I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

午後16:11からの山登り 東京高尾病院から高尾山まで歩く① 2021/01/29

高尾山に向かうコースにそれぞれ何号路と名前が付けられているのだが途中から道が分かれて、その道が何と言う名前なのか分からないところがあり取り敢えずしばらく高尾山集中登山をして、どの道がどこにつながっていて道の様子はどうなのかを把握したうえで自分なりに、勝手に命名してまとめていきたい。もちろんしっかりと書かれているブログも多々あるのだが自分の備忘録として作成していくつもりである。16:00でもこれだけの車が駐車していた。駐車場は現在、工事中であり恐らくだが駐車台数を増やすべく作業中なのだろう。

 f:id:willie_boo:20210204215601j:plain

高尾山口駅出発

いつものように、京王線高尾山口駅から歩き始めた。

f:id:willie_boo:20210204215606j:plain

16:00を過ぎるとさすがに、ケーブルカー清滝駅も閑散としているし、お土産物屋さんもシャッターも降りていた。

f:id:willie_boo:20210204215610j:plain

 稲荷山コースをやり過ごし、沢沿いの道を進んでいくと右側に石仏群があり、その中段には七福神の石像が並べられていた。すべての石仏が赤色の帽子をかぶっているのかはわからない。

f:id:willie_boo:20210204215616j:plain

沢沿いの道を淡々と歩く

f:id:willie_boo:20210204215621j:plain

6号路琵琶滝コース入り口

琵琶滝コース入り口に通行止めの立て看板

どうやら自然研究路6号路が登山道改修工事のため、2020年12月25日から2021年3月末まで通行止めとのことで通行止めの区間は以下の箇所

・6号路の琵琶滝〜5号路交点→琵琶滝コースは、岩屋大師の洞窟の先の水行道場との分岐までは通行できても、沢沿いの道は歩けないということ
・6号路飛び石〜稲荷山コース

f:id:willie_boo:20210204215625j:plain

妙音橋を渡る

f:id:willie_boo:20210204215628j:plain

妙音橋を過ぎると、舗装道の急な登りになる

f:id:willie_boo:20210204215632j:plain

病院脇の道なので、団体で歩く時は静かに歩かないといけません

f:id:willie_boo:20210204215802j:plain

勝手に命名:東京高尾病院ルート入口

 突き当りまで進むと、右側に階段があるのでここを登る。ここから先の道は、東京高尾病院コースと命名することにした。

f:id:willie_boo:20210204215905j:plain

登山道を少し歩いていくと、ここも台風の影響で道が崩れているので

f:id:willie_boo:20210204215910j:plain

近くにつけられたエスケープ道を歩く

f:id:willie_boo:20210204215914j:plain

緩やかな登り道を進んで行くと

f:id:willie_boo:20210204215919j:plain

琵琶滝方面からの道と合わさる。

f:id:willie_boo:20210204215924j:plain

琵琶滝コースとの分岐

ここから高尾山へは、2.2㌔との道標

f:id:willie_boo:20210204215929j:plain

勝手に命名:霞台園地コース

 このコースは、露岩あり木の根の張り出しありの上、意外と急な道となる。この道の名前は何と呼ばれているのだろうか。最終的には、霞台園地に到着することが出来るので、霞台園地コースとでも命名することにした。正式名があれば教えてほしい。

f:id:willie_boo:20210204220136j:plain

木段道も何か所かある

f:id:willie_boo:20210204220141j:plain

木段道を登り切ると、霞台園地へと続く道と2号路との分岐→→→*①

f:id:willie_boo:20210204220147j:plain

1号路と2号路の分岐

今日は、2号路を歩いてみた

f:id:willie_boo:20210204220151j:plain

フラットであるが道幅が狭い登山道ととなる。それほど心配はないが同行者と話に夢中になって左側に滑落何てことにならないように注意

f:id:willie_boo:20210204220156j:plain

 何ににか前に降った雪が残っていた。

f:id:willie_boo:20210204220204j:plain

 フラットな道が続く

f:id:willie_boo:20210204220213j:plain

少しの間フラットな道を歩いてくると、木段道が出てくる

f:id:willie_boo:20210204220216j:plain

1号路3号路との分岐

ここは、1号路と3号路の分岐。と言うことは先ほどの分岐*①からここまでが2号路でここから先は3号路になるということなのだろうか?

f:id:willie_boo:20210204220221j:plain

 今日は、1号路へ進路を取った。段差のほとんどない木段道を登る

f:id:willie_boo:20210204220513j:plain

浄心

浄心門脇に出る。ここで1号路(表参道)と道を合わせる。

f:id:willie_boo:20210204220604j:plain

f:id:willie_boo:20210204220607j:plain

役行者(えんのぎょうじゃ)が祀られているという神変堂。

f:id:willie_boo:20210204220611j:plain

参道を歩く

f:id:willie_boo:20210204220615j:plain

男坂・女坂分岐

さらに歩いていくと男坂と女坂との分岐

f:id:willie_boo:20210204220618j:plain

男坂の階段は、人間の煩悩と同じく108段

f:id:willie_boo:20210204220623j:plain

 今日はこの辺で

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング