I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

かみさんと登った筑波山 駐車場から御幸ヶ原コース入口まで  2020/12/12

日本百名山の一つに数えられている関東平野にそびえ立つ筑波山に登る。表参道を登り切った御幸ヶ原(みゆきがはら)にはお茶屋さんが数軒そしてトイレもあるので今回はこの山にした。かく言う私も、山を始めた頃に登ったことが一度だけあるのだが、駐車場や登山道・御幸ヶ原の賑やかさの記憶がなく、初めて登る山のようだった。出発前はガラガラの駐車場も、下山時には満車状態であり改めて人気のお山なんだと実感する。紅葉もまだまだ見頃。

f:id:willie_boo:20201220172605j:plain

この時間帯は、少し風も吹いており上着をはおり出発。どうせすぐに暑くなって脱ぐのだろうが風邪を引いても困るので・・・

f:id:willie_boo:20201220172829j:plain

駐車場代は普通車500円とても良心的。ミシュランの例のお山は確か?1000円だった

f:id:willie_boo:20201220173108j:plain

駐車場の右側に地図があった。登りは御幸ヶ原コースで帰りは白雲橋コースを考えていたが果たして、ケーブルカーのお世話にならずに下山出来るのだろうか

f:id:willie_boo:20201220173320j:plain

トイレ脇を進む

f:id:willie_boo:20201220173538j:plain

トイレを過ぎてすぐに、神社方面近道の指導標

f:id:willie_boo:20201220173608j:plain

近道は階段状の道をくだる

f:id:willie_boo:20201220173704j:plain

途中の紅葉は見事だった

f:id:willie_boo:20201220173747j:plain

お店が立ち並ぶ舗装道を筑波神社方面に向かい

f:id:willie_boo:20201220173947j:plain

筑波神社に向かう階段を登って行く

f:id:willie_boo:20201220174018j:plain

左側に、紫峰牛の石像。なんでも、紫峰牛の肥育者らが奉納したそうで、撫でることによってご利益があるそうです。さっそく自分の干支であるかみさんは丁寧に撫ぜていましたよ。あれ?これで年齢分かっちゃいますね。48歳です・・・嘘嘘

f:id:willie_boo:20201220174208j:plain

ここでも見事な紅葉が出迎えて頂いた。最近少し忙しくてあまり山に登りたくない私は観光だけでもいいのだが、それはかみさんからOKは出なかった。

f:id:willie_boo:20201220175333j:plain

こんな階段でも今日は辛かった。先行する若者の体力が欲しい~

f:id:willie_boo:20201220175549j:plain

さらに、山門の入り口には、茅の輪があり

f:id:willie_boo:20201220175704j:plain

くぐり方まで書いてあった

f:id:willie_boo:20201220175743j:plain

左側には、池もあり見学

f:id:willie_boo:20201220175916j:plain

疲れモードの中でこの階段には心が折れた

f:id:willie_boo:20201220180020j:plain

本殿に到着

f:id:willie_boo:20201220180046j:plain

向かい側には、君が代で歌われるさざれ石

f:id:willie_boo:20201220180118j:plain

f:id:willie_boo:20201220180143j:plain

筑波山は神体山です。登山の安全を祈り拝殿にお参りしましょうと書いてあったのでもちろん無事に下山出来るようにお願いしました

f:id:willie_boo:20201220180517j:plain

ここの紅葉も見事だった。もう十分観光したので、ケーブルの運行時間まで近所を散策したい気分の私。そして、かみさんは歩く気満々

f:id:willie_boo:20201220180703j:plain

こんな階段も、なかなか足が前には進まなかった

f:id:willie_boo:20201220180845j:plain

始発遅い!09:20とは・・・ここでケーブル諦める

f:id:willie_boo:20201220180945j:plain

とうとう、この方に追い抜かれることになってしまう

f:id:willie_boo:20201220181103j:plain

何度も書いているが、紅葉が見事。今年一番かもしれない

f:id:willie_boo:20201220181158j:plain

木の根の張り出した道になっても快調そのもの。遅れを取る私

f:id:willie_boo:20201220181347j:plain

ケーブルカー乗り場との分岐も、迷わず登山道に突入してしまうかみさん・・

f:id:willie_boo:20201220181453j:plain

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング