I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

川乗橋バス停から笙ノ岩山 2020/10/04 ②

三角点から広場のような場所

広場のような場所を歩く。

f:id:willie_boo:20201007205526j:plain

 ありがたいことに赤テープが木に括り付けた有ったので利用させて頂いたが、念のためGPSも併用して進む。あまり人が歩いていないコースでルートを見誤ると大変なことになるので慎重に進んだ

f:id:willie_boo:20201007205635j:plain

 この辺りはとても歩きやすい道が続いた

f:id:willie_boo:20201007210003j:plain

ここにも赤テープがあった。広場のような場所なので道迷いが多いのかもしれない

f:id:willie_boo:20201007210049j:plain

いつまでも、楽な道が続くわけでもなく登りが再び現れた。

f:id:willie_boo:20201007210206j:plain

ここは露岩を周り込むように進んだ

f:id:willie_boo:20201007210259j:plain

今日初めての緩やかな下り道となる

f:id:willie_boo:20201007210421j:plain

下り切ると、左手に大きく曲がる道が現れた

f:id:willie_boo:20201007210529j:plain

そうこうしている内に、道幅の狭い登りとなる

f:id:willie_boo:20201007210648j:plain

どこをどう歩いたら一番楽な道を歩けるのか、周りを見回した。体力ももちろん必要だが、判断力も必要だとつくづく思いながら歩いた

f:id:willie_boo:20201007210809j:plain

登り切った先には山頂標もなく、川乗橋方向を示す指導標しかなかった

f:id:willie_boo:20201007211251j:plain

広場のような場所から笙ノ岩山

ここから先は露岩帯の通過になる

f:id:willie_boo:20201007211520j:plain

一直線に伸びる道の登りを、ゆっくりと進んだ。

f:id:willie_boo:20201007211709j:plain

①にも書いたが、道は登りだが周りの木は枝打ちをされていて、下に枝が落ちておりそれがクッションになって歩きやすかった

f:id:willie_boo:20201007211820j:plain

再び道が落ち着く

f:id:willie_boo:20201007212841j:plain

しばらく平坦な道が続いたので、疲れた脚がすこし回復できた

f:id:willie_boo:20201007212912j:plain

 

f:id:willie_boo:20201007213047j:plain

笙ノ岩山へと続く道を進む

f:id:willie_boo:20201007213214j:plain

そして平らになったところが、笙ノ岩山になる

f:id:willie_boo:20201007213434j:plain

三等三角点の標石があった

f:id:willie_boo:20201007213539j:plain

笙ノ岩山は、私のバイブルには庄ノ岩山とある。

以下は

一二五四米の庄ノ岩山である。一に小ノ岩山また笙ノ岩山なぞとも謂い、山頂附近に浸蝕のため内部の空洞となった堊石があり、風の吹くたび、自ら音を発して微妙になるのが笙を吹くようだと俚老は謂う。

引用元:復刻版 奥多摩 宮内 敏雄 著

 

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング