I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

最近山グッズで、興味津々なもの。欲しいのだが少々高い!

それは株式会社mont-bellの浄水ボトル。このブログを覗きに来て頂いている方であれば知っているとは思うが、とにかく「夏に弱い男」で、この時期の登山では、汗が額から滴り落ちて全身バケツに入った水を頭から被ったように全身びしょ濡れ状態で毎回山頂にたどり着く。ザックには詳細は書かないが、かなりの水を担ぎ上げている。いろいろと試してみたがこの多汗症はいかんともしがたい。昨年なんぞは、多摩百山の低山でも大大大苦戦の連続で、秋まで山登りは控えたほどだった。そんこともあったので、よほどの用事がない限りは、低山ではあるが今年はとにかく週一で登ると言うミッションを自分に課した。それでもここのところは、情けないかな少しでも涼しいのではないかと沢沿いのコースを歩く軟弱低山徘徊をしている。時々見かける汗ひとつかかないで重ね着をしているハイカーを見かけると羨ましくしくて仕方がない。そして、沢沿いの道を歩いていると沢の水やパイプから流れる水場を見かけるが、果たしてこの水場や沢の上流には、もしかすると動物たちの糞、時には死骸などがある可能性もあり、透明で澄み渡っていてとっても美味しそうに見えてもよほどのことがない限り呑む気にはならない。もちろんバーナーを使って水を沸騰させて滅菌する「煮沸」をすればいいのだろうが手間がかかるうえに、冷たい水にありつけるわけではない。そんなこんなで、ステンレスの水筒に氷をたくさんいれて冷たい水を呑みたいときには、その水筒に飲みものを入れて冷やして吞むようにはしているのだが氷が全て溶けてしまえば、その効果もなくなる。そんな時に水場に出会った時に思わず冷たい水をがぶ飲みしたくなるのだが上記の事を考えると口になかなか入れ難い。そんな時mont-bellショップで、この浄水ボトルを見つけた。昨年から気にはなっていたのだが、店員さんが近くにいないことをいいことにじっくり見た。

f:id:willie_boo:20210830211224j:plain

 

f:id:willie_boo:20210830211249j:plain

悩ましいね~

もうすぐ夏の暑さも終わるだろうから・・・

さらに言えばつねに水場あるコースを歩くわけでもないしね。

悩ましいね~

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング