I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

2020/06/21 多摩百山 払沢の滝園地駐車場から浅間嶺・松生山と歩き、笹平へ下る。(2座)②

峠の茶屋から 小岩バス停と浅間嶺・上川乗バス停と浅間嶺展望地との分岐

小沢バス停分岐から距離にしてわずか先に峠の茶屋がある。

 f:id:willie_boo:20200622215031j:plain

茶屋の手前には沢からの水をパイプで引いた水場があり、梅雨で雨量も多く水の勢いがよく、ひんやりとして冷たかった。

f:id:willie_boo:20200622215050j:plain

高嶺荘の看板

f:id:willie_boo:20200622215103j:plain

創業1686年って・・・

ちょっとだけ調べてみたら貞享3年この年に生まれた人が生きていたら334歳になる。

五代将軍・徳川綱吉の時代で翌年の1687年には生類憐みの令が出された。瀬戸沢は、この地域の地名で、馬方は、人や荷物を運ぶ人たちがいた宿場だったのだろうか?これは私の想像です

f:id:willie_boo:20200622215116j:plain

思わずゴクリと唾を飲み込む張り紙があった。いかんいかん今日は車だ。

f:id:willie_boo:20200622215300j:plain

晴れていれば奥多摩三兄弟のうち山容の個性的な大岳山や御前山が見れる場所

f:id:willie_boo:20200622215315j:plain

大山祇神社の鳥居があったので、無事に下山できるようにお願いをした

f:id:willie_boo:20200622215330j:plain

土日のみですが、お茶屋さんももうすぐ再開のようです。

楽しみ楽しみ・・

f:id:willie_boo:20200622215356j:plain

舗装された道を緩やかに下る

f:id:willie_boo:20200622215422j:plain

小岩方面との分岐。ここは左の下る道が浅間嶺方面

もちろん指導標はある。

f:id:willie_boo:20200622215441j:plain

指導標はこんな感じ

f:id:willie_boo:20200622215501j:plain

f:id:willie_boo:20200622215518j:plain

ここでも緑がとても鮮やかに感じられた

f:id:willie_boo:20200622215539j:plain

舗装された道から小石の道になり

f:id:willie_boo:20200622215558j:plain

さらに進むと砕石地帯

f:id:willie_boo:20200622215615j:plain

左手に見える建物の屋根も兜作りと呼ぶのだろうか

f:id:willie_boo:20200622215635j:plain

テレビ朝日のポツンと一軒家で放送された檜原村の”そば処みちこ”

放送では、確か閉店されると言っていたが、現在は妹さんが中心になって再開されたとの情報を耳にした。

f:id:willie_boo:20200622215652j:plain

f:id:willie_boo:20200622215715j:plain

店舗の入り口には水車が設置されている

f:id:willie_boo:20200622215733j:plain

沢の上流から水を引いているので、昨年の台風ではかなりの被害があり復旧までかなりご苦労されたことでしょう。

f:id:willie_boo:20200622215809j:plain

 

f:id:willie_boo:20200622215825j:plain

少し雨でぬれた石畳の道を緩やかに進む

f:id:willie_boo:20200622215845j:plain

ここも台風の爪痕。一瞬道を見失いそうになるが、少し先に目を向ければ迷いません

f:id:willie_boo:20200622215904j:plain

徐々に沢を離れるように、右手に付けられた山道を登って行きます

f:id:willie_boo:20200622215931j:plain

途中両側が露岩帯の道もある

f:id:willie_boo:20200622215958j:plain

さらに高度をあげて尾根に向かう

f:id:willie_boo:20200622220022j:plain

前方が開けたところが、尾根道

f:id:willie_boo:20200622220044j:plain

沢沿いの道を歩いてきたせいか、開けた場所に出ると開放的な気分になる。

そして何よりも、涼しい風が心地よく、体温が上昇した身体に、ひんやりと涼を感じさせてくれた。

f:id:willie_boo:20200622220106j:plain

ここからは一本道

f:id:willie_boo:20200622220131j:plain

途中、カタクリ観察路を左手見る。

標識に従って登っていけば、カタクリ群生地である。

f:id:willie_boo:20200622220151j:plain

道幅はやや狭いが、よく踏まれて歩きやすい道を進む

f:id:willie_boo:20200622220227j:plain

なぜか、右手の細い木に赤テープが続いて結ばれていた

f:id:willie_boo:20200622220259j:plain

定番の上を見上げて一枚!!こっそり書きますが、この写真と撮るときは疲れてきた証拠なんです(笑)

f:id:willie_boo:20200622220316j:plain

しっかりと周りを見れば迷うことはないのですが、スマホを見ながら歩いていると、ついつい入り込んでしまう道らしき箇所には、こんな感じで木が何本か横になっていて先行けませんよの印があった。

f:id:willie_boo:20200622220334j:plain

平坦な道から、緩やかな登りに変わる

f:id:willie_boo:20200622220356j:plain

着いた先には、小岩バス停浅間嶺・上川乗バス停浅間嶺展望地との分岐

まずは、0.4キロ先の浅間嶺・上川乗バス停に向かう

f:id:willie_boo:20200622220416j:plain

今日はこの辺で

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング