I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

歩いた山々-多摩百山(素材)

多摩百山 7座 赤指山から林道歩いて峰谷バス停 2020/12/05

長い長い林道歩きが始まった。総集編で歩いたルートを載せるがかなり、遠回りしながらバス停に到着したことになる。 フェンス沿いの道をテクテク歩いて行った。 林道なので、登山道と違いアップダウンがあるわけもなく歩きやすいのだが そろそろ飽きっぽい性…

多摩百山 7座 千本ツツジから赤指山 2020/12/05

千本ツツジ分岐まで、下っていく。当たり前だが、登りよりも下りはあっと言うまに到着する。 峰谷バス停方面の分岐到着。ここからは今日のお題の最後”赤指山”直下までは登りはない。しばらくは登り脚くんの出番はないのでせいぜい下り脚くんに頑張ってもらお…

多摩百山 7座 日蔭名栗峰から高丸山・千本ツツジと歩く 2020/12/05

日蔭名栗峰からいったん下る 下り切ったところで道幅の狭い個所が出てきた。まだこの時は下が滑ることはなかったが、雨上がりの後は慎重に歩く事が必要かもしれない 何度も書くが、お天気だったら気持ちよく歩けそうな道だが、ガスっていて先がよく見通せな…

多摩百山 7座 水根山分岐から日蔭名栗峰  2020/12/05

石尾根縦走路に向かって道なりに進む 歩いていくうちに雨が再び降り始めて来た 右側に鷹ノ巣山への指導標 ササ道の緩やかなに登り 石尾根縦走路に合流するも、残念ながらガスガス・・・天気さえよければ見晴らしのよい尾根道なのだが残念 尾根道は、最初は平…

多摩百山 7座 倉戸山から榧木ノ山を経て、水根山分岐まで  2020/12/05

このあたりは広場のような場所を歩いた。 よく見れば薄い踏み跡が所々にあったので大きく道を外すことはなさそうだが、なるべく左側を歩いた方がいいと思う。あくまで私見ですので悪しからず 所々に用地境界目標が立っていたので、ある程度の目標として使わ…

多摩百山 7座 倉戸山登山口から倉戸山  2020/12/05

あれま!4年前にはなかったぞ。こんな木段道・・・かなり道が整備されて いると言うことか 階段道を通過するとさらに登山道らしくなってきた かなり新しい指導標が出て来る 作業道のような道がしばら続く。過去の記憶ほどいい加減なものはないがそれにしても…

多摩百山 7座 大麦代園地駐車場から倉戸山登山口まで  2020/12/05

まずはこの日の多摩百山は、 ① 倉戸山 くらとやま 1,169.3m ⓶ 榧ノ木山 かやのきやま 1,485m ③ 鷹ノ巣山 たかのすやま 1,736.6m ④ 日陰名栗峰 ひかげなぐりみね 1,725m ⑤ 高丸山 たかまるやま 1,733m ⑥ 千本ツツジ せんぼんつつじ 1,704m ⑦ 赤指山 あかざす…

多摩百山 巨岩の点在する天地山山頂から下山編 2020/11/22

どうにか多摩百2座をクリアしてあとは、下りとなる。ここからは素直に下れば意外と早めに下山出来たものを、懲りない男である。東京多摩多摩学園方面に下ろうと地図と睨めっこをしてここと決めたコースを進むことにした。結果から書くといつものように大失敗…

多摩百山 天地山取り付きから巨岩の点在する天地山山頂 2020/11/22

天地山入口からは、落ち葉がほとんど、堆積していない歩きやすい道を下って行く。 小ピークを通過 この辺りから落ち葉が増えてくるが、道を覆う程の量でなかった。時折、赤テープも見受けられる様になってくる。 そして急な下り落ち葉の下には、ゴロゴロ岩が…

多摩百山 鞘口山から天地山取り付き 2020/11/22

鞘口山にあるベンチで、昼食にしたがここは、冷たい風が吹いていて寒さを感じたので汗でびっしょりになった長袖を着替えようとしたが、替えの長袖を忘れる失態。のんびりと昼食を取っていると風邪を引きそうなので、さっさと済ませて大ダワに向かった。 大ダ…

多摩百山 九重山から江戸小屋山を経由して鞘口山 2020/11/22

九重山を後にして、次の目標地江戸小屋山を目指す。まずは平坦な道からの始まりだった。 鉄塔10号線から続く登りの連続だったので、一息つけた そのあと、鞘口山への指導標を過ぎると道は緩やかな下りとなる。 さらに歩いていくと、左側に大きな露岩帯右下に…

多摩百山 氷川駐車場から九重山② 林道から九重山編 2020/11/22

林道に出た後、左手に進むと右側に鉄製のはしごが掛かっている場所があるので、そこをよじ登る。 鉄製の梯子を登り終えると、右手に進み緩やかな登り道となる やがて、広場のような場所にある鉄塔10号が現れる。この先しばらくは樹林帯歩きが続くので、あた…

多摩百山 氷川駐車場から九重山① 駐車場から林道編 2020/11/22

三連休だったので、珍しく今回は予定を立ててみた 初日は多摩百山 二日目は、かみさんの実家の草むしりと部屋の掃除 三日目は、かみさん山女への段階的強化プラン第三弾で高尾山から小仏峠まで の予定であったが、金曜の夜残業等で遅くの帰宅となってしまい…

多摩百山 狩倉山から町営氷川有料駐車場 2020/11/14

狩倉山からは、落ち葉が敷きつめられた緩やかな下りと書きたいところではあるが、油断大敵落ち葉の下には、ゴロゴロ岩が姿を隠しいて、ゴロゴロ岩に足を乗せようものならバランスを崩してすってんころりんなんてことになりかねない道がしばらく続く すでに、…

多摩百山  トウノクボから六ッ石山経由の狩倉山まで 2020/11/14

疲れ果てた脚には、厳しい登りが待っていた。直登ではないのが唯一の救い。ここをクリア出来なければ、当たり前だが六ッ石山には立つことは出来ない。 ここで、お腹が空いてきた。そう言えば、電波反射板の小休止ではどら焼き一つを食しただけだった。 ここ…

多摩百山 イソツネ山からトオノクボ 2020/11/14

イソツネ山から山ノ神 山ノ神から電波反射板 電波反射板からトオノクボ イソツネ山から山ノ神 山頂標識も確認出来たので、もと来た道を戻ることにした。ちょうどこの露岩辺りに出てきたのでここから、登ってきた道をたどればネットフェンスにあった扉のよう…

多摩百山 イソツネ山登山口境橋からイソツネ山④ イソツネ山 山頂標識の探し方編 2020/11/14

イソツネ山?聞いたことのない山だな~と思うので地図を添付します。標高僅か900Mにも満たない山です。それでこんなに苦労するんだ。そうです!そうなんです 探すこと探すこと・・・なかなかイソツネ山の山頂標識が見つからない。 取り敢えず、三角点・・・…

多摩百山 イソツネ山登山口境橋からイソツネ山③ 山頂のある広場まで 2020/11/14

ネットフェンス沿いに歩いて行くと、このようにネットとそれを固定していた木の棒が壊れている場所が出て来る 左手を見ると入口は木の枝で覆われているがその先には道が続いているように見える さらに、これはお助け赤テープ・・・間違いない・・・ここがイ…

多摩百山 イソツネ山登山口境橋からイソツネ山② ネットフェンスまで編  2020/11/14

民家を見上げながら回り込むように進む 道が一直線に伸びている道が出て来る。木々は、伐採によって等間隔に空に向かって伸びている。 大きな露岩を回り込む。 いよいよ、核心部・・両側にササが生い茂っている道に変わる 今日は、気温が高くなると言ってい…

多摩百山 イソツネ山登山口境橋からイソツネ山①  二軒目の人家まで編 2020/11/14

登山口を登ると、直進と大きく右に曲がる道が出て来るが、右に曲がる。 こんな案内板(文字ほとんど消えかかっているが六ツ石山と書いてあった)がある。 物置の用な建物を右下に見ながら舗装されて道を登る 正面に廃線となった水根貨物線の鉄線が出て来るの…

多摩百山 町営氷川駐車場からイソツネ山登山口まで  2020/11/14

最近天気が安定しており、年内あと何座登れるのか分からないが、この時を逃さずに、以下のコースを歩いてきた。 この日歩いたコース 町営氷川駐車場 → 境橋バス停 → イソツネ山 → 山ノ神 → 反射板 → トオノクボ → 扇 平 → 六ッ石山 → 狩倉山 → 三ノ木戸山分…

赤杭尾根合流地点から、古里駅まで 2020/10/04 ②

古里駅分岐から赤久奈山(赤杭山) 赤久奈山(赤杭山)から川井駅と古里駅の分岐 川井駅と古里駅の分岐から古里駅 古里駅分岐から赤久奈山(赤杭山) 道が隠れるほどではないが、下草の生えた道をすすむ 平坦な道が少し登りになる 登り切った先は再び平坦な…

赤杭尾根合流地点から、古里駅まで 2020/10/04 ①

赤杭尾根合流地点からエビ小屋山との分岐 エビ小屋山との分岐から作業道 作業道から古里駅分岐 赤杭尾根合流地点からエビ小屋山との分岐 合流地点から少し経つと、周りがガスって来た。ここから先はさほど危険な個所はないがあまり気分が良いものではない。…

日向沢ノ峰から赤杭尾根との合流地点まで 2020/10/04 

日向沢ノ峰から蕎麦粒山巻道 蕎麦粒山分岐から踊平 踊平から獅子口分岐 獅子口分岐から赤杭山との分岐 赤杭山分岐から赤杭尾根合流地点 日向沢ノ峰から蕎麦粒山巻道 日向沢ノ峰から一旦下る。 それにしても、このコースは人気のコースなのだが今日は、ほとんど…

蕎麦粒山から日向沢ノ峰 2020/10/04 

蕎麦粒山から桂谷ノ峰 桂谷ノ峰からオハヤシの頭 オハヤシの頭から日向沢ノ峰 蕎麦粒山から桂谷ノ峰 ここからは急坂をジグザグに付けられた道を下って行く 下り切って後ろを振り返った。 下り切ってしまえばしばらくは、のんびりと尾根歩きが出来る 平坦な道…

笙ノ岩山から蕎麦粒山に登り、仙元峠を往復する 2020/10/04 ②

仙元峠方面のまき道から蕎麦粒山 蕎麦粒山から仙元峠への分岐 仙元峠への分岐から仙元峠 仙元峠から蕎麦粒山 仙元峠方面のまき道から蕎麦粒山 この登り坂を見てしまうと、先に仙元峠へのまき道を 進めばよかったかな?なんて思ったりもした。 障害物あったが…

笙ノ岩山から蕎麦粒山に登り、仙元峠を往復する(道迷いがありそうな箇所の説明有り) 2020/10/04 ①

笙ノ岩山から塩地ノ頭 塩地ノ頭から仙元峠まき道の分岐 笙ノ岩山から塩地ノ頭 笙ノ岩山から進行方向へと進む赤テープはなかったが、よく目を凝らしてみて見ると少し先に道が続いていたのでGPSを手に取り道を外れていないのか確認しながら進む そして一旦下る…

川乗橋バス停から笙ノ岩山 2020/10/04 ②

三角点から広場のような場所 広場のような場所から笙ノ岩山 三角点から広場のような場所 広場のような場所を歩く。 ありがたいことに赤テープが木に括り付けた有ったので利用させて頂いたが、念のためGPSも併用して進む。あまり人が歩いていないコースでルー…

川乗橋バス停から笙ノ岩山 2020/10/04 ①

日原方面バスの現状 この日歩いたコース 奥多摩バス停から大沢バス停 大沢バス停から川乗橋バス停 川乗橋バス停から蕎麦粒山取り付き 蕎麦粒山取り付きから三角点 日原方面バスの現状 川乗橋バス停の二つ手前の大沢バス停で下車して、大沢→白妙橋→川乗橋と歩…

過去最強クラスの台風19号(Hagibis)から約一年 東京日原地区の山の現状

今日、日原方面の山に登ってきて感じたことは、ライフラインは少しづつですが作業をされている方々のおかげで台風後の状態よりも良くなりつつあるように思えたのですが山は大ダメージを負っていました。もちろん、ライフラインが最重要課題であることは重々…