I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

古里駅から大塚山・御岳山・奥の院・鍋割山・大岳山と歩いて、白倉に下る② 2020/03/22

 

 <大塚山豆知識>

 大塚山の名前の由来は、東京の里山100選 石原裕一郎さん編著によると、その山容が古墳=大塚を思わせることから名付けられたようです。

大塚山の名称は、棒ン杭山(ぼんぐい)とも白岩山とも呼ばれていたとも言われている。と奥多摩 -山・渓・峠-宮内敏雄さん著に出ています

<登山口から大塚山まで>

まずは、イノシシ除けの鉄柵を開けてスタートします

f:id:willie_boo:20200323220642j:plain

出だしから緩やかな登り

f:id:willie_boo:20200323221213j:plain

九十九折に高度を少しづつ上げていく

f:id:willie_boo:20200323221258j:plain

途中、指導標に書かれた大久保の文字・・・なんでしょうか?

f:id:willie_boo:20200323221337j:plain

上の指導標から5分ほどで上に林道が見えてくる

f:id:willie_boo:20200324004100j:plain

林道を横断して向こう側の階段を登る

f:id:willie_boo:20200324004155j:plain

 ここから、意外とくせ者の登りが数度ある

f:id:willie_boo:20200324124544j:plain
f:id:willie_boo:20200324124601j:plain

登り切るとフラットな道

この辺りは、地面に落ちた葉っぱが堆積して、歩くとサクサクと音を立てる。

f:id:willie_boo:20200324125104j:plain

さらに先に進むと、登り坂が出て来る

アップダウンがないだけとても脚には優しい

f:id:willie_boo:20200324125235j:plain
f:id:willie_boo:20200324125253j:plain
f:id:willie_boo:20200324125309j:plain

やがて道が落ち着き

f:id:willie_boo:20200324125415j:plain

下の場所にちょうど、この標識

f:id:willie_boo:20200324131102j:plain
f:id:willie_boo:20200324125456j:plain

もちろん大塚山方面に進む

①→電波塔方面(行き止まり)

②大塚山経由の御岳山

③ケーブルカー乗り場方面

f:id:willie_boo:20200324132818j:plain

大塚山方面の道は、最初は木の根の張りした道で、それが終わると階段状の道になる

f:id:willie_boo:20200324133225j:plain
f:id:willie_boo:20200324133246j:plain

途中から、右手方面に①の電波塔が見えた

f:id:willie_boo:20200324133523j:plain

登り切ると、大塚山園地休憩所

f:id:willie_boo:20200324133557j:plain

中を見渡すとこんな感じ

f:id:willie_boo:20200324133649j:plain

ここから、緩やかな坂を進むと

f:id:willie_boo:20200324133733j:plain

大塚山です。辺りには、テーブル付のベンチが3つほど・・・

とても静かな場所でした。

f:id:willie_boo:20200324133800j:plain

まだ休憩しなくても歩けそうだったので

木の階段を下る

f:id:willie_boo:20200324134012j:plain