具や鐘・フレーム・セメントを運んでいただいた方のご苦労には頭の下がる思いである。

f:id:willie_boo:20211026201053j:plain

早速、「幸せの鐘」を3回たたかせて頂いた。周りが開けている分いい音色で鳴り響いた。

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

「多摩川酒蔵街道」5つの酒蔵巡り③石川酒造編

下車駅は、青梅線の「拝島駅」の南口。

f:id:willie_boo:20211024191151j:plain

 

f:id:willie_boo:20211024191215j:plain

国道16号線方向に歩いて、武蔵野橋南交差点を渡る。

f:id:willie_boo:20211024191223j:plain

しばらく道なりに歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211024191232j:plain

内出交番前交差点が出て来るので、ここを向こう側に渡る

f:id:willie_boo:20211024191242j:plain

少し歩くと、看板が出て来るので、左折。いろいろとこの辺りは道が錯綜しており、「石川酒造」さんにはどこコースを使っても到着するのだが一番この道が分かりやすい

f:id:willie_boo:20211024191251j:plain

しばらく歩くと突当りになるので、ここは右手に

f:id:willie_boo:20211024191302j:plain

矢印まであるので、迷子になることはない

f:id:willie_boo:20211024191316j:plain

頭上をパイプが通っている下を通り、右側には駐車場もある

f:id:willie_boo:20211024191326j:plain

f:id:willie_boo:20211024191338j:plain

かみさんは、そこそこ歩いて来たのでアワアワタイムが待ち遠しいようです

f:id:willie_boo:20211024191347j:plain

入口にを入り左側には、夫婦欅

f:id:willie_boo:20211024191354j:plain

f:id:willie_boo:20211024191400j:plain

この日、「石川酒造」ではイベントがあり生演奏中であった。もちろんソーシャル・ディスタンスを保つ意味でテーブルも少なかったのだが来場者は、思い思いアワアワやおつまみを片手に楽しんでいた。かみさんはと言うと、酒蔵見学は次の機会にすると言ってお土産物屋さんに突入

f:id:willie_boo:20211024191407j:plain

外には、露天が出ており

f:id:willie_boo:20211024191415j:plain

たる酒量り売り。「多摩の恵」量り売り

f:id:willie_boo:20211024191420j:plain

さらには、「豚まん」「ピザまん」も販売していた。

f:id:willie_boo:20211024191434j:plain

11月にもイベントがあるので、今度こそ酒蔵見学をしたいものである。

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

「多摩川酒蔵街道」5つの酒蔵巡り⓶ 中村酒造編

◆中村酒造◆
住 所:東京都あきる野市牛沼63 
代表者名:中村八郎右衛門(18代目)
創 業:文化元年 1804年 銘 柄:千代鶴

武蔵五日市線秋川駅で下車、停車駅は

拝島⇒熊川⇒東秋留⇒秋川となり、拝島からは3つ目の駅で電車を降り、南口へ

f:id:willie_boo:20211024180554j:plain

駅を背にして、左手に進む

f:id:willie_boo:20211023202127j:plain

道なりに歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211023202133j:plain

やがて、滝山街道と道を合わせるので、ここも右手へ

油平交差点と油平駐在所交差点を直進

f:id:willie_boo:20211023202144j:plain

やがて、右側に黒塗りの木の塀が出て来る。ここが「中村酒造」

◆公式ホームページによると歴史は◆
中村家は慶長以前400年以上前より当地に住み、現当主は十八代目にあたり、文化元年(1804年)より酒造業を興して200年余、酒造りを始めて現在十代目となります。 仕込蔵は江戸時代に建築された土蔵と、一年を通じて10度以下に保たれる空調完備の近代蔵の両方の特長を活かし醸造しています。

 

f:id:willie_boo:20211023202149j:plain

入り口には「酒林(さかばやし)」

f:id:willie_boo:20211023202156j:plain

f:id:willie_boo:20211023202204j:plain

立派な門構えをくぐり

f:id:willie_boo:20211023202210j:plain

道なりに進んで行く

f:id:willie_boo:20211023202216j:plain

正面は、酒倉入口になる

f:id:willie_boo:20211023202222j:plain

資料館は、一旦先ほどの門を出て右手に歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211023202227j:plain

