I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

2020/07/12 深山橋から大寺山に登り、金風呂バス停に降り、入小沢ノ峰に登りヌカザス尾根で下山⑤(4座)

入小沢ノ峰からヌカザス山(糠指山)

 ここからは、オツネの泣き坂を下りヌカザス山に登り返すコースである。

そろそろ脚に踏ん張りが効かくなり下りの厳しいこのコースは慎重に歩かないと怪我をする可能性もある。

f:id:willie_boo:20200716201505j:plain

緩やかに下り始める

f:id:willie_boo:20200716201601j:plain

疲れた脚にはトラロープは本当にお助けロープに思えた

f:id:willie_boo:20200716201636j:plain

この下りは、一気に下れそうなのでスピードアップを試みるもさほど早く進んでいるとも思えず、ゆっくり歩くことにした(笑)

f:id:willie_boo:20200716201830j:plain

下りから道が変わり登りになり始める

f:id:willie_boo:20200716201959j:plain

この注意書きは、下から登って来た人が、オツネの泣き坂に差し掛かるときに見る、木に括り付けられているものです。

f:id:willie_boo:20200716202051j:plain

朽ち果ててしまった指導標

f:id:willie_boo:20200716202115j:plain

ヌカザス山への登り返しの開始

f:id:willie_boo:20200716202205j:plain

歩き始めて5時間半近くたちこの登りは辛いものがあった

f:id:willie_boo:20200716202412j:plain

ムロクボ尾根とヌカザス尾根の分岐

あれま!ここにもいたずら書きが・・・ヌカザス尾根かムロクボ尾根を登ってきた犯人の仕業だろうか?とれとも都民の森から登り、この二つの尾根のどちらかを下りに使ったのか?ご丁寧なことに、山名の白い文字まで同じマジックで塗っていた。

f:id:willie_boo:20200716202642j:plain

ヌカザス山到着この山頂名板は無傷だった。と言うことは犯人はムロクボ尾根を使ったものの犯行だろうか?

f:id:willie_boo:20200716203148j:plain

みなさんは、漢字とかなかな名とどちらがお好きかな?

f:id:willie_boo:20200716203329j:plain

ヌカザス山からイヨ山

 ヌカザス山からは左から回り込むように露岩道の下りになる

f:id:willie_boo:20200716203821j:plain

 途中途中に木々があるので、うまくつかまりながら慎重に進んだ

f:id:willie_boo:20200716204023j:plain

しばらく下りが続き、ヌカザス山から17分経った平坦な場所で、小休止を取る

f:id:willie_boo:20200716204302j:plain

ここから、少し先に進むとイヨ山の登りが待っていた

f:id:willie_boo:20200716204359j:plain

思わず、地図を見てあと何回登りがあるか確認してしまった

f:id:willie_boo:20200716204503j:plain

なるべく木の根の張り出していない脇道を歩く。

f:id:willie_boo:20200716204556j:plain

途中からそうも行かなくなり、中央を歩いて山頂を目指した

f:id:willie_boo:20200716204652j:plain

イヨ山到着

今日のミッション達成

f:id:willie_boo:20200716204738j:plain

イヨ山から登山口

出発前に地形図を見て、もう登り返しがないことを確認して”登り脚君”にお疲れさんと声をかけ”下り脚君”にそろそろ本領発揮ですなと一声かけて出発した。満を持して”下り脚君”が歩きだした。ほとんど今回の山行では寝ていた状態だったのでここまでの遅れを取り戻してくれる活躍期待したい

f:id:willie_boo:20200716205306j:plain

下り始めて少しすると、道の両脇に木々が茂り枝が登山道に張りだしている道が続く。うっかりしてアームカバーを忘れてしまい、下山後気が付くと二の腕に木の枝で擦れたのか何箇所か擦り傷があった。

f:id:willie_boo:20200716205639j:plain

オートバイの爆音がだんだんと大きな音として聞こえてきたころ、掘り窪んだ道が出て来る

f:id:willie_boo:20200716205707j:plain

眼下に奥多摩周遊道路が見えてきた。あと少し

f:id:willie_boo:20200716205903j:plain

V字に大きく曲がれば

f:id:willie_boo:20200716210033j:plain

ヌカザス山登山口

f:id:willie_boo:20200716210128j:plain

記念なので、登山口の指導標を写真に撮る

イヨ山から35分で到着

f:id:willie_boo:20200716210213j:plain

あとは、奥多摩周遊道路を歩いて深山橋まで戻るだけである

f:id:willie_boo:20200716210628j:plain

奥多摩湖を挟んで向かい側には、多摩百山の中でも手ごわい山山が姿を現し、まるで、さぁ~掛ってこいや~と挑発しているようだった。その前に笹尾根縦走が残っていた。順番に片付けてそちらに向かいますと心に誓った。

f:id:willie_boo:20200716210649j:plain

それにしてもアスファルトの道は照り返しがあり暑く感じる。川野駐車場を通過する。

f:id:willie_boo:20200716211116j:plain

ムロクボ尾根登山口

f:id:willie_boo:20200716211213j:plain

三頭橋を渡る

f:id:willie_boo:20200716211247j:plain

まもなく駐車場に到着

f:id:willie_boo:20200716211318j:plain

7時間半を越える激闘の終了であった

f:id:willie_boo:20200716211357j:plain

着替えをしている時に一雨来たのには、驚いたが天然シャワーのおかげでサッパリした

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング