I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

古くから栄えた信仰の山 大山に登る④

下山は、ほとんど階段状に整備された急な道を下る

f:id:willie_boo:20191214151512j:plain

ストックがあれば、膝に負担が掛らないのでgoodかも知れませんね

f:id:willie_boo:20191214151625j:plain

小学生の子供もいるので途中何回か休憩を入れる

f:id:willie_boo:20191214151716j:plain

このあたりは、木の根の張り出した狭い道もあり、慎重に進む

f:id:willie_boo:20191214151929j:plain

島ちゃんと梅ちゃん以外はみんな、上手にストック使って下っています

f:id:willie_boo:20191214152121j:plain

f:id:willie_boo:20191214152251j:plain

ベンチテーブルのある見晴台へは、もう少し

f:id:willie_boo:20191214152417j:plain

見晴台に到着して、後ろを振り返る

よくあんなところから降りてきたもんだといつもの通り思う

f:id:willie_boo:20191214152600j:plain

見晴台からは右手方向へ山腹を進む

f:id:willie_boo:20191214152711j:plain

非常に歩きやすい道

f:id:willie_boo:20191214152845j:plain

ここから、御朱印組の杉ちゃんと島ちゃんが猛スピードで進んで行く

社務所が閉まってしまうと困るからと言って・・・

あっという間に

二人とも姿が見えなくなる

f:id:willie_boo:20191214153140j:plain

ここで武ちゃんが、後方組は私が見てるから御朱印隊追いかけていいよと言うので一段ギアを上げる。前が詰まっていてすぐに追いつく。前を歩くグループのリーダーが、どたどた歩く私に気が付き、道を空けて頂く

f:id:willie_boo:20191214153411j:plain

すかさず、島ちゃん足取り軽やかに・・・

テニスをしていて、体力ある杉ちゃんもついて行くのに必死

可哀相に少々小走り

f:id:willie_boo:20191214153500j:plain

f:id:willie_boo:20191214154213j:plain

二重滝

f:id:willie_boo:20191214154526j:plain

少し歩いて行くと鳥居

f:id:willie_boo:20191214154629j:plain

まもなく下社と続く階段

f:id:willie_boo:20191214154712j:plain

御朱印組は階段をさっさと登る

体力ない私は、広場で後続組を待つ作戦

ほどなくて御朱印隊と後方組が広場に集まり、帰りの方法を相談

全員ケーブルカーで帰ると思いお別れのあいさつして男坂方向に歩き掛けるとなんと島ちゃんが一緒に帰りましょうと追いかけてくる。ケーブルもそこそこ混んでいたので、念のため武ちゃんにケーブル下山したらライン頂戴とお願いする。ケーブルとの競争だい!

f:id:willie_boo:20191214172642j:plain

この島ちゃん・・・足の運びが半端なく素晴らしい

男坂階段の急坂いや急急坂を、すいすいと下って行き、前に歩いている若い男性登山者を煽ること煽ること

f:id:willie_boo:20191214172919j:plain

まもなく武ちゃんから着きましたとのLINE・・・

武ちゃん、着いたようですよと伝えると

一段どころか3段ぐらいギア上がったようで、早い早い!!

スイスイと下る。私は、影信から小仏峠に降りるように奇声を上げながらどたどた後を付いて行く。

あれま!追いついちゃったよ

さらに追い抜いて、お土産まで買ってます。

f:id:willie_boo:20191214173910j:plain

帰りのバスは、満席でしたが運よく坐れ、バスで初めて爆睡

これからは、無理せずに低山を軽いザックで歩くことにします

f:id:willie_boo:20191214174122j:plain