I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

金毘羅台コースを使い、高尾山を往復してみた。(富士道入口から山頂へ) 2021/05/30

 薬王院の本堂に上がる階段を登らずにまっすぐに進む。本堂には寄らないが階段下で本堂に向かい一礼する。

f:id:willie_boo:20210605184728j:plain

福徳弁財天洞方面の小径へ

f:id:willie_boo:20210605184736j:plain

客殿に掛かる渡り廊下をくぐる。背の高い人は腰を曲げないといけないくらい低い

f:id:willie_boo:20210605184747j:plain

左側には、高尾山頂方面の案内板があるので、小径をはじめて歩くハイカーは安心するだろう。この辺りは紅葉の時期に真っ赤に色づいた紅葉を楽しむことができるが個人的には、初夏に輝く青もみじも好き。

f:id:willie_boo:20210605184802j:plain

ここは人がすれ違いをするには、厳しいので臨機応変に歩くしかない

f:id:willie_boo:20210605184819j:plain

突当りを左に進むのだが、右側には

f:id:willie_boo:20210605184832j:plain

福徳弁財天洞があるので、お参りをしてから高尾山頂を目指すのもいいだろう。この洞窟の奥までは進めないが、途中までは行けるので腰を屈めて進むのもいいだろう。

f:id:willie_boo:20210605184846j:plain

穏やかなお顔の弁天様で、宝くじが当たりますようにお願いした。

f:id:willie_boo:20210605184859j:plain

福徳弁財天洞を後にして、道なり(右手)に進む。左手の下り道はいったいどこに続いてるのかは不明なので、一度迷いこんでみようか考えている。

f:id:willie_boo:20210605184915j:plain

あとは道なりに進むのみ。途中分岐が2箇所出て来るのだが、高尾山頂の指導標の通りに歩けば道間違いはない。ここは、3号路との分岐

f:id:willie_boo:20210605184936j:plain

さらに進むと、4差路が出て来る。6号路とは、琵琶滝コースからの道で、5号路(稲荷山コース方面)とは、稲荷山コースから登って来る道で、山頂へと続く階段地獄が味わえるコースである。もう一つの5号路(高尾山頂方面)とは、ゴージャストイレを正面に見ながら進むコースである

f:id:willie_boo:20210605184952j:plain

この日は、稲荷山コース方面に進んだ。

f:id:willie_boo:20210605185006j:plain

木の橋を渡り

f:id:willie_boo:20210605185021j:plain

稲荷山コースからの道と合わさった。この階段がノーサンキューであれば巻道もあるのでエスケープするのもいいだろう。

f:id:willie_boo:20210605185035j:plain

後ろから呼吸も荒く,ハーハーと息づかいが聞こえてきたので、端によって先に行ってもらった。

f:id:willie_boo:20210605185047j:plain

モニュメント。残念ながら展望はなく、来た道を戻ることにした。と言っても登ってきた階段を下ったわけではなく、山頂から少し下ったトイレ脇の道から富士道に入った。

f:id:willie_boo:20210605185058j:plain

来た道をなぞるように、帰ったので写真はアップしない。金毘羅台コース入口に到着した

f:id:willie_boo:20210605185123j:plain

両側に民家の立ち並ぶ小径を歩き、正面に見える甲州街道に出て、左側に進む

f:id:willie_boo:20210605185135j:plain

JR高尾駅に到着

f:id:willie_boo:20210605185149j:plain

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング