I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

大菩薩峠の作者 中里介山さんの墓所を訪ねる

かみさんと大菩薩嶺から大菩薩峠に歩いたときに、

 

willie-boo.hatenablog.com

 

中里介山さんが「大菩薩峠」を執筆した山荘である”勝縁荘”を脇を通った。そして、本の内容がとても気になり中古の文庫本を取り寄せて読んでいくと山の物語ではなく時代劇物であり、さらにいろいろと調べていくうちに近くに墓所があることがわかった。笑い話になるかもしれないが、中里介山さんの墓所を、思い込みの激しい私は、中山介山の墓所と思い込んでいて、同じような名前だな?と勘違いをしていたのであった。下車駅は、羽村駅羽村駅を背にしてまっすぐに伸びた道を歩いて行くと新奥多摩街道に道を合わせるが、新奥多摩街道を渡る 

f:id:willie_boo:20201109203304j:plain

ルーテル羽村教会を左手に見て直進

f:id:willie_boo:20201109203323j:plain

 赤い丸で囲った所に

f:id:willie_boo:20201109203917j:plain

 介山先生墓地の案内板がある

f:id:willie_boo:20201109203936j:plain

指導標に従っていくと

f:id:willie_boo:20201109204006j:plain

禅林寺駐車場を直進する

f:id:willie_boo:20201109204024j:plain

この道幅の狭いところを歩く

f:id:willie_boo:20201109204041j:plain

ここからこのように案内板が何箇所か設置されているので迷うことはない

f:id:willie_boo:20201109204058j:plain

前方左側に墓地が見えてくる

f:id:willie_boo:20201109204116j:plain

ここにも、案内板

f:id:willie_boo:20201109204139j:plain

ここにもあった

f:id:willie_boo:20201109204158j:plain

しばらく歩いて行くと、中里家之お墓があるのでここを左手へ

f:id:willie_boo:20201109204232j:plain

道が二手に分かれるがどちらに進んでも

f:id:willie_boo:20201109204654j:plain

 中里介山さんのお墓には、到着できる

f:id:willie_boo:20201109204343j:plain

f:id:willie_boo:20201109204405j:plain

f:id:willie_boo:20201109204424j:plain

これは供養塔?

f:id:willie_boo:20201109204455j:plain

 下の写真は、大菩薩峠にあった同じような形

f:id:willie_boo:20201109204837j:plain

内容については、あえて書かないが物語の途中に見聞きした地名が随所に出て来て、なんとなく親しみがわくことは確かであるが、この距離を昔の人達は現実に歩いたのだと思うと驚くばかりである。もちろん山越えの場面も随所に出て来るが今に比べて道もさることながら草鞋?草履で歩くわけなのでいったい予備のものは何足くらい持ち歩いていたのだろうかとかそんなことを想像してしまうこともある。

今日はこの辺で

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング