I want to enjoy the hiking forever

このサイトは、主に奥多摩の山々を歩いた記録で、時々低山での食事なども載せています。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

ナイトハイク 高尾山一号路 高尾山口駅駐車場から高尾山山頂    2021/12/04

だんだんと寒くなってきたので、駐車場も空きがある。この時間から登るハイカーにとってはありがたいことだ。

f:id:willie_boo:20211205171552j:plain

「digest版 」にも書いたが、ヘッデンを忘れたので、車に予備用に常時乗せているヘッデンを探したあと、電池をセットした。念のため電源をONにして点灯してみたら問題なさそうだったのだが、万が一に備えて手持ちの懐中電灯も持って行くことにした。そんなこんなで時間を無駄にしている間に、高尾山口駅まで歩くと薄暗くなっていた。

f:id:willie_boo:20211205171756j:plain

下ってくるハイカーには、すれ違うことが多かったがこれから登るもの好きなハイカーは自分ひとりのようだ。

f:id:willie_boo:20211205172503j:plain

一号路入口に到着。いざ!出発と行きたいところであるが

f:id:willie_boo:20211205172617j:plain

不動院に立ち寄り

f:id:willie_boo:20211205172733j:plain

弘法大師像に無事に帰れるようにお祈りをする

f:id:willie_boo:20211205173056j:plain

ゲートの脇を通るあたりでは、まだヘッデンなしでも歩けそうだったが頭に装着する。現にこの時間に下山するハイカーたちはほとんどヘッデンなしで下山してきた。これから登る私としては、いつ真っ暗くなるかわからないので準備万端にした。

f:id:willie_boo:20211205173117j:plain

この一号路は、4回大きなカーブがある。4回目のカーブを曲がり終えれば、あとは坂を登って行けば、リフト乗り場に着く。この時間帯で周りの景色を見ながら歩くことは出来ないので、カーブの回数を数えながら歩いた。

f:id:willie_boo:20211205173510j:plain

ここが一回目のカーブになる。一号路入口から最初のカーブまでが、このコースの中で一番急な坂だと思う。

f:id:willie_boo:20211205173905j:plain

ここが、二番目のカーブ。右側に進むと金毘羅台園地に向かう道になる

f:id:willie_boo:20211205174041j:plain

そして、ここは3回目のカーブ

f:id:willie_boo:20211205174451j:plain

最後の4回目のカーブ。右側からは、金毘羅神社からの道と合わせる

f:id:willie_boo:20211205174526j:plain

4回目のカーブからの道も、少々きつく感じる。ここは淡々と歩いて行くと右側に城見台が現れる。恐らくだが、ここから八王子城が見えるのだろう

f:id:willie_boo:20211205174835j:plain

城見台から、さらに登りがほんの少し急に感じられた

f:id:willie_boo:20211205174945j:plain

距離表示のない指導標

f:id:willie_boo:20211205174955j:plain

道の傾斜が緩やかになるあたりで、

f:id:willie_boo:20211205175036j:plain

左側にはリフト乗り場へと下る道が現れる。リフト登り場から少し歩くと右側には高尾山頂まで、2.0キロメートルの指導標が現れた。何せ真っ暗なのでこのような指導標があるとありがたい

f:id:willie_boo:20211205175220j:plain

霞台園地に向かう道はこの辺りまで来ると平坦に変わる

f:id:willie_boo:20211205175339j:plain

右側には展望塔が見えてきた

f:id:willie_boo:20211205175454j:plain

霞台園地から見た、八王子方面の夜景

f:id:willie_boo:20211205175544j:plain

霞台園地を過ぎたあたりから街灯が設置されているので節約のためにヘッデンのスイッチをOFFにした

f:id:willie_boo:20211205175557j:plain

十一丁目茶屋さんは、シャッターが下ろされていた

f:id:willie_boo:20211205180340j:plain

サル園・その先のタコ杉をやり過ごすと、正面に浄心

f:id:willie_boo:20211205180506j:plain

参道になるので、街灯が設置され歩きやすい

f:id:willie_boo:20211205180732j:plain

ここは男坂と女坂の分岐。男坂のあの急な階段登りは、私には無理なので女坂方面へ歩を進めた。

f:id:willie_boo:20211205180854j:plain

男坂と女坂の合流地点には、権現茶屋さんがある。ここのお茶屋さんはまだ店内には明かりがついていた。片付けをされていたのだろう。妙にみたらし団子の文字が気になった。

f:id:willie_boo:20211205180947j:plain

薬王院に杉苗奉納した方々の名前が書かれた芳名板が並んだ道を進む。高尾山マガジンによると、参道に掲示されるのは1万円以上奉納した場合になるようです。毎年12月10日までに奉納すると、翌年掲示されるとも書かれていました。

f:id:willie_boo:20211205181129j:plain

山門は神社で言えば鳥居 にあたるので、仏さまを敬う気持ちで一礼をする。

f:id:willie_boo:20211205181558j:plain

不動堂方面からではなく、富士道を使い高尾山へと向かう。この道を、左手に進むと富士道になる

f:id:willie_boo:20211205181940j:plain

お寺の、渡り廊下をぐぐり、ここを左手に歩いて行くと

f:id:willie_boo:20211205182128j:plain

漆黒の闇に包まれた。慌ててヘッデンの電源をタッチするも電球が点灯しない。少し戻って明かりのあるあたりで、電池をズボンにこすりつけて再度点灯しようとするもダメだった。仕方がないので、ここからは予備用に持ってきた懐中電灯で歩くことにした。ただ、明かりはもうこれしか残っていないので明るさを半分にして歩くことにした。おかげで、明かりがぼんやりと足元しか照らすだけで、歩く速度がかなり落ちた。昔の人は、提灯ひとつでこのような漆黒の闇の中を、山道を歩いていたのかと思うと闇夜でも歩ける目を持っていたのではないかと思ってしまう。試しに明かり消すとあたりはこのような状態。時折、ガサッと音がすると、慌てふためきびくっとする。

f:id:willie_boo:20211205183105j:plain

どうにか、山頂へと続く最後のカーブに到着した

f:id:willie_boo:20211205183503j:plain

登り切れば、トイレ

f:id:willie_boo:20211205183530j:plain

左に進むと高尾山山頂に到着

f:id:willie_boo:20211205183607j:plain

誰もいない山頂は初めてだった

f:id:willie_boo:20211205183632j:plain

さぁ~帰ろう

 

f:id:willie_boo:20200424145023p:plain
Boo

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。気が向きましたらポチッ!とお願いします

    ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山ランキング