酒造り資料館がある

f:id:willie_boo:20211023202241j:plain

入り口には、この看板が・・・へへへへ今日はこんなこともあろうかと徒歩です

◆銘柄「千代鶴」の由来◆
公式ホームページによるとその昔、秋川流域に鶴が飛来した事があり、これに因んで縁起の良い名前「千代鶴(ちよつる)」を銘柄としたようです。

f:id:willie_boo:20211023202248j:plain

中にお邪魔すると、入り口には、

f:id:willie_boo:20211023202252j:plain

酒造り用具や各種資料が展示されている。一つ一つ見ている間に、かみさんはすでに試飲を開始中だった。

f:id:willie_boo:20211023202300j:plain

かみさんが、購入したものはこれ!!口当たりがよくてこれにしたそうです。

f:id:willie_boo:20211024183308j:plain

来た道戻り、武蔵五日市線秋川駅へ。お次は、石川酒造

f:id:willie_boo:20211023202308j:plain

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

「多摩川酒蔵街道」5つの酒蔵巡り①

先に結果から

2つの酒蔵で撃沈・・・

最寄り駅でこのようなパンフレットを入手。いつ行こうかいつ行こうかと思案している内にもうすぐ11月になる今日、朝起きると山に登るには少し遅めの起床で、上記のお題を実行した。

f:id:willie_boo:20211023195902j:plain

f:id:willie_boo:20211023195911j:plain

5つの酒蔵の内、野崎酒造さんはスタンプ設置はないので実質4つの酒蔵を回るラリーになる。自分的に言えば最も危険な(笑)酒蔵さんは小澤酒造さんと石川酒造さんになる、何が危険かと言えば、お分かりになる人も多いかも知れないが、きき酒処がとても充実していることであります。充実していると言うことは、おつまみもさることながら腰を据えて飲むお店もあると言うことです。以前お邪魔した小澤酒造さんは、今回はパスさせて頂いて中村酒造さん⇒石川酒造さん⇒田村酒造さんの順に回るコースを設定していざ出発。珍しいことにかみさんも一緒に回るとのことで二人旅。では中村酒造さんからスタート

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

ナイトハイク in 高尾山(稲荷山尾根) 2021/10/16

土曜・日曜と予定があり、金曜日にナイトハイクを楽しんだ。目的地は599Mの高尾山。コースは、いろいろと迷ったがこの日は稲荷山コースにした。平日のこの時間にも関わらず車は思っていたほど多かった。

16時57分----駐車場

f:id:willie_boo:20211017174332j:plain所要時間(00時間02分)

16時59分----高尾山口駅

f:id:willie_boo:20211017142249j:plain

ケーブルカー「きよたき駅」にイルミネーションが点灯しているは初めて見た。今日は、稲荷山尾根コースなので左手の沢に掛かった橋を渡り、指導標に従い急な木段道に取り付く。

所要時間(00時間04分)

17時03分----稲荷山コース入口
f:id:willie_boo:20211017142310j:plain
f:id:willie_boo:20211017142319j:plain

女性のハイカーが前を歩いていたので、軽く挨拶をして追い越した。まだこの時間帯は昼間の暑さが残っており、階段道を進んで行くと汗が吹き出してきた。

f:id:willie_boo:20211017142358j:plain

階段をひと登りして広場のような場所には旭稲荷

f:id:willie_boo:20211017142431j:plain

所要時間(00時間03分)

17時06分----旭稲荷

ここから、しばらく道はきつくなるが時折、平坦な道もあり一息つける。

f:id:willie_boo:20211017151202j:plain

だんだんとあたりが暗くなり、「あずまや」と巻道の分岐辺りで、月明かりだけでは少々足元が不安になって来たので

f:id:willie_boo:20211017151212j:plain

階段を急いで登りここで、ヘッドランプを装着した。

f:id:willie_boo:20211017151303j:plain
f:id:willie_boo:20211017151313j:plain

所要時間(00時間23分)

17時29分----あずまや

あずまやを後にしてヘッドランプの明かりだけを頼りに山頂を目指す。やはり夏場ではないので日が暮れて来ると急に気温は下がる。道は緩やかな登りと木段道をクリアすると、自然研究路6号路との分岐と道を合わせる

f:id:willie_boo:20211017151350j:plain

稲荷山方面に進む

f:id:willie_boo:20211017151409j:plain

所要時間(00時間21分)

17時50分----自然研究路6号路との分岐

6号路の分岐を過ぎたあたりから道がやや泥濘にかわり、道の状態を注意深く見て歩かないと足を滑らしすってんころりんなんて羽目になりそうだった。そうこうしていくうちに、下の標識の分岐が現れる。

f:id:willie_boo:20211017173545j:plain

ここは、階段道を選択

f:id:willie_boo:20211017173612j:plain

所要時間(00時間10分)

18時00分----階段直下の分岐

急な木段道を登り切れば高尾山の山頂だ

f:id:willie_boo:20211017173641j:plain
f:id:willie_boo:20211017173631j:plain

10人ほどハイカーが休憩しており少し驚く。さすがに、ミシュランお山。残念ながら今回も1時間切りは出来ず・・・

f:id:willie_boo:20211017173657j:plain

所要時間(00時間04分)

18時04分----高尾山

帰りは、いつもの富士道を使い、一号路で下山

f:id:willie_boo:20211017173720j:plain
f:id:willie_boo:20211017173737j:plain

 

f:id:willie_boo:20211017173743j:plain

霞台園地脇を通り

f:id:willie_boo:20211017173802j:plain

一号路へ。

f:id:willie_boo:20211017194622j:plain

 

f:id:willie_boo:20211017194702j:plain
f:id:willie_boo:20211017194709j:plain
f:id:willie_boo:20211017194716j:plain
f:id:willie_boo:20211017194722j:plain


所要時間(00時間50分)

18時54分----駐車場

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

オチビーズ今年二度目の御岳山に挑む だんごどうから長尾平  2021/10/03

「だんごどう」を後にして、オチビーズ「ストック」に興味があるようで、かみさんに杖を貸してくれとせがむ。オチビーズの背丈にストックを合わせてもらいリスタート。

f:id:willie_boo:20211010181227j:plain

あれま!オチビーズ姉は手を腰にあてて、おばあさんになっちまった風に歩き始めた。

f:id:willie_boo:20211010181246j:plain

少し歩いて、道の右側にあるビジターセンターでトイレ休憩。このビジターセンターは、緊急事態宣言発出中は、閉じられており、やっと再開したばかり。ビジターセンターは、階段の上にあるので着くまでは階段に設置された手すりにつかまり歩いて行く

f:id:willie_boo:20211010181306j:plain

ビジターセンターでトイレを済ませ、再び歩き始めるのだが人出が多くなって来たので、マスクを着用した。

f:id:willie_boo:20211010181328j:plain

こちらのオチビーズ妹は、花が好きなので花を見つけると急に立ち止まり、鑑賞会を繰り返す。意外とこれが続くと大人はくたびれる

f:id:willie_boo:20211010181351j:plain

お茶屋さんが左右に立ち並ぶ道を歩いて行くと、大鳥居があり、大鳥居をくぐると急な階段が出て来る

f:id:willie_boo:20211010181414j:plain

オチビーズ達は、淡々と文句ひとつ言わずに登り切る。この日は武蔵御嶽神社には寄らずに、長尾平へ向かい

f:id:willie_boo:20211010181435j:plain

長尾平でお昼タイム

f:id:willie_boo:20211010181450j:plain

お昼を食べ終わり、“チョコプラ”の物まねTT兄弟踊りを始める

f:id:willie_boo:20211010181517j:plain

前回、下のオチビーズ長尾平で寝てしまったが、この日は元気よく走り出す

f:id:willie_boo:20211010181538j:plain

体力が有り余っているようで、よじ登ろうとするのでここは登るところではないよと言い聞かす

f:id:willie_boo:20211010181555j:plain

帰りもビジターセンターでトイレをお借りして、オチビーズ二人とかみさんはケーブルカーで下山

f:id:willie_boo:20211010181612j:plain

私は一足先に滝本駅に到着して、三人を待って駐車場に戻り帰宅。

f:id:willie_boo:20211010181623j:plain

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

オチビーズ今年二度目の御岳山に挑む 滝本駅からだんごどう  2021/10/03

今日は、オチビーズもいることなのでケーブルカー始発駅の滝本駅近くの駐車場に駐車ここの、駐車場のおじさんとても良い人で一度は会ってほしいね。駐車場が珍しくがら空きだったので適当な場所に停めようとすると、ここに停めな!とこの場所を指定。どこだっていいんでないと思ったが、言われたとおりに停車。車を停めた後にここに停めるといいことあるからと言われた。この時はよくわからなかったが、ネタ晴らし先にすると、下山後日影になって車の中がちょうどいい塩梅だった。

f:id:willie_boo:20211005195456j:plain

まずは、滝本駅へと向かうほんの少し登りの道を進む。この日は、オチビーズの両親は所要がありいません。要は、ジジババと孫登山。

f:id:willie_boo:20211005195508j:plain

左側のタイムス駐車場は、空きが2台ほど・・・紅葉の時期は、7時前には満車でしょうね。

f:id:willie_boo:20211005195518j:plain

駐車場は他にもあるので、ご参考までに

 

willie-boo.hatenablog.com

まだ、ケーブルカーの発車時刻ではないので、シャッターは閉まっています。が、駐車場待ちの車は6台ほど

f:id:willie_boo:20211005195534j:plain

下のオチビーズ、いきなりじいたん手を繋ごうと言われ、ほんの少しこっぱずかしい

f:id:willie_boo:20211005195544j:plain

このコースを歩くと必ず書くのだが、中里介山さんが書かれた「大菩薩峠」の出だしに出て来る、主人公「机龍之介(つくえりゅうのすけ)」が、武州御嶽山の奉納試合において、相手方宇津木文之丞(うつきぶんのじょう)との戦いの際に通る禊橋を渡る。毎度のことで申し訳ないのだが、書かずにはおれないのでご容赦願いたい

f:id:willie_boo:20211005195556j:plain

さて、御岳山3.4キロ・・頑張って下さいね

f:id:willie_boo:20211005195608j:plain

相変わらずに元気のいい、オチビーズ姉。姉を追いかける妹

f:id:willie_boo:20211005195620j:plain

f:id:willie_boo:20211005195634j:plain

杉並木一号路大杉を見上げながら進む

f:id:willie_boo:20211005195649j:plain

一人旅の姉

f:id:willie_boo:20211005195707j:plain

爺馬鹿ですが、後ろから妹が遅れ気味になると少し待ちながら先に行かす姉。優しいのよ。

f:id:willie_boo:20211005195726j:plain

もちろん、途中途中でもぐもぐタイム。これが楽しみらしい

f:id:willie_boo:20211005195749j:plain

もぐもぐ終われば、こちらから急かさなくても自分たちで歩きだす

f:id:willie_boo:20211005195809j:plain

魚眼ふうに一枚

f:id:willie_boo:20211005195850j:plain

再び、もぐもぐタイム

f:id:willie_boo:20211005195910j:plain

あれま!!妹を私に預け、はるか先に進む姉。後ろから、妹叫べど返事無し(笑)

f:id:willie_boo:20211005195923j:plain

だんごどうで、小休止

f:id:willie_boo:20211007193550j:plain

f:id:willie_boo:20211005195937j:plain

お菓子と、ゼリー食べてエネルギー充電中

f:id:willie_boo:20211005200034j:plain

続く
f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

青梅線「宮ノ平駅」から青梅丘陵を歩く② 2021/09/25 

足も疲れたが、腕も疲れたのかもしれない。コンデジすらホールド出来ないとは・・

f:id:willie_boo:20211005185547j:plain

緩やかな登りから平坦な道に変わった。

f:id:willie_boo:20211005185653j:plain

指導標・・・下の指導標の書き込みは、矢倉台の矢の前に✖がついているので、この道を進んでも矢倉台には着かないと誤解すると思う。この指導標に従ってあるくと青梅丘陵の道に合流して、左手に進むと雷電山方向で右に進むと矢倉台なので、決して矢倉台につかないことはないのである。そのことが、右の書き込みは示しているのだろう。地図を見ながら歩けば迷うことはないのでこのような、落書きには惑わされないようにしたいものだ。

f:id:willie_boo:20211005185708j:plain

雷電山コースではなく、右手に延びる道を進んだ

f:id:willie_boo:20211005185802j:plain

ここまで歩いてきての、この緩やかな登り・・意外と堪えた

f:id:willie_boo:20211005185820j:plain

再び、平坦な道となる

f:id:willie_boo:20211005185841j:plain

木々が間伐によって等間隔に立ち並び、手入れの行き届いている道

f:id:willie_boo:20211005185901j:plain

この分岐は、左側の道を進めば、矢倉台直下に着く。標識はない

f:id:willie_boo:20211005185916j:plain

それなりの斜度のある道を登る

f:id:willie_boo:20211005185932j:plain

すぐに矢倉台に着くとたかをくくっていたが、なかなか矢倉台の東屋が見えてこない

f:id:willie_boo:20211005185954j:plain

まっすぐに伸びる登りがまだまだ続く

f:id:willie_boo:20211005190030j:plain

前方に見える、最後の登りの前に、休憩用のベンチあり。一度腰掛けると立ち上がるのに時間が掛かりそうなのでスルー

f:id:willie_boo:20211005190049j:plain

東屋の屋根が木々の間から姿を現す

f:id:willie_boo:20211005190104j:plain

矢倉台到着

f:id:willie_boo:20211005190122j:plain

青梅駅に向かってリスタート

f:id:willie_boo:20211005190138j:plain

しかし、永山入口まで、2.8キロもある。まったく侮れないコース

f:id:willie_boo:20211005190157j:plain

途中にある簡易式トイレ。ありがたいのだが・・・これ以上は書かない

f:id:willie_boo:20211005190213j:plain

ベンチがあったので、3分だけ充電した

f:id:willie_boo:20211005190229j:plain

道が舗装された道に変われば、入口までもう少し

f:id:willie_boo:20211005190245j:plain

ハイキングコース入り口に到着。矢倉台から約30分。短いと言えば短いが少し疲れた。

f:id:willie_boo:20211005190301j:plain

ここは、右手に曲がり

f:id:willie_boo:20211005190321j:plain

坂を下る

f:id:willie_boo:20211005190336j:plain

青梅駅に着くと、青梅線の登りが停車したので乗車した

f:id:willie_boo:20211005190347j:plain

興味があれば、亀脚君が歩いたコースタムが出ているので参考にしていただければ幸いです。

 

willie-boo.hatenablog.com

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

青梅線「宮ノ平駅」から青梅丘陵を歩く① 

2021/09/25青梅線宮ノ平駅」の階段を登る

f:id:willie_boo:20211004203153j:plain

階段を登り切ると、右側に「青梅丘陵ハイキングコース」の案内板

f:id:willie_boo:20211004203210j:plain

矢印に従って、階段を下り向こう側に出る

f:id:willie_boo:20211004203224j:plain

正面には、指導標あり。とても親切

f:id:willie_boo:20211004203235j:plain

しばらく歩いて行くと、ここでも指導標

f:id:willie_boo:20211004203247j:plain

正面は、私有地のようでアコーディオン フェンスがあり通行止め。少し迷ったが

f:id:willie_boo:20211004203258j:plain

指導標に気が付いて

f:id:willie_boo:20211004203310j:plain

さらに、地図まで・・・迷いようがないやさしさ

f:id:willie_boo:20211004203335j:plain

ゆるやかな登りからスタート

f:id:willie_boo:20211004203348j:plain

途中から道は、舗装道に変わり

f:id:willie_boo:20211004203403j:plain

左側がフェンスで囲まれた道を進む

f:id:willie_boo:20211004203422j:plain

途中数人の方が、これから登る方向から降りて来た。おそらく近所の方の散歩コースないかも知れない。なんで散歩コースと書いたかと言うと、ペットボトル1本しか持っていなかったのでそう感じた

f:id:willie_boo:20211004203438j:plain

やがて、道は二手に分かれる。ここは、左へ方向へ

f:id:willie_boo:20211004203502j:plain

緩やかな登りを進んで行くと右側に木の柵が出てきた

f:id:willie_boo:20211004204710j:plain

眺めが全くない道

f:id:willie_boo:20211004204810j:plain

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

馬引沢峠から、青梅線「宮ノ平駅」まで歩く 2021/09/25

馬引沢峠から2分ほどあるくと、馬頭観音に着く

f:id:willie_boo:20211002200157j:plain

馬頭観音については、大安寺公式ホームページには、こう書かれてあった◆
馬頭観音様は、馬が牧草を食むように、もろもろの悪を食い尽くし、たくさんの水を一気に呑み干すように私達の災厄を除くといい、厄除けの仏として信仰されます。馬頭明王様とか馬頭大士様ともいい、後には牛馬の守りとして無病息災を祈る対象にもなりました。

f:id:willie_boo:20211002200201j:plain

馬頭観音を後にして、10分ほどで分岐が出て来る。

f:id:willie_boo:20211002201008j:plain

ここは、指導標に従って、天狗岩・梅の公園方面の方向に大きく右手に曲がる

f:id:willie_boo:20211002201210j:plain

ゆるやかな坂道になり

f:id:willie_boo:20211002201312j:plain

下草が大勢のハイカーに踏まれた道を進むと

f:id:willie_boo:20211002201339j:plain

一時だけ、辺りが開けた場所に出る

f:id:willie_boo:20211002201508j:plain

周りは雲で覆われて景色を愉しめるわけでもなく、再び樹林帯に突入。少しすると、再び指導標がある

f:id:willie_boo:20211002201641j:plain

上の指導標から1分ぐらいで木段道が現れる

f:id:willie_boo:20211002201729j:plain

自分の記憶が正しければ、この階段状の道を登り切れば「赤ぼっこ」は近い

f:id:willie_boo:20211002201852j:plain

右手の「赤ぼっこ」方面に進み

f:id:willie_boo:20211002201958j:plain

f:id:willie_boo:20211002202032j:plain

「赤ぼっこ」に到着。ここまで休憩らしい休憩も取らずに歩いて来たので、少し休憩したいところであったがこの後、青梅丘陵に足を延ばす予定なので先を急いだ

f:id:willie_boo:20211002202058j:plain

この「赤ぼっこ」は、3等三角点標石がある。

f:id:willie_boo:20211002202225j:plain

もと来た道を戻り、天狗岩・梅の公園方面へ

f:id:willie_boo:20211002202512j:plain

まっすぐに伸びた道を歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211002202551j:plain

このような木の根の張り出した緩やかな登りが出て来る

f:id:willie_boo:20211002202650j:plain

登れば降る。奥多摩深層部のアップダウンに比べれは、何ともないのだが・・やはり疲れる

f:id:willie_boo:20211002202749j:plain

天狗岩との分岐が出来てきた、今日は天狗岩はスルーして和田橋・梅の公園方面に進んだ。天狗岩からは、日向和田の市街地がよく見渡せるので是非寄ってみて欲しい

f:id:willie_boo:20211002202910j:plain

またしても登り

f:id:willie_boo:20211002203127j:plain

登り切り11分ほどすると、道は木々に覆われた道になる。この道を通り過ぎると、伐採によって開けた場所になり再び、樹林帯に突入

f:id:willie_boo:20211002203210j:plain

少し滑りそうな道が現れるが、思っていたほど歩く難いことはなかった

f:id:willie_boo:20211002203411j:plain

登り切り、2分ほどで要害山に到着したのだが、要害山の標識はどこを探しても見つけることは出来なかった。

f:id:willie_boo:20211002203610j:plain

ここからは、道は緩やかな下りに変わり

f:id:willie_boo:20211002203745j:plain

さらに、露岩の下りが続いた

f:id:willie_boo:20211002203815j:plain

4分ほど歩いて行くと、再び分岐が出て来る。「梅ヶ谷峠(行き止まり)」方面に進むと愛宕山がある。今日は、スルーして和田橋・梅の公園方面に下る

f:id:willie_boo:20211002203952j:plain

トラロープが張られた道が出て来る。

f:id:willie_boo:20211002204230j:plain

特に急な下りでもないので、念のため滑りそうな場所だけ気をつけて歩いた

f:id:willie_boo:20211002204351j:plain

道を覆うように、両側に木の枝や草が伸びている道が出て来るが、僅かの間だけ我慢すれば

f:id:willie_boo:20211002204522j:plain

並木入林道に出る

f:id:willie_boo:20211002204655j:plain

並木入林道を4分ほど歩くと、大久野青梅線に出る

f:id:willie_boo:20211002205017j:plain

ここから、さらに1分ほどで、吉野街道と道を合わせ

f:id:willie_boo:20211002205116j:plain

吉野街道に出て右手に進み、和田橋を目指して歩いて行けば

f:id:willie_boo:20211002205245j:plain

やがて、青梅街道と道を合わせ、10分も歩けば宮ノ平駅に到着だ

f:id:willie_boo:20211002205419j:plain

時計を見ると、ちょうど東京方面の青梅線が到着する時刻だったがここは、我慢我慢で青梅丘陵へと続く道に進んだ

f:id:willie_boo:20211002205535j:plain

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

秋川街道から、二ツ塚峠を通り、馬引沢峠まで歩く 2021/09/25

秋川街道を渡り、向かい側の登りに取り付く。意外と急な登りが待ち受けていた。

f:id:willie_boo:20211001172542j:plain

登り切ると、もう一段緩やかな登りあり

f:id:willie_boo:20211001172602j:plain

緩やかな登りを歩いていると、右側に時々見かける日の出山の会の皆さんが設置して頂いている「日の出アルプス」の赤杭を見つける。興味津々でどこからどこまで日の出アルプスなのか調べて見たが不明だった。一度、問い合わせをしてみたいと思っている。もし、解明できた暁には、このブログで紹介してみたい。あまり期待してもらっても困るのだが・・・

f:id:willie_boo:20211001172622j:plain

登り切って、秋川街道を眼下に見ることの出来る場所があったので行ってみた。

f:id:willie_boo:20211001172634j:plain

ここから先は、平坦な道が続く

f:id:willie_boo:20211001172652j:plain

少し歩くと、左側にフェンスに囲まれた建物の脇を歩くようになる

f:id:willie_boo:20211001172708j:plain

正確なことは分からないが、無線中継所のようだった

f:id:willie_boo:20211001172721j:plain

普段この扉は開いていないのだが、中で作業をされている方がいた

f:id:willie_boo:20211001172740j:plain

無線中継所ぽいやね

f:id:willie_boo:20211001172802j:plain

取り付きは、向かい側になる。木々に囲まれた道を進む

f:id:willie_boo:20211001172819j:plain

道はすこし荒れているが、歩くには全く支障はない

f:id:willie_boo:20211001172836j:plain

少しすると、良く踏み固められた道に変わり

f:id:willie_boo:20211001172848j:plain

いかにもハイキングコースと言った道になる

f:id:willie_boo:20211001172913j:plain

所々に設置された、指導標。少し前まではなかったので、はじめてあるくハイカーにとってはとても安心できると思う。

f:id:willie_boo:20211001172950j:plain

かなりボケボケだが、フェンス沿いの道を歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211001173011j:plain

二ツ塚峠の物語が書かれた、案内板がある

f:id:willie_boo:20211001173037j:plain

この案内板の下には、旧二ッ塚峠と表示された赤い頭の杭がある

f:id:willie_boo:20211001173057j:plain

さらに向かい側には、二ツ塚峠の標識まで・・・このコースは、よくわからない。満地峠・・・旧満地峠・・・古満地峠・・・二ッ峠塚・・・・旧二ツ塚峠・・・

f:id:willie_boo:20211001173112j:plain

二ッ塚峠からの道は、一旦まっすぐに伸びた道の下りとなる

f:id:willie_boo:20211001173130j:plain

もちろん、しっかりと指導標があるので、迷うことはないでしょう

f:id:willie_boo:20211001173148j:plain

下り切るとフェンス沿いの道を進む

f:id:willie_boo:20211001173206j:plain

このフェンスの向こう側は、二ツ塚廃棄物広域処分場になる。この、処分場は多摩地域25市1町で構成されている東京たま広域資源循環組合が日の出町の皆様にご協力をいただき、設置・管理している一般廃棄物の最終処分場であると書かれてあった。

f:id:willie_boo:20211001173219j:plain

道は緩やかな登りに転じて、

f:id:willie_boo:20211001173252j:plain

馬引沢峠に到着する。

f:id:willie_boo:20211001173312j:plain

この馬引沢峠分岐を右手に進めば、指導標の様に、明治橋バス停に下れるようだ。

f:id:willie_boo:20211001173329j:plain

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング