I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

2020/07/12 核心部入小沢ノ峰へと続く道を歩く編 (深山橋から大寺山に登り、金風呂バス停に降り、入小沢ノ峰に登りヌカザス尾根で下山④(4座))

 

登山口と工事作業入口分岐からワサビ田

休憩したのち先に進む。急坂ではないものの登りが続く

f:id:willie_boo:20200716095840j:plain

 毎度のことながらあたりの景色にかわり映えはなかった

f:id:willie_boo:20200716102555j:plain

歩いていくと、右側にワサビ田が出てきた。沢沿いの道がこのあと少し続くのでタオルを沢の冷たい水に浸して汗をぬぐいたい気がしたが、沢には網のネットが張られていて容易に沢に近づけないようになっていたので、涼しい空気だけを堪能した

f:id:willie_boo:20200716102734j:plain

ワサビは日本原産の野菜でハーブの一種だそうです。奥多摩周辺では、江戸時代のころから栽培がおこなわれていて、将軍家にも献上されていたとか・・・

f:id:willie_boo:20200716103139j:plain

ワサビ田からシンナシ尾根分岐

沢から離れて、高度を上げていく

f:id:willie_boo:20200716103724j:plain

この後は、九十九折の道を進み上へ上へとあがっていく

f:id:willie_boo:20200716104013j:plain

なかなか厳しい登りだった。行きついた先は広場のような場所だった。左側の道は緩やかな登りで右側は平坦な道だった。どちらの道も良く踏まれていたのでこの先で合流するものとばかり思いフラフラ楽な道へ進んでしまった。進んだ先の左側に地権者のお住いが見えたので分岐まで戻った。注意書きに付いては、改めて書く予定。

f:id:willie_boo:20200716183559j:plain
ここから先は、気が遠くなるように何度も九十九折りの道が続く

f:id:willie_boo:20200716184446j:plain

ただ、急登りではなく斜度もほぼ同じの道が続いているのが唯一の救いだった

f:id:willie_boo:20200716184612j:plain

大の苦手の木の梯子が登場。雨で濡れていなかったので難なくクリア(笑)

f:id:willie_boo:20200716184630j:plain

全く同じ道の繰り返しに飽きてくるので時々登ってきた道を上から見てよくここまで登ってきたもんだと自分をほめた!

f:id:willie_boo:20200716184646j:plain

右側に大きく曲がるところで左手からシンナシ尾根(境ノ尾根)と道を合わせる。たぶん。シンナシ尾根は上に登る道で三頭山~玉川コースの道はやや下の道を変わりなく九十九折に登る。

シンナシ尾根分岐から入小沢ノ峰

f:id:willie_boo:20200716184701j:plain

先ほどから斜め上のシンナシ尾根が気になりだした。直線に延びているシンナシ尾根の方が早く着きそうだし、今歩いている玉川コースは一度周り込んでから登り返して入小沢ノ峰に着く。一旦上がってしまえばと言う気持ちから、シンナシ尾根道にすいこまれるように進んでしまった。これが大失敗の元だった。

f:id:willie_boo:20200716185317j:plain

玉川コースは、単調な道ではあり、脚がこの道に馴れてしまっていた。脚を踏ん張って登る道ではなかったのだ。それに反してシンナシ尾根の道は、逆に足にかなりの圧が掛る道だった。何度も足に力を入れて登って行くので、危うく足が攣りそうになった

f:id:willie_boo:20200716185347j:plain

少し傾斜が緩んだあたりで、元に戻る道を模索していると、ちょうど玉川コースと交差する場所があったのでシンナシ尾根コースから外れ元の道に戻った。

f:id:willie_boo:20200716185407j:plain

少し先には、障害物競争のような道に遭遇

f:id:willie_boo:20200716185458j:plain

やはり、単調でも慣れた道がいい。

f:id:willie_boo:20200716185525j:plain

左手に指導標が見えてきた。

f:id:willie_boo:20200716191948j:plain

三頭山と三頭橋との分岐

ここを左手に軽く登り返せば、入小沢ノ峰だ

f:id:willie_boo:20200716192023j:plain
大きく力強く(嘘・・)一歩を踏み出そうと来た道を振り返ると

作業道の標識。もしかし作業道を使って歩いてきたんだね。

f:id:willie_boo:20200716192331j:plain

今度こそ、入小沢ノ峰に向かってリスタート

f:id:willie_boo:20200716192456j:plain

その前に、ゆるやかな登り坂

f:id:willie_boo:20200716192530j:plain
入小沢ノ峰に到着。あれま!入小沢ノ峰の沢の下半分とノと峰の文字が長年の劣化で消えてしまていた。

f:id:willie_boo:20200716192623j:plain

その代わりに、マジックで書いてあった。これ関しては文句は私はなかった。

f:id:willie_boo:20200716192825j:plain

九十九折りの道は地図で見るとこんな感じ

f:id:willie_boo:20200716193512j:plain

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング