I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

2015.09.19(土) 焼山登山口から丹沢主脈縦走

ヤフーブログが終了するとのアナウンスを頂き、思い切って今までの記事をすべて削除したあと、はてなブログを始めたものの、あとからかなり後悔しました。特に、今回多摩百を再度チャレンジするにあたり、自分のコースタイムや登山口がややこしい山の予習ができない事等々。ところが、ふと閃きました!ヤマップの記事に少し残っていることに。と言うことで”私は若かったシリーズ”を、自粛が落ち着くまで、始めます(笑)そうは言うものの、あまり量は残っていないのでご容赦下さい。それに、細かい写真もないのが現状です。

 

タイム 距離 上り 下り カロリー
10:14 27.9㌔ 2,370M 2,375 5882㎉

<行程表> 

   (1時間48分)
   (0時間39分)
    (0時間20分)
10:35--------------------避難小屋
      (0時間39分)
      (1時間33分)
蛭ヶ岳
        (0時間21分)
        (0時間07分)      
       (0時間07分)
不動ノ峰
       (0時間28分)
        (0時間28分)
竜ヶ馬場
        (0時間10分)
        (0時間18分) 
        (0時間19分) 
花立山荘
        (0時間22分)  

        (0時間13分) 
        (0時間58分) 
 
行動時間:08時間34分
休憩時間:01時間40分
合計時間:10時間14分
 
今じゃ、丹沢山にある”みやま山荘”で一泊しないと無理でしょうね。
とくにかく、塔ノ岳山頂で、暗くならないうちにバス停までと気が急いた記憶があります。
< 足跡>

f:id:willie_boo:20200425164800j:plain

 

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである。
(承認番号 平23情複、 第57号)」

 

バスで焼山登山口で下車

f:id:willie_boo:20200425170443j:plain

焼山 雲が多かったので一番上まで行ったのですが展望なし

f:id:willie_boo:20200425170641j:plain

 

f:id:willie_boo:20200425170832j:plain


なぜかこの後写真がなかった・・・

ワープしてしまったように、蛭ヶ岳への登り

この辺りで、休憩したと思う

f:id:willie_boo:20200425171418j:plain

あと少し蛭ヶ岳

f:id:willie_boo:20200425171542j:plain


蛭ヶ岳(すでに13時・・・どうしよう)

f:id:willie_boo:20200425171734j:plain

とにかく先に進まないと
今考えるとよくこんなところ登れた

f:id:willie_boo:20200425171920j:plain


f:id:willie_boo:20200425172003j:plain


丹沢山到着(14:30)
随分時間がかった。ゆっくり坐りたいところですが
先を急ごう

f:id:willie_boo:20200425172207j:plain

最後の塔ノ岳を残すのみ

f:id:willie_boo:20200425172408j:plain

人気のお山なので人もこの時間になっても、ちらほらと見かける
大声をだして気合を入れたいのですが・・・恥ずかしい

f:id:willie_boo:20200425172456j:plain

 

塔ノ岳到着(15:30)

f:id:willie_boo:20200425172521j:plain


日帰り?それとも宿泊・・・山頂に登山者

f:id:willie_boo:20200425172646j:plain

急げ急げ日没までにバス停
ここは慎重に進む
ここまで、整備して頂いている関係者の方に感謝しかありません

f:id:willie_boo:20200425172730j:plain

バス停到着(17:34)

f:id:willie_boo:20200425172851j:plain


体力もないのに荒っぽい山登りしたものです。
でも、多摩百完歩の暁には、もう一度挑戦してみたい
5年前の自分に挑戦シリーズとでもめい命名しましょうかね(笑)
なんてね・・・嘘嘘