I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

(白倉から大岳山に登り千足に下る)大岳山山頂から馬頭刈尾根を歩き富士見台まで  2021/11/20 

大岳山山頂を後にして、来た道(大岳山直登ルート)を使い戻る。

f:id:willie_boo:20211128184058j:plain

登りが少し急なら帰りも急だ(当たり前)ただしありがたい事に、立木があるのでそれをお助けにして下って行く

f:id:willie_boo:20211128184254j:plain

道が急だった分、帰りはあっと言う間に分岐に到着した。ここは、右方向へ

f:id:willie_boo:20211128184336j:plain

分岐に到着。馬頭刈山・富士見台方面へ(登ってきた白倉バス停も左手進む)

f:id:willie_boo:20211128184429j:plain

富士山展望地で、霊峰の姿を再度確認

f:id:willie_boo:20211128184644j:plain

白倉バス停へと下る分岐に到着。ここから馬頭刈尾根へと歩くので分岐をやり過ごす

f:id:willie_boo:20211128184824j:plain

私の記憶なんていい加減なもんだ。ここから千足まで平坦な道が続くものばかりだと思っていたが、それは出だしだけだった。きっと、私の記憶は、厳しい道をすべて記憶から決して楽な道だけの記憶で塗り替えてしまうようだ。だからこそ、備忘録ようにブログは必要なんだと最近痛感する。でも、出だしは小走りでも行けそうだった(笑)

f:id:willie_boo:20211128185200j:plain

関東ふれあいの道との分岐。ここから、この道を使い下山道とすると大岳鍾乳洞・大岳キャンプ場を通り、上養沢バス停に着く。ただし、上養沢バス停から出発するバスの本数は少ないので、注意が必要かもしれない。

f:id:willie_boo:20211128185712j:plain

まだまだこのままフラットな道が続くと思っていたが、

f:id:willie_boo:20211128190104j:plain

出ましたよ。露岩のよじ登り

f:id:willie_boo:20211128190153j:plain

登って行くと、やがて少し優しい道になり

f:id:willie_boo:20211128190230j:plain

本日何回目だったのか忘れたが富士山展望地に到着。コの字型にベンチが設置されていた。

f:id:willie_boo:20211128190412j:plain

さて、後ろを振り返れれば、霊峰がドーンと

f:id:willie_boo:20211128190525j:plain

登れば下る。奥多摩の山の醍醐味を味わえる

f:id:willie_boo:20211128190557j:plain

肩丈まである笹原の中を歩いて行く。道はフラットだ

f:id:willie_boo:20211128190651j:plain

木段道を進む

f:id:willie_boo:20211128190901j:plain

だんだんと、脚を削るような急な木段道に変わって行く

f:id:willie_boo:20211128190936j:plain

笹原を登っていくと

f:id:willie_boo:20211128191100j:plain

富士見台に到着

f:id:willie_boo:20211128191215j:plain

ここには、東屋

f:id:willie_boo:20211128191237j:plain

そして、ベンチも設置されているので休憩するにはいい場所だ

f:id:willie_boo:20211128191315j:plain

以前は、場所としては最高な場所だと思うのだが、なぜがいつ来てもうん●臭が鼻につくことが多かったが、この日はそんなことはなかった。もちろん、名前に負けないこの景色を眺めることが出来る。

f:id:willie_boo:20211128191531j:plain

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(白倉から大岳山に登り千足に下る)大岳山直下の小祠から大岳山山頂まで  2021/11/20 

どのコースを使って、大岳山山頂を目指すのか?悩んだのだが、やはり最短コースの直登ルートを選択した。このコースは、昔に比べてあるく登山者も増えてきたので、踏み跡も明瞭になってきつつある。踏み跡を辿って歩けば、間違いなく山頂に立てるのだがちょっとひねくれたコースを歩くとかなりの苦戦が強いられる。ただし、上を見上げれば山頂は見えるので、どうにか到着は出来る。滑落には十分注意が必要だが

f:id:willie_boo:20211126125400j:plain

左側と右側の道は、上の地図を参考していただきたい。

f:id:willie_boo:20211126182545j:plain

右側の道を進む。とにかく直登ルートは右側に踏み跡が出て来れば、そこが入口になる

f:id:willie_boo:20211126182710j:plain

ここが、直登ルートの入り口と書きたいところだが(行けないわけではない)この先の道にある分岐の方が、私的にはいいと思う。なぜかと言うと、最初の分岐を左に行くと途中一瞬踏み跡が薄い道になり不安になるだけなのだが・・

f:id:willie_boo:20211126182818j:plain

一瞬道が薄い箇所を通過すれば、このように踏み跡はしっかりとある

f:id:willie_boo:20211126183135j:plain

あとは、周りをキョロキョロ見回せば、進む方向に踏み跡はしっかりとある。ただし、急である

f:id:willie_boo:20211126183331j:plain

木の根が露出している道を、道なりに進む

f:id:willie_boo:20211126183508j:plain

この辺りの道は、自分とのコンクラーベになる。

f:id:willie_boo:20211126183608j:plain

上の方で話声が聞こえてきた。もうすぐ山頂近し!!でも、ちょっと厳しい(笑)

f:id:willie_boo:20211126183819j:plain

露岩帯が出てきた。ここは、時々手を露岩について登る。ストックがあれば問題ないと思うが、ストックの長さは短くした方がいいかな?これはあくまで私見

f:id:willie_boo:20211126184000j:plain

少し傾斜が緩む

f:id:willie_boo:20211126184227j:plain

ここをの乗り切り、周り込むように歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211126184315j:plain

またしても、急な登りが出てきた。周りにある露岩や立ち木につかまり登って行く

f:id:willie_boo:20211126184403j:plain

山頂までこの登りを残すのみ

f:id:willie_boo:20211126184504j:plain

大岳山山頂に到着

f:id:willie_boo:20211126184544j:plain

東京の山の山頂標は、何年か前からこの形が多くなって来たように思える。

f:id:willie_boo:20211126185138j:plain

もちろん霊峰もばっちり・・・

この時期は空気が澄んでいるので、天気さえよければ遠くの山まで目視できるので一番登山適期かもしれない

f:id:willie_boo:20211126185312j:plain

さぁ~来た道戻ろう~

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(白倉から大岳山に登り千足に下る)富士山展望地➀から小祠  2021/11/20 

富士山展望地➀(Boo命名)からやや傾斜のある道になる

f:id:willie_boo:20211124211309j:plain

登り切ると、掘り窪んだ道に変わり

f:id:willie_boo:20211124211332j:plain

優しい道になって来た

f:id:willie_boo:20211124211349j:plain

そこが、十九丁目。”九”=”苦”ではなかった

f:id:willie_boo:20211124211403j:plain

なんてくだらないことを考えて歩いていたが、記憶力がかなり低下している私の脳の線が一瞬つながった。この場所は、冬場になるとなぜか凍結する場所で、この白倉に下る道で唯一怖い場所であることを思い出した。この時期は、問題ないので安心してほしい

f:id:willie_boo:20211124211424j:plain

さらにこの先、少し急な道が続く

f:id:willie_boo:20211124211443j:plain

これは二十丁目と刻まれているのだろうか

f:id:willie_boo:20211124211505j:plain

ここからは、間伐によって日差しが差しこんでいる道を登って行く

f:id:willie_boo:20211124211532j:plain

頭上を見上げると、馬頭刈尾根の道が見えてきた

f:id:willie_boo:20211124211540j:plain

もう少し・・・もう少し・・・そろそろ疲れが出てきたが、ここは一気に突き上げる。

f:id:willie_boo:20211124211555j:plain

馬頭刈尾根が見えてくる

f:id:willie_boo:20211124211612j:plain

到着!!あとは、左手に進めば大岳山に行けるのだが、ここの指導標を見て欲しい。御前山・鋸山方面とは書かれいるのだが、大岳山の表示はない。紙の地図もしくはスマホのアプリを持っていれば左手が、大岳山と分かるのだが、地図なし・アプリなしで登るハイカーも小人数はいる。現に、以前馬頭刈山方面からこのコースを歩いた時に、前方から女性のハイカー三人が、白倉から登ってきたらしいのだが、なにを勘違いしたのか大岳山方面ではなく富士見台方面に歩いて来て、ここから大岳山どれくらいかかりますか?聞かれてことがある。もちろん、逆方向だと説明はしたが出来ることなら大岳山の名前も入れて欲しかった。そんなことも判らないハイカーは山に登る資格はないと言われてしまえばそれまでなのだが・・・

f:id:willie_boo:20211124211626j:plain

分岐から、緩やかな道を歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211124211639j:plain

一旦道が落ちつき

f:id:willie_boo:20211124211653j:plain

木段道が現れ

f:id:willie_boo:20211124211707j:plain

登り切ると、ベンチがある

f:id:willie_boo:20211124211723j:plain

ここが、富士山展望地②(勝手に命名

f:id:willie_boo:20211124211739j:plain

大岳山頂は、腰かけるべくベンチはないので、ここで昼食タイムを楽しんでもいい

f:id:willie_boo:20211124212315j:plain

富士山展望地②を後にして、フラットな道を歩いて行く

f:id:willie_boo:20211124211816j:plain

少し登り気味の道を歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211124211829j:plain

両側に笹が生い茂っている道が出て来る

f:id:willie_boo:20211124211841j:plain

笹道が終わるを告げると、右手に小祠がある

f:id:willie_boo:20211124211857j:plain

小祠の少し先は分岐。さて、どの道を使い大岳山頂を目指そうかな?

f:id:willie_boo:20211124211904j:plain

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(白倉から大岳山に登り千足に下る)白倉バス停から富士山展望地➀  2021/11/20 

井戸川荘脇の急な坂道を登っていく

f:id:willie_boo:20211121184104j:plain

登り切ると、それはそれは見事な紅葉を見ることが出来た。

f:id:willie_boo:20211121184110j:plain

さらに舗装道を歩いて行く

f:id:willie_boo:20211121184119j:plain

右手に大嶽神社が現れ神社の向かい側には、小川を渡たる大岳山への指導標が現れる。右側の舗装道を歩いても、いったん道は合わさるので心配はないのだが、最初に出てくる鳥居を見るのなら、左側の山道を選択しないとならない。

f:id:willie_boo:20211121184130j:plain

石の橋を渡り緩やかな登りとなり

f:id:willie_boo:20211121184139j:plain

よく踏まれた道を進む

f:id:willie_boo:20211121184146j:plain

途中、丸太土留め柵が現れる

f:id:willie_boo:20211121184155j:plain

やがて、最初の鳥居。右側には庚申と刻まれた石碑

f:id:willie_boo:20211121205359j:plain

今日も安全に下山できるように、入口の鳥居をくぐる前に会釈をし、気持ちを引き締めて大岳山を目指す

f:id:willie_boo:20211121205411j:plain

先程の、車道と道を合わせるには、少し急な登りが待っているがまだ出だしで体力もあるので一気に車道に出た。

f:id:willie_boo:20211121210443j:plain

ここにも正面に、指導標があるので迷うことはない。

f:id:willie_boo:20211121210505j:plain

丁度この入口辺りには、二丁目を示す石柱が設置されていた。お恥ずかしい話だが、今まで何度もこのコースを歩いているのだが、一度もすべての丁目石を見ることはないので次回は、全て写真に収めたいと思う。そんな山登りもいいものだ

f:id:willie_boo:20211121210519j:plain

ここからは、登り一辺倒の道が続く。丁度、衰え始めてきた足腰強化の第一弾にはちょうどいいかもしれない

f:id:willie_boo:20211121210531j:plain

歩きやすいように階段状に道が付けられている。コースタイムは

2時間20分(白倉バス停~馬頭刈尾根との分岐)の登りの始まりだ

f:id:willie_boo:20211121210539j:plain

どれくらいで登れるのか考えながら歩いて行くと左手に、小祠がある。ちょっと見、トイレかなと思い覗いてみると

f:id:willie_boo:20211121210548j:plain

お地蔵様が鎮座していた。トイレと思ったことをお詫びしながら先に進む

f:id:willie_boo:20211121210555j:plain

全くと言っていいほど、平坦な道はない・・・そんな道もいいではないかと思いながら

f:id:willie_boo:20211121210604j:plain

さらなる登りを歩いて行く

f:id:willie_boo:20211121210617j:plain

間伐により、森林の本数密度が緩和され土壌に日光が十分届くので、木が生き返ると以前聞いたことがある道を進む

f:id:willie_boo:20211121210629j:plain

それにしても容赦ない登山道が続く

f:id:willie_boo:20211121210643j:plain

大きく左曲がる道が出て来たので、頭上が馬頭刈尾根かと勘違い

f:id:willie_boo:20211121210710j:plain

そこまで登り脚君絶好調ではなく

f:id:willie_boo:20211121210729j:plain

淡々と歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211121210751j:plain

勝手に命名、富士山展望地➀に到着。丸太二本でまるで腰掛けベンチ登場

f:id:willie_boo:20211121210804j:plain

ここから見た霊峰「富士」

f:id:willie_boo:20211121210817j:plain

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(白倉から大岳山に登り千足に下る)払沢の滝から白倉バス停編  2021/11/20 

先週に続き、払沢の滝園地駐車場に車を停めて、

f:id:willie_boo:20211121174537j:plain

白倉から大岳山に取り付くコースを歩いた。まずは、水根本宿線に出るために車で来た道を戻る。左側のの紅葉が綺麗だったので一枚

f:id:willie_boo:20211121174607j:plain

橋の上から

f:id:willie_boo:20211121174906j:plain
f:id:willie_boo:20211121174746j:plain

ひのはら「四季の里」さんの前を通過

f:id:willie_boo:20211121174814j:plain

檜原とうふ「ちとせ屋」さんの角を左に曲がり

f:id:willie_boo:20211121175004j:plain

この橋は、北秋川橋人道橋を渡り、水根本宿線をひたすら歩いて行く。

f:id:willie_boo:20211121175114j:plain

右側は、檜原中学校になる

f:id:willie_boo:20211121175245j:plain

しばらくすると、左側には今日登る大岳山が姿を現す。

f:id:willie_boo:20211121175338j:plain

下の写真辺りから、少しの間はガードレールのない区間があるので注意しながら歩いて行く

f:id:willie_boo:20211121175430j:plain

右側の道を進んでも、大岳山登山口には着くのだがここは、直進した。

f:id:willie_boo:20211121175806j:plain

途中懐かしい看板を見つけた。

右側は、由美かおるさんで、右側は、水原弘さん。

f:id:willie_boo:20211121175938j:plain
f:id:willie_boo:20211121175931j:plain

歩き始めて25分ほどで、左側には「角屋商店」

f:id:willie_boo:20211121180413j:plain

白倉バス停に到着。ここのベンチにザックを置いて、ウインドブレーカーを脱いでさてひと登りと行きますかね。バスは一時間に一本なので、下山時に武蔵五日市駅に帰るのであれば途中スマホで調べながら下山した方がいいかもです。中途半端な時間に降りてしまった時は「角屋商店」で自分の好きな飲み物(笑)で買って待つも良し。もちろん払沢の滝までは徒歩30分ほどで到着出来るので、払沢の滝からバスに乗る手もありますね(払沢の滝からはバスの本数は多いので)

f:id:willie_boo:20211121180622j:plain

石柱には、郷社(ごうしゃかな?)なぜか、「郷」の文字の下側と、「社」の文字は消されている感じがしないでもないのだが・・・ その下には大嶽神社入口と刻まれている。ところで郷社とは何だろう?

f:id:willie_boo:20211121180633j:plain

庚申と書かれた石碑。道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔のことを言うらしい

f:id:willie_boo:20211121180644j:plain

そして大きな木の板には、大岳山入口と書かれている。

f:id:willie_boo:20211121180701j:plain

「井戸川荘」さんの脇にある急な階段を登って行く

f:id:willie_boo:20211121180714j:plain

続きます

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

古の大岳山参道を歩き、大岳山に登り、千足に下る 2021/11/20 (digest)

独特の山容を持つ大岳山に、払沢の滝駐車場に車を停めて、水根本宿線を歩き白倉バス停脇にある登山道から、馬刈尾根と合流して、直登ルートを歩き、大岳山山頂を踏み、来た道を戻り、白倉バス方面に下らずに、つづら石まで歩き千足に下り払沢の滝駐車場までもどった。私見として記すが下山ルートとして使用した、千足沢コースは、かなり歩きずらい道なので、登りを千足沢コースを登りに使い、白倉コースを下りに使う方が楽だと思う。

足跡

f:id:willie_boo:20211121100357j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。(承認番号 平23情複、 第57号)」

グラフ

f:id:willie_boo:20211121100525j:plain

詳細は、後日アップするとしてタイトルの通り歩いて来た。思っていたよりもなかなかタフなコースで、帰宅後少し脚の疲れが残った。

では、この日のおさらいから

行 程(休憩時間を含んだ到着時間)

06時31分----払沢の滝駐車場   
所要時間(00時間04分)

f:id:willie_boo:20211121161020j:plain

06時35分----水根元宿線
所要時間(00時間21分)
06時56分----白倉バス停
所要時間(00時間14分)

f:id:willie_boo:20211121161047j:plain

07時10分----鳥居
所要時間(00時間07分)

f:id:willie_boo:20211121161108j:plain

07時17分----小堂
所要時間(00時間33分)

f:id:willie_boo:20211121161123j:plain

07時50分----富士山展望地➀(勝手に命名
所要時間(00時間30分)

f:id:willie_boo:20211121161141j:plain

08時20分----馬刈頭尾根との合流地点
所要時間(00時間02分)
08時22分富士山展望地②(勝手に命名
所要時間(00時間10分)

f:id:willie_boo:20211121161200j:plain

08時32分----小祠
所要時間(00時間03分)
08時35分----大岳山直登ルート入口
所要時間(00時間16分)
08時51分----大岳山
所要時間(00時間16分)

f:id:willie_boo:20211121161228j:plain

09時07分----富士山展望地②(勝手に命名
所要時間(00時間09分)
09時16分----白倉バス停下山地点
所要時間(00時間08分)
09時24分----富士山展望地③(勝手に命名
所要時間(00時間09分)

f:id:willie_boo:20211121161552j:plain

09時33分----富士見台
所要時間(00時間58分)

f:id:willie_boo:20211121161620j:plain

10時31分----綾滝
所要時間(00時間24分)

f:id:willie_boo:20211121161637j:plain

10時55分----天狗岩との分岐
所要時間(00時間10分)

f:id:willie_boo:20211121161341j:plain

01時05分----千足沢コース入口
所要時間(00時間13分)

f:id:willie_boo:20211121161655j:plain

11時18分---払沢の滝駐車場

<活動内容>

合計時間 距   離  累積標高(+)  累積標高(-)
4時間46分
11.6km
1,195m
1,203m

<YAMAPデータをKASHIMIRで取り込みDATA>

距  離 沿面 距離  累積標高(+)  累積標高(-)
11.948km
12.408km
1,279m
1,281m

 

-----------------詳細は改めて-----------------------------

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

今宵は特別な満月 2021/11/19

11月の満月は、ビーバームーン・フロストムーンと呼ばれている。さらに、今年は、89年ぶりに部分月食と満月を同時に見られる貴重な日。勇んで、山でも登ってみて見ようと思っていたが、有休取れるわけもなく、19:00ごろから、空を見上げることとなった。同じ条件だと65年後とのことなので、生きているわけもないし、写真も思ていたほどうまく取れなかったし残念。

f:id:willie_boo:20211119201850j:plain

f:id:willie_boo:20211119201904j:plain

f:id:willie_boo:20211119201938j:plain

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(浅間嶺・小岩浅間編)浅間嶺から下山編 2021/11/06

道は緩やかな下りとなる。左側にある木の幹にピンクテープが巻きつけられているがこのテープは、迷いやすい分岐などに付けられることがほとんどだが、ここには必要ないように思えた。それとも伐採用の目印なのだろうか?それにしては木の幹が細すぎる

f:id:willie_boo:20211115191030j:plain

右側の奥には、見事に紅葉が・・・

f:id:willie_boo:20211115191039j:plain

踏み跡をなぞるように下る。

f:id:willie_boo:20211115191050j:plain

松生山との分岐。この日は、車の停めてある払沢の滝園地駐車場に戻ることにした。

f:id:willie_boo:20211115191103j:plain

広場のような場所ではあるが人気のコースだけあって、踏み跡はしっかりと付いていて迷うことはない

f:id:willie_boo:20211115191115j:plain

道なりに進んで行くと

f:id:willie_boo:20211115191125j:plain

先ほど通った分岐に到着。払沢の滝バス停方面へ。来るときに通った道幅の狭い登山道を通過するのかと思うと少し憂鬱な気持ちになったが、これからの季節落ち葉が堆積して道が、谷に向かって斜めになっている道の通過もあるのでいい練習だと思い直し進む

f:id:willie_boo:20211115191138j:plain

そうこうしていると、今日初めて向こう側からやって来るハイカーとすれ違った。

f:id:willie_boo:20211115191153j:plain

再び、この道の通過

f:id:willie_boo:20211115191207j:plain

眺めがいいのでついついよそ見をしがちだが、そういう時には立ち止まり眺めを見なければ危険。ながら歩きは危ないからね

f:id:willie_boo:20211115191219j:plain

どうにか、やや危険個所を通過して、沢沿いの道を歩いて行く

f:id:willie_boo:20211115191232j:plain

ここで道は、舗装されて道に変わる

f:id:willie_boo:20211115191241j:plain

峠の茶屋さんの脇を歩いて行く

f:id:willie_boo:20211115191252j:plain

左側が岩岩の路

f:id:willie_boo:20211115191303j:plain

直進すれば、時坂峠から登山道にはいる道と右側に曲がると林道へと向かう分岐

f:id:willie_boo:20211115191317j:plain

林道を下って行った

f:id:willie_boo:20211115191337j:plain

眼下に民家が見えてきた

f:id:willie_boo:20211115191350j:plain

林道歩きに飽きてきたころ、行きに歩いた、トイレ脇を進む道に出る

f:id:willie_boo:20211115191403j:plain

もちろん、林道のショートカット道を歩いて、一旦再び林道と合流して再度右側にショートカット道が出てくるので、ここもショートカット道へ

f:id:willie_boo:20211115191414j:plain

あとは、駐車場に向かって林道歩きだ

f:id:willie_boo:20211115191424j:plain

駐車場到着!!ご覧の満車だった。

f:id:willie_boo:20211115191648j:plain

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(浅間嶺・小岩浅間編)浅間展望台指導標から、小岩浅間・浅間嶺まであるく 2021/11/06

展望地への指導標に従い、歩いて行くと右手にトイレあり。

f:id:willie_boo:20211115175047j:plain

トイレを右手に見て歩くと、正面には指導標

f:id:willie_boo:20211115175058j:plain

浅間嶺・展望台方向を示していた

f:id:willie_boo:20211115175109j:plain

小岩浅間への指導標は、周りを見渡したが見つけることは出来なかったが、踏み跡はしっかりとあるので、指導標が指し示す逆方向に進む

f:id:willie_boo:20211115181418j:plain

出だしは、意外と少し急な登りなのだがすぐに道は落ち着く

f:id:willie_boo:20211115181430j:plain

小ピークには、浅間神社の小さな祠が新しく設置されていた

f:id:willie_boo:20211115181449j:plain

恐らくは、これは朽ち果ててしまった小祠の屋根の部分

f:id:willie_boo:20211115181458j:plain

ここからも、踏み跡がくっきりと付いているので平坦な道を進む

f:id:willie_boo:20211115181508j:plain

なにやら指導標が見えてきた

f:id:willie_boo:20211115181520j:plain

人里峠との分岐の下には、浅間嶺(小岩浅間)を書かれたプレートあり

f:id:willie_boo:20211115181536j:plain

f:id:willie_boo:20211115181541j:plain

指導標の下に目を移すと、ここにも小岩浅間のプレート。今日のお題の一つが終わったので、次に浅間嶺展望地を目指すために、もと見た道を忠実にあるく

f:id:willie_boo:20211115181547j:plain

ゆるやかな下り道

f:id:willie_boo:20211115181555j:plain

紅葉はまだなのか?

f:id:willie_boo:20211115181601j:plain

先ほどの分岐まで戻る。右手に進むと上川乗バス停に下れる分岐。浅間嶺へは直進

f:id:willie_boo:20211115181606j:plain

まずは、木段道の洗礼を受ける

f:id:willie_boo:20211115181612j:plain

斜度はさほどキツくはないので、淡々と進む

f:id:willie_boo:20211115181618j:plain

登り切れば、休憩用のテーブルとベンチあり。ここには桜も植えられているので、春になれば花見としゃれこむことが出来るのだが、ここ数年天空宴会を楽しむことがないので来春には、是非とも山の一つの楽しみを出来るようになればいいのだが・・・そうなれば、ザック中身は二倍ぐらいになるだろう(笑)

f:id:willie_boo:20211115181625j:plain

残念ながら、この時は霊峰のお姿は見ることは出来なかった

f:id:willie_boo:20211115181634j:plain

さほど疲れてもいないので、そのまま通過

f:id:willie_boo:20211115181641j:plain

向かい側には、大岳山・・・

f:id:willie_boo:20211115181709j:plain

今日はこの辺で

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(浅間嶺・小岩浅間編)そば処「みちこ」から浅間展望台指導標まで 2021/11/06

そば処「みちこ」さんを過ぎると、沢沿いの道を歩くようになる

f:id:willie_boo:20211110213510j:plain

左側には上流の沢から水を引くためのホースが、岩の上に設置され

f:id:willie_boo:20211110213518j:plain

岩が敷かれている道を、しばらく緩やかに登っていくのだが、下山時にこの道を使うと雨上がりには足の置き場を間違えると、大きくバランスを崩すこともあるので注意が必要である。

f:id:willie_boo:20211110213528j:plain

このように沢から離れるように登りを何度か繰り返し

f:id:willie_boo:20211110213540j:plain

まもなく尾根道に出る

f:id:willie_boo:20211110213612j:plain

尾根道を、歩いていくと今まで知っていた道が一変していて驚いた

f:id:willie_boo:20211110213626j:plain

道の右側にあった木々が伐採によってきれいさっぱりになったのと同時に、私的には道幅が狭く感じて慎重に先を進んだ

f:id:willie_boo:20211110213635j:plain

遥か下を覗き込んでみると、伐採作業をされている作業員の小屋があり、その先には林道が伸びているのがよくわかる。

f:id:willie_boo:20211110213654j:plain

油断して右側に転落でもしたら作業小屋まで転がり落ちそうだなぁ~と思いながら慎重に歩いているとここは何だろう?と思う場所があった。写真を撮影するには絶好の場所ようで、ハイカーが写真を撮影した。

f:id:willie_boo:20211110213713j:plain

道幅の狭い箇所を通過すると、樹林帯になり

f:id:willie_boo:20211110213736j:plain

そして、再び右側が開けた場所を歩いて

f:id:willie_boo:20211110213752j:plain

再度樹林帯に突入だ

f:id:willie_boo:20211110213809j:plain

さらに歩いて行くと、展望台・松生山と上川乗バス停方面との分岐に出くわす

f:id:willie_boo:20211110213843j:plain

この日は、上川乗バス停方面へ

f:id:willie_boo:20211110213904j:plain

木段道を歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211110213918j:plain

道が土道に変わり

f:id:willie_boo:20211110213955j:plain

浅間尾根縦走路と上川乗バス停の分岐になる

f:id:willie_boo:20211110214019j:plain

浅間尾根を完歩するほどのHPもあるわけもなくここは、上川乗バス停方面へ

f:id:willie_boo:20211110214038j:plain

すると、浅間尾根休憩所が右手に現れた。以前はテーブルが2基ほど設置されていたのが、ずいぶん前に撤去されていた広場のような場所がある

f:id:willie_boo:20211110214050j:plain

ベンチは複数基あるので休憩するのもいいだろう

f:id:willie_boo:20211110214103j:plain

ここは、浅間展望台方面へ

f:id:willie_boo:20211110214121j:plain

今日はこの辺で

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(浅間嶺・小岩浅間編)時坂峠からポツンと一軒家でも紹介されたそば処「みちこ」まで 2021/11/06

時坂峠を後にして、「峠の茶屋」方面に歩を進める。このあとしばらくは、舗装された道になる。

f:id:willie_boo:20211110202537j:plain

やがて、前方にチェーンの張られた場所に出くわす。そして向こう側には車が一台。恐らく林道をここまで来たのであろう。

f:id:willie_boo:20211110202613j:plain

そしてその先には、左側からは何度か交差した浅間林道と合流

f:id:willie_boo:20211110202628j:plain

さらに天気はと言うと里山歩きには、申し分のない天気になって来た。

f:id:willie_boo:20211110202642j:plain

木々の枝葉の間から差し込む日の光を眩しく感じながら歩いて行く

f:id:willie_boo:20211110202700j:plain

右側に、小沢バス停へと下る道との分岐が現れる。ここを下って、上野原あきる野線で出れば、御前山へと続く湯久保尾根から延びる御前尾根の取り付きがある。自分的にはこの尾根はなかなか厳しいコースの一つである。

f:id:willie_boo:20211110202710j:plain

さらに歩いて行くと「峠の茶屋」さんの大きな看板あり

f:id:willie_boo:20211110202725j:plain

「峠の茶屋」の脇には水場

f:id:willie_boo:20211110202737j:plain

向かい側に目を向けると、遠くからでも一目でわかる山容を見せる「大岳山」。最近はご無沙汰なので次の休みには、白倉バス停から延びる古ルートである大岳山参道から登ってみたいものだ。

f:id:willie_boo:20211110202750j:plain

「峠の茶屋」と道を隔てて向かい側には大山袛神社がある。もちろん無事に下山できるように願掛けをした。

f:id:willie_boo:20211110202803j:plain

大山袛神社からの道は緩やかに下りになる

f:id:willie_boo:20211110202814j:plain

その手前に、峠の茶屋 瀬戸沢の営業時間が表示されていた。

f:id:willie_boo:20211110202904j:plain

さらに下って行く

f:id:willie_boo:20211110204011j:plain

ここで、道は二手に分かれるのだが、ここは左手へ

f:id:willie_boo:20211110204042j:plain

左手に進んで行くと、何となくだが登山道ぽくなって来る

f:id:willie_boo:20211110204105j:plain

ここまで来れば、登山道

f:id:willie_boo:20211110204125j:plain

左側には、ポツンと一軒家でお放送されたおそばやさん「みちこ」

f:id:willie_boo:20211110204140j:plain

この門の中には、水車もありなかなか風情のあるお蕎麦屋さんである

f:id:willie_boo:20211110204154j:plain

営業日の案内があった。

f:id:willie_boo:20211110204209j:plain

今日はこの辺で

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

(浅間嶺・小岩浅間編)払沢の滝園地駐車場から、時坂峠 2021/11/06

朝8時少し前に到着したが、駐車台数は5台ほどだった。下山して駐車場に戻ればほぼ満車状態で誘導員が2名で交通整理中。係りの方に話を聞くと登山だけではなく払沢の滝見物の方も多いようだった。それに近くには豆腐屋「ちとせ屋」さんがあり、お豆腐の他にも、うの花ドーナツ(10:30頃より揚げ初めるようだ)や厚揚げ・ソフトクリームも販売しており、それを目当てに訪れる観光客も多い。

f:id:willie_boo:20211110192218j:plain

見上げると空の青さが眩しい。気温は少し高め

f:id:willie_boo:20211110192433j:plain

しばらく、舗装された浅間林道を、道なりに進む

f:id:willie_boo:20211110192507j:plain

やがて道は大きく右にカーブし、

f:id:willie_boo:20211110192614j:plain

小さな橋を渡ると、左側に、石階段が現れる。

f:id:willie_boo:20211110192654j:plain

このように、指導標もあるので迷うこともないし、途中途中に出て来るショートカット道を歩かなくても、そのまま浅間林道を進んで行けば峠の茶屋まで行ける。

f:id:willie_boo:20211110192809j:plain

手摺のついた石階段を登って行くと、道は緩やかな登りに変わる

f:id:willie_boo:20211110193013j:plain

先ほどの指導標から5分ほど歩けば、右側に民家が現れる

f:id:willie_boo:20211110193208j:plain

さらに道なりに歩いて行くと、やや急な道に変わり

f:id:willie_boo:20211110193249j:plain

先ほどの浅間林道と道を合わせ、

f:id:willie_boo:20211110193512j:plain

少しの間浅間林道歩きとなる。ところどころショートカット道かな?と思う道はあるのだが、標識はないので民家へと向かう道であり登山道ではないと思う。

f:id:willie_boo:20211110193516j:plain
f:id:willie_boo:20211110193521j:plain

左手に大きく曲がる舗装道を歩く

f:id:willie_boo:20211110193747j:plain

カーブを曲がる途中、右手頭上を見上げると、これから歩く浅間尾根が良く見えた

f:id:willie_boo:20211110193838j:plain

そして再び、巻道が左手に現れる

f:id:willie_boo:20211110194633j:plain

指導標には、時坂峠・浅間嶺と表示されてる。

f:id:willie_boo:20211110194717j:plain

浅間林道歩きはすこし飽きてきたので、この道を歩くことにした。道は右手にカーブした緩やかな登り

f:id:willie_boo:20211110194924j:plain

登り切ると半鐘がぶら下がった、小屋のような建物がある。半鐘はあるが半鐘をを叩く撞木(しゅもく)と呼ばれるトンカチのような形をした木製の棒は見当たらなかった。私の想像であるが、火災などの災害時に近隣住民に知らせるために設置されていたのかもしれない。

f:id:willie_boo:20211110195636j:plain

小屋の前を通り、緩やかな坂を登って行く

f:id:willie_boo:20211110195719j:plain

この辺りは、周りが開けており春先には、たくさんの花が咲き誇っているので里山の楽しさを感じる意味でもぜひ歩いてほしい。

f:id:willie_boo:20211110195908j:plain

時折、民家の庭先や畑に迷いこんでしまうような場所には、このようにお手製の指導標がある。初めてここを歩いた時は、ここの書かれている「みちこさん」と言う文字にいろいろと想像したものだが・・・

f:id:willie_boo:20211110200053j:plain

長閑な光景を見ながら歩く。

f:id:willie_boo:20211110200243j:plain

すると、右手上に浅間林道が現れる

f:id:willie_boo:20211110200351j:plain

浅間林道と道を合わせる辺りの左側には、周りの民家の方が毎日お掃除をして頂いているトイレあり。とてもありがたい。

f:id:willie_boo:20211110200623j:plain

浅間林道で出て、

f:id:willie_boo:20211110200851j:plain

すこし右側に戻る場所に、時坂峠へと続く巻道あり

f:id:willie_boo:20211110200921j:plain

このように指導標もある

f:id:willie_boo:20211110200947j:plain

取り付きは石階段から始まる

f:id:willie_boo:20211110201432j:plain

石段を登り切ると道は、平坦に変わり

f:id:willie_boo:20211110201515j:plain

橋が掛けられた道を進む

f:id:willie_boo:20211110201607j:plain

頭上に鳥居が、見えて来れば浅間尾根はもう間近

f:id:willie_boo:20211110201704j:plain

浅間尾根道の説明書きを一読して

f:id:willie_boo:20211110201810j:plain

時坂峠に到着

f:id:willie_boo:20211110201908j:plain

今日はこの辺で・・・・

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

甲州古道とよばれた浅間尾根を小岩浅間・浅間嶺とあるく 2021/11/06

この日に歩いた道は、ヤマケイアルペンガイドによると、浅間嶺は多摩川の支流である北浅川と南浅川の間に横たわっている。その昔は甲州古道とよばれ、現在の甲州街道や青梅街道と並ぶ武蔵と甲斐、相模との交易路として利用された。と書かれている。最近は、ご無沙汰のコースであったが、伐採によって開けた道に変わっていたが、逆に道幅が狭く雨上がりなどの下が滑るときに歩くには、少々慎重さが必要な道になっていた。これはあくまで私の私見ではあるので他のハイカーがそう思うかは疑問ではある。

では、この日のおさらいから

行 程(休憩時間を含んだ到着時間)

07時53分----払沢の滝園地駐車場   
所要時間(00時間27分)
08時20分----時坂峠
所要時間(00時間10分)
08時30分----峠の茶屋
所要時間(00時間05分)
08時35分----お蕎麦屋みちこ
所要時間(00時間27分)
09時02分----展望台との分岐
所要時間(00時間07分)
09時09分----浅間尾根休憩所
所要時間(00時間01分)
09時10分----小岩浅間取り付き
所要時間(00時間02分)
09時12分----浅間神社

f:id:willie_boo:20211109200450j:plain

所要時間(00時間03分)
09時15分----小岩浅間
所要時間(00時間06分)

f:id:willie_boo:20211109200413j:plain

09時21分----浅間嶺
所要時間(00時間37分)

f:id:willie_boo:20211109200518j:plain

09時58分----峠の茶屋
所要時間(00時間26分)
10時24分----払沢の滝園地駐車場 

足跡

f:id:willie_boo:20211109194717j:plain

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。(承認番号 平23情複、 第57号)」

グラフ

f:id:willie_boo:20211109194809j:plain

<YAMAP DATA>

合計時間 距   離  累積標高(+)  累積標高(-)
2時間31分
9.41km
777m
769m

<YAMAPデータをKASHIMIRで取り込んだDATA>

距  離 沿面 距離  累積標高(+)  累積標高(-)
9.651km
9.850km
807m
789m

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

日ノ出山歩き(クロモ上見晴台から山頂へ、そして下山)2021/10/30

「クロモ上見晴台」の「クロモ」は漢字で書くとどのような文字になるのか毎回思うのだが、今だに全く不明のまま。もやもやしながらいつものようにこの場所を通過する。クロモ上見晴台の向かい側には、御岳山への巻道の指導標あり

f:id:willie_boo:20211108195410j:plain

さらに休憩用のベンチも4基ほど設置され、この先には

f:id:willie_boo:20211108195534j:plain

階段道と砕石が撒かれた道の分岐。

f:id:willie_boo:20211108195740j:plain

この日は、階段道を使わずに左側の道を使い山頂を目指した

f:id:willie_boo:20211108200026j:plain

しばらくすると、右側に、階段へと合流する道が現れるのでここを少し登る

f:id:willie_boo:20211108200621j:plain

木段道と道を合わせ

f:id:willie_boo:20211108200727j:plain

あとは、山頂目指して木段道登り

f:id:willie_boo:20211108200758j:plain

さらに登って行くと正面は大きな岩があり右側から回り込むように木段道を進み

f:id:willie_boo:20211108200841j:plain

山頂へと続く石段を一歩一歩登って行く

f:id:willie_boo:20211108201025j:plain

東屋が見えて来れば、山頂は近い

f:id:willie_boo:20211108201128j:plain

日の出山に到着。山頂には4人ほどのハイカーが休憩していた。

f:id:willie_boo:20211108201213j:plain

ここから、東雲山荘に向かって石階段を下って行く

f:id:willie_boo:20211108201823j:plain

下り切った正面には、東雲山荘があり、右側にはベンチが数基設置。さらには左側にはトイレもある。トイレ脇を通り

f:id:willie_boo:20211108201955j:plain

来た道をなぞるように木段道を下って行くと、登ってきた旧道と新道との分岐に出る。

f:id:willie_boo:20211108202106j:plain

帰りは、途中に平井川の源がある林道を歩いて下山道とした。

f:id:willie_boo:20211108202239j:plain

道は少し急な下りではあるが、自分のペースで歩けば心配はない

f:id:willie_boo:20211108202448j:plain

左側に大きく曲がってすこし進んだ先に、「水は地球の生命」と刻まれた石碑があり

f:id:willie_boo:20211108202541j:plain

その横には、水場

f:id:willie_boo:20211108202701j:plain

水場を過ぎれば、舗装された道をひたすら下る

f:id:willie_boo:20211108202822j:plain

水場から14分ほどで、登ってきた旧道と道を合わせる

f:id:willie_boo:20211108202930j:plain

このゲートから8分ほど歩けば駐車場に着く

f:id:willie_boo:20211108203037j:plain

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング

車窓から見る、秀麗富士に刺激され今日も低山歩き

「AIによる分析の結果、12月から再拡大し、2022年1月中旬ごろに第6波のピークを迎えると予測し警戒を呼びかけています。」と言う記事を目にして、気が緩むことなくマスク・手洗い等々続けていかないといけないのだが、ここのところ出張はなかったが2週間前あたりから新幹線出張が増えてきた。車窓から見る富士山も雪化粧しており素敵な姿を見る機会がある。

f:id:willie_boo:20211106221457j:plain

f:id:willie_boo:20211106221513j:plain

この先何が起こるかわからないが、少しずつではあるが観光地も賑わいを見せ始めて来ているので、引き続き自分で出来る予防は継続していきたい。日の出山山行ブログも、一話残しているので明日にはアップして、今日午前中に登った山行報告につなげていきたい。

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング