I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

ナイトハイクに最適な、ヘッドライトの色は?

ここのところ、低山ではあるがナイトハイクを楽しんでいる。前回の帰り道すれ違ったハイカーのほとんどのヘッドライトの色が、赤色の光だった。以前聞いた話だと山小屋などの人が多く集まる場所だと、白色の光だと眩しいので赤色の光にした方が人に迷惑は掛…

ナイトハイク 稲荷山コースとの分岐から高尾山へ下りはいつもの富士道  2021/12/20

稲荷山コースとの分岐をやり過ごして、6号路を歩く。ここは、小川の水が流れる道歩きになる。ピョンピョン石の上を歩けば先に進めるようだが、水量も少なかったのでそのまま小川の中を歩いた。 ありがたい事に道迷いのないように、直進方向にはトラロープが…

ナイトハイク 駐車場から稲荷山コースとの分岐まで   2021/12/20

もうあと数日で、Christmas Eve。子供の頃は、サンタさんにお願いして朝起きるとプレゼントが枕元にあって大喜び・・・と書きたいところであるが、そのような記憶がない。子供の頃からSanta Clausはいないと言われて育った気がする。今考えると全く夢のない…

ナイトハイク  高尾山 6号路で山頂へ 2021/12/20(digest)

たまには、朝から山登りをしたいとこであるが、なかなか思うように時間が取れないのでこの日もまた、ナイトハイクになってしまう。今回歩いたコースは、川沿いの露岩がゴツゴツした道をあるいて、最後は300段を超える階段を登りつめて山頂を目指すコースであ…

今年最後の、満月(コールドムーン)です。

です月別の満月の名称は、このようになっている。 1月 ウルフムーン 狼月 2月 スノームーン 雪月 3月 ワームムーン 芋虫月 4月 ピンクムーン 桃色月 5月 フラワームーン 花月 6月 ストロベリームーン 苺月 7月 バックムーン 男鹿月 8月 スタージェンムーン …

ナイトハイク 御師集落を歩き、武蔵御嶽神社へ下山はもと来た道を戻る 2021/12/10

御師とは、参拝者の案内や宿の提供、ご祈祷、お札の配布をする「神社案内人」のことであり、御岳山の山頂付近には、御師と呼ばれる人々が営む宿坊が約30軒ほどあるようだ。この分岐は、右下の道には下らずに、左側の道を進む。すでに、街灯に照らされてヘッ…

ナイトハイク  御岳苑地駐車場から、ケーブルカー「御岳山駅」へ続く道との分岐 2021/12/10

15:41吉野街道沿いにある、2021年3月オープンの「NAMAさん」手前の坂を右手に下って行くと御岳苑地駐車場はある。 ありがたい事に、この時期は駐車料金は無料である。 平日の夕方近くなので、駐車場はこの通り閑散としていた 駐車場を出て、左手の坂を登って…

途中からナイトハイク 御岳山 武蔵御嶽神社表参道コースで往復 2021/12/10

車を御岳苑地駐車場に停めての山歩きを楽しんだ。ケーブルカーの始発駅「滝本駅」に隣接している有料駐車場に車を停めたなら、楽に武蔵御嶽神社に到着出来るのだがこの急坂を歩くのが私にとっては修行になる(笑)この「武蔵御嶽神社表参道コース」は、「御…

ナイトハイクの反省から、バッテリーテスターを使って電池の総点検

普段使っているヘッデンと懐中電灯。ここのところ、雨具と同じくザックの肥し化してしまっている。山登りを始めたころは、必ずと言っていいほど電池の残量チェツクをしていたものだが、すっかりそんなことをしなくなっていた。さすがに、雨具は、裏地がボロ…

ナイトハイク 高尾山一号路 高尾山山頂から下山編    2021/12/04

山頂からは、ここのところ富士道を使い一号路に合流していたのだがこの日は、富士道のあまりの暗さに腰が引けて奥ノ院不動院・飯井権現堂を経由して薬王院に向かう最も人気のコースを歩いたが・・・ この通り、夜間は通行止めで門が閉まっていたので、左側に…

ナイトハイク 高尾山一号路 高尾山口駅駐車場から高尾山山頂    2021/12/04

だんだんと寒くなってきたので、駐車場も空きがある。この時間から登るハイカーにとってはありがたいことだ。 「digest版 」にも書いたが、ヘッデンを忘れたので、車に予備用に常時乗せているヘッデンを探したあと、電池をセットした。念のため電源をONにし…

ナイトハイク 高尾山 一号路で往復 2021/12/03(digest )

少しだけ金曜日の夕方から時間が取れたので、一号路を使い高尾山を往復してきた。車は高尾山口駅前にある駐車場を停めての山歩きを楽しんだ。出発時間が16時を過ぎていたので、日が暮れる時間も早くなりナイトハイクになる。この日は、新月の一日前であり、…

品川神社富士塚

住所 〒140-0001 東京都品川区北品川3丁目7−15 ◆品川神社富士塚(品川区指定有形民俗文化財) 富士塚は、富士信仰の集団、富士講の人々が、富士山の遥拝場所として、あるいは実際に富士山への登山が出来ない講員のために造った築山である。品川神社の富…

(白倉から大岳山に登り千足に下る)綾滝から払沢の滝園地駐車場まで 2021/11/20 

綾滝を後にして、指導標に従って天狗滝・千足方面に歩きだした。この日は脚が好調でここまで休憩らしい休憩もなく歩いてこられたが、後遺症が出ないことを祈るのみ。 一瞬、千足方面の道を見失いそうになったが、ハイカーの姿が見えたので、助かった。 よく…

(白倉から大岳山に登り千足に下る)富士見台から綾滝まで  2021/11/20 

この指導標にある大滝とは、上養沢バス停方面に下る途中にある大滝のことになる。 富士見台からは、道は下り 途中から木段道に変わる。 下り切って、少しの間平坦な道を歩いて行くと。露岩帯が現れる。写真を見ていただければ、露岩にステップが切ってあるの…

(白倉から大岳山に登り千足に下る)大岳山山頂から馬頭刈尾根を歩き富士見台まで  2021/11/20 

大岳山山頂を後にして、来た道(大岳山直登ルート)を使い戻る。 登りが少し急なら帰りも急だ(当たり前)ただしありがたい事に、立木があるのでそれをお助けにして下って行く 道が急だった分、帰りはあっと言う間に分岐に到着した。ここは、右方向へ 分岐に…

(白倉から大岳山に登り千足に下る)大岳山直下の小祠から大岳山山頂まで  2021/11/20 

どのコースを使って、大岳山山頂を目指すのか?悩んだのだが、やはり最短コースの直登ルートを選択した。このコースは、昔に比べてあるく登山者も増えてきたので、踏み跡も明瞭になってきつつある。踏み跡を辿って歩けば、間違いなく山頂に立てるのだがちょ…

(白倉から大岳山に登り千足に下る)富士山展望地➀から小祠  2021/11/20 

富士山展望地➀(Boo命名)からやや傾斜のある道になる 登り切ると、掘り窪んだ道に変わり 優しい道になって来た そこが、十九丁目。”九”=”苦”ではなかった なんてくだらないことを考えて歩いていたが、記憶力がかなり低下している私の脳の線が一瞬つながっ…

(白倉から大岳山に登り千足に下る)白倉バス停から富士山展望地➀  2021/11/20 

井戸川荘脇の急な坂道を登っていく 登り切ると、それはそれは見事な紅葉を見ることが出来た。 さらに舗装道を歩いて行く 右手に大嶽神社が現れ神社の向かい側には、小川を渡たる大岳山への指導標が現れる。右側の舗装道を歩いても、いったん道は合わさるので…

(白倉から大岳山に登り千足に下る)払沢の滝から白倉バス停編  2021/11/20 

先週に続き、払沢の滝園地駐車場に車を停めて、 白倉から大岳山に取り付くコースを歩いた。まずは、水根本宿線に出るために車で来た道を戻る。左側のの紅葉が綺麗だったので一枚 橋の上から ひのはら「四季の里」さんの前を通過 檜原とうふ「ちとせ屋」さん…

古の大岳山参道を歩き、大岳山に登り、千足に下る 2021/11/20 (digest)

独特の山容を持つ大岳山に、払沢の滝駐車場に車を停めて、水根本宿線を歩き白倉バス停脇にある登山道から、馬刈尾根と合流して、直登ルートを歩き、大岳山山頂を踏み、来た道を戻り、白倉バス方面に下らずに、つづら石まで歩き千足に下り払沢の滝駐車場まで…

今宵は特別な満月 2021/11/19

11月の満月は、ビーバームーン・フロストムーンと呼ばれている。さらに、今年は、89年ぶりに部分月食と満月を同時に見られる貴重な日。勇んで、山でも登ってみて見ようと思っていたが、有休取れるわけもなく、19:00ごろから、空を見上げることとなった。同じ…

(浅間嶺・小岩浅間編)浅間嶺から下山編 2021/11/06

道は緩やかな下りとなる。左側にある木の幹にピンクテープが巻きつけられているがこのテープは、迷いやすい分岐などに付けられることがほとんどだが、ここには必要ないように思えた。それとも伐採用の目印なのだろうか?それにしては木の幹が細すぎる 右側の…

(浅間嶺・小岩浅間編)浅間展望台指導標から、小岩浅間・浅間嶺まであるく 2021/11/06

展望地への指導標に従い、歩いて行くと右手にトイレあり。 トイレを右手に見て歩くと、正面には指導標 浅間嶺・展望台方向を示していた 小岩浅間への指導標は、周りを見渡したが見つけることは出来なかったが、踏み跡はしっかりとあるので、指導標が指し示す…

(浅間嶺・小岩浅間編)そば処「みちこ」から浅間展望台指導標まで 2021/11/06

そば処「みちこ」さんを過ぎると、沢沿いの道を歩くようになる 左側には上流の沢から水を引くためのホースが、岩の上に設置され 岩が敷かれている道を、しばらく緩やかに登っていくのだが、下山時にこの道を使うと雨上がりには足の置き場を間違えると、大き…

(浅間嶺・小岩浅間編)時坂峠からポツンと一軒家でも紹介されたそば処「みちこ」まで 2021/11/06

時坂峠を後にして、「峠の茶屋」方面に歩を進める。このあとしばらくは、舗装された道になる。 やがて、前方にチェーンの張られた場所に出くわす。そして向こう側には車が一台。恐らく林道をここまで来たのであろう。 そしてその先には、左側からは何度か交…

(浅間嶺・小岩浅間編)払沢の滝園地駐車場から、時坂峠 2021/11/06

朝8時少し前に到着したが、駐車台数は5台ほどだった。下山して駐車場に戻ればほぼ満車状態で誘導員が2名で交通整理中。係りの方に話を聞くと登山だけではなく払沢の滝見物の方も多いようだった。それに近くには豆腐屋「ちとせ屋」さんがあり、お豆腐の他にも…

甲州古道とよばれた浅間尾根を小岩浅間・浅間嶺とあるく 2021/11/06

この日に歩いた道は、ヤマケイアルペンガイドによると、浅間嶺は多摩川の支流である北浅川と南浅川の間に横たわっている。その昔は甲州古道とよばれ、現在の甲州街道や青梅街道と並ぶ武蔵と甲斐、相模との交易路として利用された。と書かれている。最近は、…

日ノ出山歩き(クロモ上見晴台から山頂へ、そして下山)2021/10/30

「クロモ上見晴台」の「クロモ」は漢字で書くとどのような文字になるのか毎回思うのだが、今だに全く不明のまま。もやもやしながらいつものようにこの場所を通過する。クロモ上見晴台の向かい側には、御岳山への巻道の指導標あり さらに休憩用のベンチも4基…

車窓から見る、秀麗富士に刺激され今日も低山歩き

「AIによる分析の結果、12月から再拡大し、2022年1月中旬ごろに第6波のピークを迎えると予測し警戒を呼びかけています。」と言う記事を目にして、気が緩むことなくマスク・手洗い等々続けていかないといけないのだが、ここのところ出張はなかったが2週間前あ…