I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

うちのかみさん、登山始めるってさ(笑)雷岩から親不知ノ頭 2020/10/24

大菩薩嶺への道を進むが、正直あまり変化のない道が続く

f:id:willie_boo:20201028195800j:plain

昨日までの雨で、泥濘の道が多かった。そしてこれは大菩薩嶺への登り

f:id:willie_boo:20201028195926j:plain

登り切れば道は緩やかな登りを残すのみ

f:id:willie_boo:20201028200013j:plain

山頂標の周りに何人かの登山者の姿が見えてくる。

f:id:willie_boo:20201028200101j:plain

大菩薩嶺到着。ここは小平地で、眺めはまったくない。みんなさっさと写真を撮ってそそくさと立ち去って行くが、私的には現在進行形中の奥多摩の山の山頂のような静けさで好きである。なんといっても自分も口下手で地味な性格なのでこう言った山頂が好きなのだろうと思う。

f:id:willie_boo:20201028200314j:plain

休憩する場所もないので、もと来た道を戻ることにした

f:id:willie_boo:20201028200513j:plain

雷岩に戻る途中から、団体さんとすれ違う回数が増えて来た。ツアー会社のバスに乗っきたのだろう。かみさんも下り道なので軽快な足取りに見えた。

f:id:willie_boo:20201028201104j:plain

再び雷岩に戻って来ると、先ほどまで霧に覆われていた風景が一変し始めてきた。なんと大菩薩湖が見えてくる。この景色なんだよ。かみさんい見せたかったのは

f:id:willie_boo:20201031194717j:plain

 ここまで来れば、霊峰が見たいので、雷岩付近でしばらく待っていたが、このお方姿を現してくれない。

f:id:willie_boo:20201031195445j:plain

替わりに、不思議な形をした雲の姿を見ることが出来た

f:id:willie_boo:20201031195547j:plain

残念だが、先に進むことにした。雷岩を後にして稜線を歩いているとまさかの風景が目に飛び込んできた。

f:id:willie_boo:20201031200111j:plain

今度は、頭だけ

f:id:willie_boo:20201031200139j:plain

今一たび、全容を現してくり

f:id:willie_boo:20201031200201j:plain

また雲隠れ(笑)

f:id:willie_boo:20201031200221j:plain

全容は見えなかったが、かみさんは大満足だったよう。この稜線は風の通り道なので日差しは差し始めてきたが風は強く寒く感じる

f:id:willie_boo:20201031200510j:plain

だんだんと行き交う登山者も増えてくる。そしてみんな霊峰が見ることが出来る方向を時折立ち止まり、見ながら歩いているようにみえた

f:id:willie_boo:20201031200722j:plain

霊峰は残念だったが、久しぶりにこの稜線上の景色を見ながら歩くことは気持ちがいい

f:id:willie_boo:20201031201010j:plain

足取りも軽そうに歩いているように見える

f:id:willie_boo:20201031201922j:plain

このコースは、自分が歩いてきたルートを見ることが出来き、よく頑張った感が味わえる。自己満足だろうけど・・・

f:id:willie_boo:20201031202352j:plain

この後、一度目の露岩の下りがある

f:id:willie_boo:20201031202638j:plain

危なかっしいけど、取り敢えず下っている。

f:id:willie_boo:20201031202734j:plain

下り切ると道は一旦落ち着く

f:id:willie_boo:20201031202921j:plain

空の青さと形を変えながら変化していく雲の模様

f:id:willie_boo:20201031203127j:plain

やがて、旧大菩薩峠があったとされる、ケルンが積まれた賽の河原に着く。ここは、風の通り道で遭難が多かったため、明治時代に現在の場所に峠が移されたらしい。

f:id:willie_boo:20201031203841j:plain

避難小屋脇を歩き

f:id:willie_boo:20201031204450j:plain

ここからは、親不知ノ頭への軽い登りが待っている

f:id:willie_boo:20201031204631j:plain

霧が深く行く先が見えないわけでもないので先に登り、かみさんを待つことした

f:id:willie_boo:20201031204701j:plain

左側にバランスを崩しながら(笑)登って来た

f:id:willie_boo:20201031204904j:plain

親不知ノ頭到着・・・残念・・・ここでも展望はなかった。辛うじて大菩薩湖は見ることが出来たが

f:id:willie_boo:20201031205108j:plain

 今日はこの辺で

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング